【広告】

ギターの運指が追いつかない人は左手の親指をネックにぎゅっと押さえつけているはず

先日ある生徒さんが来られて、前から練習している曲のリフがどうしても弾けないです、と相談されました。

で、弾いてもらうとすぐに原因が分かりました。

左手の親指が1カ所に固まって全く動いていません。

そこで、運指を腕全体で動くように改善し、押弦もソフトにしてもらうと急に左手が動くようになり、テンポを上げてもついていけるようになりました。

 

…とまあ、これは当教室ではいつもの光景なんですが。

ギターのネックは、構えた状態で左右に細長く伸びています。

ですから、左右にどれだけ素早く動けるかが運指の要となるのです。

しかし、親指を一点にギュっと押しつけていると、左右の動きは阻害されます。

その結果ピッキングはできているのに運指が追いつかないという現象がおこります。

 

左手の親指でネックをギュっとする癖を直すだけで、運指は見違えるほど軽くなります。

もちろん、それ以外の部分が問題となっている方もいますが、レッスンをやってきた経験から言うと、左手に問題がある方はだいたい親指が原因です。

運指で悩んでいる方は、親指をじっくりと観察しながら練習してみてください。

そして、ギュっとしている瞬間が分かったらそれを解放してみましょう。

きっと変化が現れるはずです。

 

文章では詳しくご説明できないので、興味のある方は教室にお越しください。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 
ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

 

 

【広告】.

 

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】