音作りという愚行 ギターのサウンドはあらゆる条件で変化する

電子書籍版の教則本(下記参照)にも書いてますが、 音作りほど虚しい行為はありません。

というのは、サウンドは、

 アンサンブル

 場所

 気温・湿度

でびっくりするほど変化するからです。

 

また、レコーディングならミックス・マスタリングでまったく異質な音に変化します。

それらを考慮せずに一人で自宅でする音作りは、はっきりいって時間の無駄です。

もちろん「無駄だった」と知ることで成長できるのですが、それは早い方がいいでしょう。

音作りが有益となるのは、本番や完パケをリアルに想像できる経験値ができてからです。

「このアンサンブルで、あそこの店ならこれぐらいのサウンドにしておけばたぶんハマるだろう」と予測できるようになってきたら、音作りも意義あるものになってくるはずです。

 

ではその経験値がない者は?

「予測」のしかたを勉強すればいいのです。

一番簡単なのは、アンサンブルに混ざったとき自分の楽器がどういう音になるか。

ギターならローはベースと干渉するので、できるだけカットしておく。

ハイもシンバルとかぶりそうな帯域はカットしておく。

そうすると抜けがよくなってくるのが分かるはずです。

で、その音を改めて一人で出してみるとペラペラした感じがしますが、そこはぐっと我慢しましょう。

自己満足よりもアンサンブルの中でいい音を出すことに集中するべきです。

 

その他、湿度の高い場所では音はどうなるのか、大きいホールでは?ギターが二本の場合は?などなど、もし身近にエンジニアさんがいれば質問してみましょう。

そうして、「自宅でいい音」ではなく、「現場で(本番で)いい音」を予測して音作りをする習慣をつけておくと、いい音が出せるようになってくるはずです。

ギターサウンドの基礎知識

ギターサウンドの基礎知識

 

【広告】.

 

 合わせて読みたい
k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】