ピッキングは「弾く」だけではない ダイナミクスを下げるためのピッキング

ギターのピッキングは「弾く」だけではありません。

そもそも、「弾く」(ピックが弦に触り、通り越えて、離れる)という行為は、ダイナミクスとしてはかなり高い部類に入ってしまいます。

ですからなかなか小さい音が出せません。

で、小さい音を出すにはどうしたらいいかというと、ピックで弦を触るのです。

これには2種類あります。

触ってまた戻る場合と、触ってそのまま上に逃げる場合。

 

触って離れる

そのままです。例えば、2弦を触るとした場合。

「弾く」(ダウン)なら、ピックはまず2弦の上(3弦側)にあるはずです。

そこから2弦に触れ、そして2弦を通り越して1弦に向かいます。

「触って離れる」場合、2弦を通り越しません。

2弦に触ってすぐにまた最初の位置(3弦側)に戻ります。

僕の知っている限り、これが一番小さな音が出ます。

 

触って上に逃げる

この場合は、2弦にピックが触れた瞬間、ピックを上(ボディと垂直)に逃がします。ですからこちらも2弦は通り越しません。

触って離れる場合と少しニュアンスが違うはずです。

こちらは離れる場合よりも少しだけ音が大きくなります。

が、普通のピッキングに比べたらかなり音は小さくなっているはずです。

 

こうしたピッキングがコントロールできるようになってくると、ダイナミクスの幅が格段に広がります。

ぜひ試してみてください。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 
ギタリスト身体論外伝 速弾き・スウィープの身体操作

ギタリスト身体論外伝 速弾き・スウィープの身体操作

 

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】