【広告】

アドリブ初心者はシロタマを禁止せよ

僕の教室でよく言うことです。

 

アドリブの初心者にありがちなのが、とりあえずアンパイである音をシロタマでポーンンと伸ばしておいて、その隙に次の展開を考えるという手法。

これをすると、そのシロタマが死んじゃうので、アドリブの流れそのものがぐずぐずになります。

もちろん『あ、この人適当に音を伸ばしてその間に考えてるな』というのも丸わかりです。

アドリブとは、言い換えると、音の管理です。

音符や休符をどう使うかを全て綿密に管理する作業です。

ですから、伸ばしている隙に次の展開を…ではなく、その伸ばしている音をしっかりと管理することが先決なのです。

 

しかし、シロタマをむやみに使うと、どうしても次のことを考えてしまいますので、初心者のうちは思い切ってシロタマ禁止にしてみましょう。

例えば、二分音符より長い音は使わない、と決めます。

すると、体感的に少し忙しくなった感じがしますが、それでいいのです。

そもそも、余裕をもってアドリブするなんて、セッションに通い詰めて10年はかかりますよ。 

ギタリストのためのアドリブの入り口 ゼロから始めて誰でも学べる画期的アドリブメソッド

ギタリストのためのアドリブの入り口 ゼロから始めて誰でも学べる画期的アドリブメソッド

 

 

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】