【広告】

練習の段階ではギターはちゃんと弾けなくていい

ギターの特性として、

 

 ・弦を強く押さえるとシャープする

 ・強くピッキングするとサウンドが偏る

 

があります。

もちん、強く弾こうとすることで力みが生まれ、タイムが遅れたり、指が詰まったりします。

ということで、ソフトに押さえソフトに弾かなくてはならないのですが、これを疎外するのが「ちゃんと弾こうとする」ことです。

 

例えばカッティングを練習するとしましょう。

左手はコードをちゃんと押さえ全ての音が出るように、右手は空振りしないようにピックを深めに弦に当てて、ちゃんとフレーズが弾けるように工夫しますよね?

すると当然の結果として、強く押さえ過ぎ、強く弾きすぎになります。

そのまま練習を進めていくと力みがクセとなってしまいます。

これを回避するために、「ちゃんと弾く」という概念を一旦外します。

 

左手はゆるゆるで、音が出るか出ないかぐらいの状態にしておく、右手はピックが弦に当たるか当たらないかのぎりぎりのところで弾く。

当然、音はぐちゃぐちゃで右手は頻繁に空振りします。

ですが、これでいいんです。

ここからスタートして、左手はあとどれくらい力を入れれば音が出るか、右手はあとどれくらい弦に近づければピッキングできるかを慎重に測っていきます。

で、最終的に音が綺麗に出ればOK。

音が毎回綺麗に出ず、ときどき空振りしたり左手の押弦不足になっているぐらいがベストです。

なぜかというと、常に音が出る・出ないのぎりぎりのラインを保てているので。

 

そこで『じゃあ、本番は?』となりますが、本番になるとどうしたって緊張して力が入ってしまうので、音が出ないということはまずないでしょう。

ですから、練習ではゆるゆるでちゃんと音が出ていないぐらいがちょうどいいんです。

練習でしっかりと音が出ていると、本番でもっと緊張して弾けなくなってしまいます。

これがよくある、練習ではできたのに本番ではできなかった…という状態です。

 

ということで、練習ではちゃんと弾けなくていいので、ゆるゆるのだるんだるんで弾きましょう。

それを繰り返していると、また新たな発見があるはずです。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】