指を動かさなくても指は動く

禅の公案のようなタイトルですがそういった話ではありません。

 

ギタリストならずミュージシャンのほとんどは、指を動かすから指が動く、指を動かさなければ指は動かないと思っています。

しかし、指を動かさなくても指は動きます。

例えば、手を開いたまま、指を一切動かさず手首を動かします。

すると指の位置が変わりますよね?

これが指を動かさずに指を動かしている状態です。

手首を捻る、前腕を回転させる、肩を動かす、これらの動作につられて指の位置や方向性が変わります。

しかも、指や手がリラックスしたまま位置を移動したりできるので、脱力につながります。

 

マニアックな話をすると、黒田鉄山先生の「最大最小理論」(確かあってると思う)あたりからヒントを得た腕の使い方です。

黒田鉄山 - Wikipedia

もっとざっくり言うと、「小手先で演奏するな」ということです。

 

ミュージシャンの皆さんは、指だけにとらわれず、前腕、上腕、肩、手首、肘に目を向けてみてください。

きっと色々発見があるはずです。

そんなことをもっと知りたければこちらをどうぞ。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 

【広告】.

 

 合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】