手が小さいからとギターを弾くのを躊躇している方、向いてないと悩んでいる方へ

いまだに、「自分は手が小さいからギターに向いていないのでは…」というお悩みを聞きます。

その都度手の大きい小さいは全く関係ないと力説してきました。

そもそも手が小さいと不利だとか向いてないとかって、誰が言い出したんですかねえ…。

たぶんあの人だと思いますが、明言は避けておきましょうw

まず、手が大きいとギターに向いているとか有利だというのが間違い。

僕はかなり手が大きい(指が長い)方ですが、それ故に押さえ辛いコードがあったり、弾き辛いフレーズが存在します。

また生徒さんを見ていると、手が大きい人の方がフォームが固まる傾向にあります。

ですから、大きい=有利という説は完全に間違いです。

 

一方、手の小ささは体を合理的に使うことでいくらでも克服できます。

力が弱いというのも同様、というかそもそもギターに力なんぞ要りません。

茶碗を持つ力があればギターの弦は押さえられます(アコギはもう少しだけ力がいるかも)。

 

要は、手が大きい人は大きいなりに、小さい人は小さいなりに弾けばいい、というだけです。

個人的にはもう言い厭きたことなのですが、世間的にまだまだ浸透していない(それを教えられる講師が少ない)ようなので、再度ブログに書いてみました。

手が小さくてギターに向いてないと思い込んでいた方は、この機会にぜひギターを始めてみては?

【広告】.

 

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】