無料で毎日できるギタリストのための最高のイヤトレは、耳でチューニングすること

自宅で無料で誰でも毎日できるギタリストのための最高のイヤトレとは…

 

耳でチューニングをする!

 

それだけです。

「当たり前じゃん」と言う人は合格です。

<耳でチューニング>の定義は、ガイドとなる音をひとつ出し、それを頼りにあとは全部自分でチューニングできること。

 

レッスンをしているとよく分かるのですが、ほとんどの人は耳でチューニングできません。

プロでもできない人が多いです。

個人的には非常に恥ずかしいことだと思うのですが、どうやら世間的にはそうではないようです。

が、耳でチューニングできないということは、私は耳悪いですとおでこに書いて演奏しているのと同じです。

 

「でも、チューナーを使った方が早いじゃん?」

いえ、遅いです。

チューナーを使ったチューニングの場合、<ケーブルをチューナーに差し、スイッチを入れて、チューニングを合わせ、スイッチを切って、ケーブルからチューナーを外し、しまう>という手順になります。

クリップ式のものでもやはり少し時間はかかるはずです。

一方、耳の場合<メトロノームなどで基準となる音を確認する、その音を切る、全部の弦をチューニングする>これで終わりです。

 

問題は、耳で全部の音をチューニングする行程。

ここに慣れれば耳の方が断然早いです。

「は…早さはともかく、機械の方が正確だよね?」

いいえ、時として機械の方が不正確だったりします。

最近流行のクリップ式チューナーってかなり精度が悪いみたいで、機械が示す通りに合わせても実際の音は全然合っていなかったりします。

また、使う方も「機械が間違うはずがない」と過信しているので、チューニングの微妙なズレに気づきません。

一方、人の音感は鍛えれば鍛えるほど向上し、一度培った音感は衰えることはありません。

 

そういった音感を鍛えるために多くの方は教室や専門学校に通ったりしていますが、そんなことをする必要はありません。

耳で合わせるチューニングを毎日やっているだけで、十分なイヤートレーニングになります。

また、自分の楽器の音にも敏感になってきます。

 

それでも、めんどくさいからチューナーを使い続けますか?それとも耳を鍛えて本物のミュージシャンを目指しますか?

【広告】.

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】