【広告】

ギター教室を10年やって改めて思う、結局上手くなる人は

ギター教室を始めて2014年で丸10年ぐらいです。

 

いろんな人がいました。

まあそれはいいとして、結局上手くなっていく人はどういうタイプかというと、休まずレッスンに来る人です。

やる気とか努力とか練習量とかセンスとかは全く関係ないと、講師の立場から改めて断言できます。

月並みですが、継続は力なりってことですかね。

レッスンの頻度は、やはり多い方が上達が早いように見受けられますが、月2とかでもちゃんと通っていれば順調に上達していきます。

 

上達しない例はいくらでもありますが、典型的なのは上達をあせっている人。

それと、「プロになりたい」と言う人。

この辺は必ず失速します。

ですから最近はそういう人たちが来ると、あせりを抑えてもらうためにわざとゆるく教えたりしています。

「プロになりたい」という人にはプロの実体を教えないようにしています。

その方が上達するので。

 

というわけで、現在ギター教室で習っている方は、肩の力を抜いて、気長に通ってください。

何回かに1回はおしゃべりで終わるぐらいがちょうどいいのです。

10年やって分かった、講師側の意見として。

現役ギター講師が教える、ギターが上達する人、しない人

現役ギター講師が教える、ギターが上達する人、しない人

 

【広告】.

 

 

 合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】