八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

はじめてのジャズ 39 プレイヤー視点での「サジェスチョン」

前回、ジャズ特有の「サジェスチョン」について書きました。 k-yahata.hatenablog.com リスナーとしてはただ楽しんだり感心すればそれでいいんですが、プレイヤー視点で捉えると、きちんとサジェストできるかどうかはジャズミュージシャンになれるかどうかの…

はじめてのジャズ 38 ジャズを勉強してみよう⑦ サジェスチョンを聴きとろう

ジャズの世界でしばしば「サジェスチョン」という言葉が使われます。 suggestion 提案、提言 ここでは「提案」で統一しましょう。 以下、提案する=サジェストする、と表現します。 さて、ではジャズの演奏の中で誰が何をサジェストし、そこにどういう効果が…

これからジャズをやっていきたい人が気を付けるべきこと

質問箱にジャズに関しての質問がよく来ます。 中でもこれからジャズをやっていきたいという人が多いような気がしたので、一度僕なりにこれからジャズをやっていきたい人が気を付けるべきことをまとめてみます。 ジャズに新しさはもういらない ジャズという音…

質問への回答6 ジャズにおける「ブルース」とは

<回答> ジャズの世界で「ブルースをやる」とは、いわゆる3コードのブルース、ジャンルとしてのブルースをやるのではなく、ジャズ形式のブルースをやるということです。 ですからコード進行や演奏の形式は完全にジャズです。 以下、キーCでジャズにおける…

アイドル嫌いにこそ聴いてほしい欅坂46「真っ白なものは汚したくなる」

アイドルファンにはもう古い情報かもしれませんが、欅坂46の1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」が名盤すぎるので遅ればせながらご紹介します。 真っ白なものは汚したくなる(通常盤) アーティスト: 欅坂46 出版社/メーカー: SMR 発売日: 2017/07/19…

シュレッド曲(速弾き曲)を練習している人はTABで覚えた後も一応耳コピした方がいい

ロックのピッキング研究の集大成としてずっとイングヴェイのFar Beyond The Sunを練習しているんですが、ある箇所でつまずいてしまいました。 ソロに入ってからキーボードとトレードしだして2回目のキーボードソロの後の部分です。 たぶんこの曲で一番か二…

ミュージシャンなら知っておくべき黒人の呼称

ミュージシャン、特にブラックミュージックが好きな人なら必ず知っておくべき黒人の呼称についてお話します。 音楽だけ聴いてノリで使ってしまいそうな言葉もあるのでぜひ覚えておいてください。 Black(ブラック、黒人) わりとこれが差別用語だと思ってい…

ギターのテクニック「スライド」をなんとなしに使うと非常にもったいない

ギターのテクニックで「スライド」というものがあります。 知らない人はほとんどいないでしょう。 実はこれもけっこうなんとなくで使っている人が多いようです。 レッスンの生徒さんで歴10年20年の人でも「入れときゃいい」みたいな感覚でスライドを使う…

チョーキングと表現 チョーキングは弦を上げて音程を変えるだけではない

チョーキングについて研究しているギタリストは多いと思います。 しかしその研究は、どちらかというとピッチを正確にするにはどうすればいいかとか、腕に負担をかけないためにはどうすればいいかといったことに終始しているように思えます。 確かにそれらも…

ギターの基本テクニック、ハンマリング・オン、プリング・オフについて

ギターを教えていると、基本テクニックであるハンマリング・オン、プリング・オフが適切に扱えない人が多いことに気づきます。 これらがどういったテクニックか知らない(できない)人はほとんどいないでしょう。 しかし、そこそこ弾ける人でもこれらを適切…

ヴィンストにYJM FURYを載せてみた

Fender USA American Vintage '57にYJM Furyを載せてみました。 SeymourDuncan PU セイモアダンカン ピックアップ STK-S10n YJM FURY OW【国内正規品】 出版社/メーカー: SeymourDuncan メディア: エレクトロニクス この商品を含むブログを見る さて、サウン…

27クラブ(27:Gone Too Soon) オススメ音楽ドキュメンタリー25

www.youtube.com 音楽界の伝説「27歳クラブ」を分かりやすく解説したドキュメンタリー。 音楽界の識者による冷静な分析と「伝説的なミュージシャンは皆27歳で死ぬ」というセンセーショナルな都市伝説のミスマッチが絶妙。 音楽好きは既に知っていること…

SNSをやめて20日経ったので今の心境や生活の変化を書いてみる

Facebookを退会し、Twitterにツイートしなくなって約20日 ほどが経過しました。 懐かしのmixi時代から数えると実に10年ぶりぐらいにSNSのない生活に戻ったことになります。 そこで、今の心境や生活の変化などを書いてみます。 はっきりいって、毎日めっ…

ストラトのネックジョイントプレートをKTS(チタン製)に換えてみたら

教室の生徒さんからストラトのネックジョイントプレートをお借りして換えてみました。 材質はチタン、メーカーはKTSです。 KTS チタンパーツ Ti-Neck Plate Titanium Neck Joint Plate 出版社/メーカー: KTS メディア: エレクトロニクス この商品を含むブロ…

3年ぶり新刊「等価交換の法則」Kindleにて発売中!

3年ぶりの新刊「等価交換の法則」がAmazonにて電子書籍で発売中です! 等価交換の法則 作者: 八幡謙介 発売日: 2018/04/30 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 内容は以前書いた等価交換についての記事をより深く考察したものとなっています。 …

エレキギターとアポヤンド奏法

アポヤンド奏法というものをご存じでしょうか? クラシックギターの奏法で、ある弦を弾いたら指を次の弦で止める奏法です。 例えば1弦を弾いたらその直後指が2弦にくっついて止まっているという状態。 実はこれはエレキギターでも使えます。 ただし、クラ…

Van Zandt(ヴァンザント)のストラトを弾いたらすごくよかった

今日生徒さん所有のVan Zandt(ヴァンザント)のストラトを弾かせてもらったらかなり好みで終わってから胸がざわざわしてきています。 たぶんこれ。 www.digimart.net PUはVan Zandtの別のやつに交換したみたいです。 僕はギターもアンプも音が暴れるのが好…

アルバート・キングを改めて聴いたらSRVが嫌いになってクラプトンが前より好きになった

久々にアルバート・キングを聴いています。 この人はトーンも、フレーズも、楽曲も歌も全部好きです。 それはまあいいとして、改めて聴くとSRVが脳裏にちらついてなんか気になります。 ていうか、SRVおもいっきりパクってるやん…… Answer To The Laundromat …

SNSやめたらTVって実は凄いんじゃね?と改めて思った。

4月にフェイスブックを退会し、ツイッターもブログと質問箱のシェア以外はツイートをやめました。 理由はまあ色々とあるのでお察しいただきたいのですが、その中のひとつは、あらゆる情報があらゆる感情をまとって無差別的に流れて来ることのストレスです。…

ギターアンプを選ぶときは本来の機能で判断するべき

Roland のBlues Cubeを使っていて分かってきたことは、結局BOOSTやTONEなどのエクストラスイッチ(スイッチを押すとトーンが変化したりブーストかかったりする)を使わずに素のままが一番いい音がするということです。 たぶんミュージシャン受けがいいのもそ…

ジャズベーシストから受けた仕打ちを思い出したので書いてみる

ジャズネタをもっと読みたいといったご意見を時々いただくので、あれこれ考えていたらふとジャズベーシストにされた仕打ちを思い出したので、成仏させる目的で書いておきます。 その前に言っておきますが、僕はジャズベーシストに何の恨みもないし、むしろウ…

YAMAHA NS-10M(テンモニ)を1ヶ月使ってみて

3月に名機YAMAHA NS-10M(テンモニ)を購入し、1ヶ月以上使ってみた感想です。 ちなみに仕様状況は自宅防音マンション(爆音出せます)、主にPC上の音源をプリメインアンプDENON PMA390Ⅲ経由でテンモニへ。 最初は不安定だった音もだんだんこなれてきたの…

テーマを記号化して弾くようになったら終わりの始まり

ある程度アドリブが出来るようになってくると、必ずテーマを記号化して弾くようになります。 テーマを記号化して弾くとは、テーマからなんのイメージも浮かんでこない、ただ弾いているだけ、テーマがソロにいくための段取りになっているような演奏です。 そ…

アイドル鑑賞の楽しさはベタや王道を堂々と「好き」と言えること

僕は(たぶん)自他共に認めるアイドル好きです。 いわゆる在宅ヲタで今までライブや握手会、その他イベントに一度も行ったことがないし、AKBの総選挙に投票したこともないし、CDやグッズも基本買いません。 まあそれはいいとして、 アイドル鑑賞の楽しさは…

ラリー・カールトンはあんまり好きじゃなかったけどアルバム「Larry Carlton(夜の彷徨)」を聴いたらなるほどなと思った

前にも言いましたが、僕はラリー・カールトンはあんまり好きじゃありません。 今まで聴いてきたのも以前ご紹介したラリー&リーぐらいです。 ラリー&リー アーティスト: リー・リトナー&ラリー・カールトン,リー・リトナー,ラリー・カールトン 出版社/メーカ…

コンプが演奏の質感を殺しているいい例を見つけた

ここ最近EAGLESにハマっています。 お気に入りはHotel California、Take It Easy、Life In The Fast Laneなどなど。 歌詞もすごくいいです。 まあそれはそれとして、最初にベスト盤を聴いて「かっこいい!」と思い、その後オリジナル盤を聞いているのですが…

Roland Blues Cube(BC-STAGE)追記 ToneとBoostについて

ローランドのBlues Cube(ブルースキューブ)について追記です。 本機にはクリーンとクランチの2チャンネルがあり、それぞれに「Tone」「Boost」というスイッチがあります。 僕はなんとなく両方ともONにしていました。 その方が明るくハリのあるサウンドに…

50代以上のミュージシャン、音楽好きが持つ特徴

以前から思っていたことですが、50代以上の日本人音楽愛好家(プロ、アマ問わず)は、音楽に対してある特徴的な嗜好を持っています。 それは、再現への異常ともいえる欲求です。 よくあるのはジミヘンやスティーヴィー・レイヴォーンのサウンドを再現した…

フュージョン嫌いの僕でも聴けるフュージョンアルバム3選

何度も書いてますが、僕はフュージョンというジャンルが嫌いです。 k-yahata.hatenablog.com しかしそんな僕でも気がつけばもう20年以上聴いているフュージョン作品があるので、今日はそれらをご紹介します。 Jeff Beck 「Blow By Blow」 ブロウ・バイ・ブ…

誰かを見返してもそこには何もないので、努力のモチベイションは自分の中に設定するべき

バカにされたりからかわれたりして、「いつか見返してやる!」と一生懸命努力し、結果自分が成長できたという話はよくあります。 こういった話はだいたい見返すことに成功したところでゴールとなるので(それが一番ドラマティックでハッピーだから) その後…