【広告】

はじめてのジャズ 31 ジャズを”勉強”してみよう ④特定の楽器に注意して聴く

ジャズという音楽は、もちろんただなんとなく聴いて楽しむこともできますが、ひとつの楽器が何をやっているのかをじっくり注意して聴いていくという楽しみ方もあります。 そうすることで各楽器の役割やプレイヤーの個性が見えてきます。 これはジャズミュー…

はじめてのジャズ 30 ジャズを”勉強”してみよう ③ヴォーカルジャズを聴こう

一般的に、ジャズはインスト(楽器のみの演奏)というイメージが強いかもしれませんが、ジャズの本質は歌にあります。 ジャズをはじめて間もない人はどこか歌を軽視する傾向がありますが、経験と共にいつか必ず歌の重要性を理解するようになります。 おそら…

ELIXIRのギター弦を張ってみた

以前から気になっていたエリクサーの弦(Nanoweb Superlight)を購入してみました。 Elixir エリクサー エレキギター弦 NANOWEB with ANTI-RUST 【並行輸入品】 (12027 (CustomLight .009-.046)) 出版社/メーカー: Elixir メディア: この商品を含むブログを…

はじめてのジャズ 29 ジャズを”勉強”してみよう ②アーティストから

ジャズのアーティストは、他と違い様々なタイプの演奏活動を行います。 ざっくり言えば、リーダーとサブ(サポート、サイドマン、などなど)の二種類があります。 また、あるアーティストのアルバムに1曲だけ参加しているケースもあります。 リーダーであれ…

はじめてのジャズ 28 ジャズを”勉強”してみよう ①楽曲から

ジャズはいろんな意味でロックやポップスなどとはシステムが違います。 だからとっつきにくいし、勉強しないと分からないことが多いというのが事実です。 また、今流行っている音楽ではないので放っておいても情報は入ってきません(特に亡くなったミュージ…

はじめてのジャズ 27 ジャズに見る<逸脱> ⑥ジャンルの<逸脱>

ロックには”ミクスチャー”というジャンルがあります。 今でもそう呼ぶのかどうかは分かりませんが、90年代から台頭しはじめたロックと他のジャンルを積極的に混ぜるジャンルです。 Rage Against The MachineやLimp Bizkitあたりがその走りで、日本だとDrag…

はじめてのジャズ 26 ジャズに見る<逸脱> ⑤アレンジの<逸脱>

ジャズの楽曲において最も分かりやすい<逸脱>はアレンジではないでしょうか? それぐらい、ジャズミュージシャンは原曲から<逸脱>したアレンジを好みます。 そうした傾向は1950年代にはもう見えていました。 また、「え? この曲をジャズでやるの?…

はじめてのジャズ 25 ジャズに見る<逸脱> ④テーマの<逸脱>

ジャズにおける<逸脱>は、テーマにも顕著に表れています。 テーマについてはこちらを参照してください。 ざっくり言うと、楽曲の”歌”の部分です。 k-yahata.hatenablog.com ジャズにおいて、テーマを楽譜通りに演奏し歌うことは絶対にありません。 絶対、…

はじめてのジャズ 24 ジャズに見る<逸脱> ③伴奏

ジャズ以外の音楽でも、ソロはアドリブで毎回違ったことをやる人はいます。 また、そういった演奏に対して理解のある人も多いでしょう。 しかし、伴奏は毎回必ず同じことをやるケースがほとんどです。 ロックミュージシャンに伴奏を毎回自由にやっていいよと…

はじめてのジャズ23 ジャズに見る<逸脱> ②ずれるタイム

では今度は”タイム”について考えてみましょう。 ”タイム”とは楽曲のテンポのことです。 各楽器がそのテンポに合わせて演奏しないとむちゃくちゃになってしまうので、タイムに正確であることは音楽を演奏する必須条件ともいえます。 ただ、正確であればあるほ…

はじめてのジャズ 22 ジャズに見る<逸脱> ①アウト

ではここから、ジャズの楽曲においてどのような<逸脱>が行われているのかを具体的に解説していきましょう。 まずはジャズをジャズたらしめている要素である”アウト”についてです。 ”アウト”とは、わざと音程を外して緊張感や浮遊感を出すジャズ独特のテク…

はじめてのジャズ 21 ジャズの精神 ⑥ジャズミュージシャンこそ”ゲスの極み”

ジャズをまだよく知らない人は「ジャズミュージシャン」にどんなイメージを抱いていますか? お洒落、知的、エレガント、大人…… おそらく、いいイメージの方が多いでしょう。 しかし、実際は真逆です。 ジャズミュージシャンこそ”ゲスの極み”ですし、ミュー…

はじめてのジャズ 20 ジャズの精神 ⑤ジャズにおける譲り合いとは?

ジャズにおいて自己主張は非常に大切な要素です。 そもそも、主張したいことがあるからアドリブをするわけで、それがなければジャズをやる意味はありません。 さらにその自己主張は<逸脱>することをよしとするものであると本シリーズでは述べてきました。 …

はじめてのジャズ 19 ジャズの精神 ④ジャズとルール

<逸脱>がジャズの精神であるという僕の持論には、ジャズミュージシャン含め多くの方が納得してくださっているように思えます。 一方で、「ジャズにもルールがある、そのルールを破って<逸脱>するのはめちゃくちゃなだけ」と言う人もいます。 ちょっと難…

はじめてのジャズ 18 ジャズの精神 ③ジャズは<逸脱>を楽しむ音楽

ジャズをむやみに奴隷制度と結びつけずに、黒人精神としての<逸脱>という文脈で捉えると、我々日本人にも理解しやすくなります。 逆にこの<逸脱>という精神を忘れ、日本人の常識や価値基準を当てはめてしまうと、ジャズはいつまでもよくわからない音楽に…

はじめてのジャズ 17 ジャズの精神 ②ジャズと奴隷制度を結びつけるとむしろ混乱する

日本人がジャズについて解説するとき、必ずといっていいほど彼らの先祖が奴隷であったことに触れ、その悲しみや憤りが魂の叫びとなって噴出したのがジャズであると安易に結びつけられています。 確かに、アフロアメリカンの先祖は奴隷としてアフリカから連れ…

はじめてのジャズ 16 ジャズの精神 ①黒人精神としての<逸脱>

以前こちらの記事でジャズの精神とは<逸脱>であると述べたところ、様々な反響がありました。 k-yahata.hatenablog.com 上記記事ではさらりと触れただけでしたが、本シリーズでは改めてジャズの精神について深く掘り下げていきたいと思います。 実は<逸脱…

はじめてのジャズ 15 swing(スイング)について ⑤抑制されたスイングを体感しよう

スイングは深いものや大きいもの、前回比較したちょっとシャッフルっぽいものや流麗なものなどいろいろあります。 その中には、抑制されたスイングというのもあります。 これはちょっと注意しないと聞き逃してしまい、イーブン(全く跳ねない)と勘違いして…

はじめてのジャズ 14 swing(スイング)について ④アーティストによるスイングの違いを感じよう

スイングはアフロアメリカンが持つ独特のリズム感覚ですが、それはつきつめれば一人一人違っています。 今回は特徴的なスイング感を持つアーティストを紹介し、スイングの違いを解説します。 動画をご自分で検索するか音源を購入するかして聴いてみてくださ…

はじめてのジャズ 13 swing(スイング)について ③スイングは日本人にとって歪(いびつ)なリズム

スイングというリズムやその感覚は、言うまでもなくアフロアメリカンのものです。 そこにはアフロアメリカンの音楽感はもちろん、美意識や哲学、精神までも内包されています。 それについてはおいおい説明していくとして、ここでひとつ知っておいてもらいた…

はじめてのジャズ 12 swing(スイング)について ②スイングはパターンではなく感覚

ジャズをはじめたとき、スイングとはドラムが演奏する「チーンチキ・チーンチキ」というシンバルのパターンのことだと教わりました。 確かに、これはジャズ特有のパターンでロックでもポップスでもボサノバでも使われません(ジャズテイストを加えるためにあ…

はじめてのジャズ 11 swing(スイング)について ①日本人にスイングは難しい

アドリブと同様、ジャズをジャズたらしめている要素がもう一つあります。 それが”スイング”(swing)です。 スイングとは単純に言うとリズムの一形態のことで、よく「ウキウキするようなリズム」とか、「跳ねる感じ」などと言われます。 また、ジャズは難し…

はじめてのジャズ 10 ジャズの仕組み ⑦アドリブってソロだけなの?

ジャズではそれぞれがソロを取るとき即興(アドリブ)で行っていることはよく知られています。 ではソロ以外のセクションではどうなのか? また、誰かがソロを演奏しているとき伴奏者は何をしているのかというと、ちょっと聴いただけではわかりません。 そこ…

はじめてのジャズ 9 ジャズの仕組み ⑥ジャズでよく使われる楽器は?

ジャズでよく使われる楽器は? 知ってるようで意外とちゃんとは知らない人も多いかと思います。 ではそれぞれの楽器と、ジャズの世界でのポジション(?)をクラスに例えて解説してみましょう。 サックス、トランペット リア充。 ただしライバルも多い。 華…

はじめてのジャズ 8 ジャズの仕組み ⑤なぜオリジナルじゃなくスタンダードを演奏するの?

ジャズミュージシャンはオリジナルの楽曲ではなくスタンダードを演奏することが多いと書きました。 ではなぜそんなことをするのでしょう? 自分の曲の方が楽しいだろうし、自分の曲を作って演奏した方がお金が入るはずです。 理由はいろいろあると思いますが…

はじめてのジャズ 7 ジャズの仕組み ④アドリブって何やってんの?

前回の記事でジャズの楽曲のおおまかな仕組みが分かっていただけたと思います。 では今回はジャズにおける最も重要なパート、「アドリブ」についてご説明します。 アドリブとは、簡単に言えばあるテーマについてジャズ語でスピーチする時間です。 例えば、日…

はじめてのジャズ 6 ジャズの仕組み ③楽曲の基本構造を知ろう

ジャズをはじめて聴いた人は、だいたい「なにをやっているのかわからない」と感じるようです。 確かに、僕も最初はそう思ったように記憶しています。 ここで、「じっと聴いていたらわかってくるよ」 とか、「わからなくてもいい、感じるんだ」と答えてしまえ…

はじめてのジャズ 5 ジャズの仕組み ②ジャズミュージシャンは原則オリジナルを演奏しない

ジャズでは一般的にオリジナル曲をあまり演奏しません。 もちろんそういう人もいるし、そういう作品もありますが、生涯にわたってオリジナル曲しか演奏しないジャズミュージシャンはまれでしょう。 では何を演奏するかというと、スタンダードと呼ばれる古い…

はじめてのジャズ 4 ジャズの仕組み ①ジャズは個人戦の音楽

ではしばらくジャズという音楽の仕組みについて解説したいと思います。 普通の音楽ファンにとって”バンド”とは、固定されたメンバーで音楽性やイメージを固めていくものでしょう。 仮に脱退やクビなどによるメンバーチェンジがあったとしても、それは「ハプ…

「本気」の証明としての暴力・暴言について考察してみた

日野皓正児童虐待(ビンタ)事件については、元ジャズミュージシャン、そしてギター講師として考察してきました。 僕の見解は過去記事の通りですが、ひとつだけずっとひっかかっていたものがあります。 それは、「本気」の証明としての暴力・暴言についてで…