【広告】

音楽ドキュメンタリー

オススメ音楽ドキュメンタリー22 「ザ・ビートルズの世界革命(How The Beatles Changed The World)」

ビートルズ世代でもないし、今までビートルズは「革新的だ」「革命だ」と言われている理由をなんとなくしか知らなかったのだが、本作でやっとどこがどう革新的なのかが理解できた。

オススメ音楽ドキュメンタリー21 「存在する理由 Documentary of AKB48」

2016年版AKBのドキュメンタリー。 レジェンドメンバーの多くが卒業し、明らかに勢いがなくなってきたAKBのドキュメンタリーは残念ながらちょっと地味。

オススメ音楽ドキュメンタリー20 「We Are X」

アメリカ風の派手なバンドサクセスストーリーかと思いきや、YOSHIKIの人生哲学をベースにしたかなり重たい内容。 テーマは「死」。

オススメ音楽ドキュメンタリー19 「ヒストリー・オブ・イーグルス 駆け足の人生」

アメリカの長寿バンドEAGLESのドキュメンタリー。 ホテル・カリフォルニアで有名なバンドだが、あまり詳しくは知らなかったので観てみた。

オススメ音楽ドキュメンタリー18 「N.W.A.&EASY-E キングス・オブ・コンプトン」

いわゆるギャングスタ・ラップの走りN.W.A.のリーダー、EASY-Eを中心としたドキュメント。

オススメ音楽ドキュメンタリー17 「Thie is It」

言わずと知れたマイケル・ジャクソンの没後ドキュメンタリー。 改めて観るとあまりにもよくできすぎていて、まるでツアー前に死ぬことが分かっていたかのよう。

オススメ音楽ドキュメンタリー16 「Hired Gun」

アーティスト 複数。 公式動画 www.youtube.com 感想 有名アーティストのサポートで生計を立てるミュージシャン、通称「Hired Gun」(ハイヤード・ガン)に焦点を当てた作品。 プロミュージシャンならだいたい想像つく(あるいは既に経験済みの)世界だが、…

オススメ音楽ドキュメンタリー15 「ビーツ、ライムズ、アンドライフ」(A Tribe Called Quest)

アーティスト ア・トライブ・コールド・クエスト - Wikipedia 公式動画 www.youtube.com 感想 子供の頃からラップに親しみ、高校で運命的な出会いからグループを組んで活動をはじめ、やがてヒップホップ界を牽引するほどのビッグネームになるも亀裂が徐々に…

オススメ音楽ドキュメンタリー14 「悲しみの忘れ方」(乃木坂46)

乃木坂46を追ったドキュメンタリー。 タイトルからも分かる通り、暗い。

オススメ音楽ドキュメンタリー13 「TOKYO IDOLS」

東京のアイドルシーンをアイドル(グループ)やファン、プロデューサー、社会学者、フェミニストなどの多角的視点から分析している作品。

オススメ音楽ドキュメンタリー12 「Chasing TRANE」

全体的にやや駆け足なのと、時折(架空の)コルトレーン本人がナレーション(声はデンゼル・ワシントン)するという設定に時々戸惑った。

オススメ音楽ドキュメンタリー11 「nas タイム・イズ・イルマティック」

ラッパーnas(ナズ)の生い立ちからデビューアルバム「illmatic」までを追ったドキュメンタリー。 名前は知っていたが聴いたことはなかったので新鮮だった。

オススメ音楽ドキュメンタリー10 「METALLICA Some Kind of Monster season1」

アーティスト メタリカ - Wikipedia 公式動画 www.youtube.com 感想 アルバム「Saint Anger」のレコーディングに密着したメタリカのドキュメンタリー(2003年)。 正直、観ながら失笑の連続だった。 というのは音楽のことではなく、彼らのメンタル面での…

オススメ音楽ドキュメンタリー9 「アザー・ワン ボブ・ウェアの数奇な運命」(Greateful Dead)

アーティスト グレイトフル・デッド - Wikipedia 公式動画 www.youtube.com モンスターバンドGreateful Deadのサイドギタリストであるボブ・ウェアの人生をたどりながらGreateful Deadの活動と60年代のアメリカンカルチャーをなぞっていく作品。 正直、こ…

オススメ音楽ドキュメンタリー8 「フー・ファイターズ バック・アンド・フォース」

FOO FIGHTERSのドキュメンタリー。 リーダーのデイブ・グロール(元ニルヴァーナ)がニルヴァーナ時代からFOO FIGHTERSの結成、2012年までの活動を丁寧に回想していく。 ニルヴァーナ (バンド) - Wikipedia いわゆるサクセス・ストーリーではなく、どち…

オススメ音楽ドキュメンタリー7 「デヴィッド・ボウイ 世界を変えた男」

2016年の訃報がまだ記憶に新しいDavid Bowieの没後制作ドキュメンタリー。 デヴィッド・ボウイ - Wikipedia 個人的にはずっと敬遠してきた人物と音楽で、正直何がすごいのか分からなかったのだが、これを観てなるほどと納得した。 ロックのステージをシ…

オススメ音楽ドキュメンタリー6 「私がモーガンと呼んだ男」(リー・モーガン)

天才ジャズトランペッターのリー・モーガンについてのドキュメンタリー。 一代記というよりは”あの事件”の背景を丹念に取材し、”あの夜”への道程を追体験する内容。 ”あの夜”で何か分からない人はたぶん観ても楽しめないと思う。 冒頭がちょっと散らかってい…

オススメ音楽ドキュメンタリー5 「ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン」

ジェームス・ブラウンのドキュメンタリー。 ジェームス・ブラウン - Wikipedia 音楽は知ってるけど生い立ちや思想は知らないという人がほとんどではないだろうか? 僕もそう。 かなりハードな人生を送ってきた(詳しくは本編にて)人で、その経歴が彼のその…

オススメ音楽ドキュメンタリー4 「JUNK STORY」(hide)

言わずと知れたX JAPANのギタリスト故hide氏のドキュメンタリー。 幼少期からの成長を丁寧に追った作りで、往年のhideファンも没後ファンも納得できる作品。 YOSHIKIやPATA、J、KYOなどの近しいアーティストはもちろん、弟さんや地元の同級生、スタイリスト…

オススメ音楽ドキュメンタリー3 「ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド」

レゲエのパイオニア、ボブ・マーリーのドキュメンタリー。 親しみやすい雰囲気とは裏腹に、実は日本人からはかなり”遠い”音楽であるレゲエミュージックを理解するにはうってつけの作品。 音楽的には知っていることが多かったが、ボブの人格や日常生活につい…

オススメの音楽ドキュメンタリー2 「スヌープ・ドッグ ロード・トゥ・ライオン」

ギャングスターラップのレジェンド、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)がレゲエアーティストに転向し、レゲエのルーツを探るためにジャマイカを旅する作品。 スヌープ・ドッグ - Wikipedia 「どうせヘラヘラしながら遊び半分にレゲエやって、あとは金ばらまい…

オススメの音楽ドキュメンタリー1 「Turn It Up」

俳優のケビン・ベーコンがエレキギターの歴史と魅力を紐解いていく作品。 ケヴィン・ベーコン - Wikipedia Netflixでなんとなく視聴しはじめて、すぐにのめり込んでしまった。 テンポがよく、かといって重要な歴史的出来事をスルーせずしっかりと押さえてあ…