【広告】

譜面、リーディング

ソロの弾き方で伸び悩んでいる人はいちど譜面にきっちり書いてみると欠点がよく見えてくる

アドリブでもそうでない場合でも、自分のソロに不満があり伸び悩んでいる人は、いちどソロを譜面に書いてみると見えてくるものがあります。 アドリブの場合はきっちり弾いたものを後から譜面にする、そうでない場合は譜面に書きながらソロを作ってみる。 そ…

リーディング(読譜)練習をする際、やってはいけないこと

譜面を読む練習(以下、リーディング)をする際、多くの方は無意識的にやってはいけないことをやってしまっています。 それは、"止まる"ことです。 まずリーディング練習の目標を確認しましょう。 リーディング練習の目標は、ミスをしないことではありません…

譜面が読めると演奏はこう変わる

前回の続き。 k-yahata.hatenablog.com 譜面というものは記号なので、頭で理解するものです。 だから譜面が読めるようになると頭でっかちな演奏になってしまう…と妄想している人も多いようですが、実際はそうでもありません。 むしろ、譜面が読める方が伸び…

ギタリストも譜面はやっぱり読めたほうがいい

ギタリストと譜面は規格が異なる歯車のようなもので、なかなか上手くかみ合ってくれません。 ですから、譜面を最初から遠ざけてしまう人も多いと思います。 また、最近はDTM上で音の並びを確認できるし、同じソフトであればデータのやりとりで作っている曲が…

譜面の初見にやたらと強い人は……

先日、とあるミュージシャンの方から譜面の初見力について目からウロコの話を聞きました。 結論から言うと、初見にめちゃくちゃ強い人は雑な仕事しかしてないからそうなっただけ、一方ちゃんとした仕事が来てる人は意外と初見に弱い、だから初見に弱いことを…

譜面を見ながら演奏することの弊害

曲を覚える時間がない、あるいは覚える曲が多すぎてどうしても譜面に頼らざるをえないという方は別ですが、そうでなく、曲を覚える時間がたっぷりあるという方は、ぜひ譜面なしで弾けるようにしたいものです。

日本は世界的に見て異常に譜面が読める国

世界的に見て、日本は異常なほど譜面が読める国だそうです。 言い方を変えれば、譜面に頼っている悪習がある国。 これはアメリカでも揶揄されたことがあります。