八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

練習、上達

夏場の個人練習でクーラーに負けないためにできること

個人的に、楽器の練習は夏場が一番苦労するような気がします。 ただでさえ暑くて体力を消耗するし、クーラーの効いた部屋でもそれはそれで身体が冷えて疲れてき、集中力が途切れてしまいます。 せっかく練習時間が作れてもこれではもったいない。 そこで、冷…

ある練習内容を正しく維持できるのは平均2週間

ギターを15年以上教えてきて、最近やっと確信したことがあります。 それは、どんな練習であれ、その内容を正しく維持できるのは二週間程度だということです。 例えばアドリブを教えたとします。 教室で説明し、実践してもらったところ、こちらの言うことを…

楽曲の中の複数のラインを頭の中で同時に鳴らしたいのなら、それぞれのラインを歌うべし

例えば、メロディとベースといった短音のラインを複数同時に頭の中で鳴らしたいとします。 そのとき、前部を一緒にイメージする練習というものはありません。 それができるのは結果そうなったからであり、最初からそれを目指してもできません。 ではどうすれ…

フォームの完成は終了ではない 一度フォームが完成したらそれを完成し続けないといけない

既にこのブログでピッキングが完成したと何度も述べました。 今でもそれを否定する材料が出てこないのでやはり完成しています。 それを「ギタリスト身体論3」として出版することも決定し、執筆していますが、間違っていたらどうしよう?といった不安はあり…

アルペジオの耳コピ方法

アルペジオの耳コピ方法を書いておきます。 「ギタリストのためのハーモニー」には書いていなかったので。 1、ルートをコピーする アルペジオで一番音の低い部分の動きをまずコピーします。 それが各コードのルートとなります。 コードとして知りたい人は音…

楽器の練習には必ず「究明「定着」という二つの段階がある

楽器の練習には必ず二つの段階があります。 ひとつは究明、もうひとつは定着です。 何かを練習しはじめたとき、最初はだいたい上手くできません。 そこでまず、できない原因を究明する作業が必要となります。 なぜできないのか、何が原因か……そのトピックに…

楽器を練習する際、思い込みはどこまでいってもついてくる。だから理論が必要

楽器を練習する際、「思い込み」は必ずつきまといます。 初心者だけでなく、プロも同様です。 僕自身フォームを専門に研究しているのに、気がついたら思い込みでフォームが崩れていたということが多々あります。 つい先日も軽い不調になり、色々調べた結果酷…

楽器の上達に必要な蓄積と除去について

以前から考えていたことですが、楽器の上達には「蓄積」と「除去」という二つの要素が必要となります。 「蓄積」は足し算、「除去」は引き算だと考えてください。 一般的には足し算である蓄積が重視されます。 エクササイズの反復練習や、理論の勉強など、何…

「ハレ」の日に何かをはじめても大抵続かない

令和元年となり、このきっかけに何かをはじめる人は多いと思います。 元旦、誕生日、入学、なども同じです。 しかし、こういった「ハレ」の日に何かをはじめても、大抵続きません。 私見ですが、この「ハレ」と継続は水と油のように相反する概念です。 例え…

楽器が急に弾きたくなくなったときは成長のサインであることが多い

楽器を練習していて、あるとき急に弾きたくなくなることがあります。 まだ歴が浅いとあせったり、びっくりして悩んだりしてしまう人もいるでしょう。 個人的に、楽器が急に弾きたくなくなるのは成長のサインではないかと考えています。 僕は近年DMN(デフォ…

ひたすら弾くだけでは絶対に楽器は上達しない 自分の練習に理論があるかを考えてみよう

楽器の練習法として、ただひたすら弾くだけ、ひらすら長時間練習するだけというものがあります。 そもそもこれ自体「練習法」とはいえないのですが、そういったことを言う人は多いし、実際にやっている人もまだまだ多いと思います。 はっきり言いますが、時…

ミュージシャンが自分の演奏フォームに理論を持つことの意義

エレキギターという楽器は、誕生から2019年現在までフォームや奏法についての理論が存在しませんでした。 現在セオリーとされているいくつかのフォームも、時間をかけて自然と集約されたものであり、なぜそうなるのか、なぜそうするべきなのかといった疑…

ギターでフレーズや曲が弾けないときは、まず原因がピッキングかフィンガリングかを探ろう

ある曲やその中のフレーズがどうしても弾けないというとき、まず原因がピッキングにあるのかフィンガリングにあるのかを探りましょう。 おそらくほとんどの人は、原因が分からないまま一生懸命練習を続け、練習したらきっと弾けるようになると思っているはず…

上達のためにオフは大事だが、オフを取らない方が上達するときもある

僕は以前からオフの重要性を説いてきました。 k-yahata.hatenablog.com と同時に、時々オフを取ることで調子が狂う日があることも気にしていました。 めったにないのですが、年に数回はそういう日があります。 実はここ2週間ほどそれを実感しています。 今…

上手く弾けないときはシンプルに聴くことが足りないだけだったりする

弾きたい曲が上手く弾けないとき、あれこれとアプローチを変えてみたり、誰かに習いにいったりする人が多いと思います。 もちろんそれで解決するケースも多々ありますが、仮に何をやっても先に進まない場合、シンプルに聴くことが足りていないだけかもしれま…

正しく練習すればピッキングのスピードはいきなり上がる

速弾きをやっている人で、ピッキングのスピードは段階的にしか上がっていかないと思っている人は多いと思います。 しかし実はそうでもありません。 フォームや練習方法、タイムのとらえ方などを正していくと、いきなりボンっと スピードが上がるということが…

5日間ギターの練習をやめてみた

2018年12月29日~2019年1月2日まで、5日間一切ギターを触らないとう実験をしていました。 普段から意識してオフを取るようにはしていたんですが、さすがに5日間も休めることはそうそうないので、この機会に実験してみることにしました。 初…

親指のリハビリをしていたら問題は人差し指にあるとわかった

ピッキング研究が終わり、肩から指先までの使い方に一応は完全に答えが出ました。 その後ピッキング研究の過程で親指がなんか変なことになっていると気づき、リハビリをしてきたのですが、どうやら親指ではなく人差し指に問題があると分かりました。 新しい…

久々に丸三日ギターオフを取ってみた

少し前ですが、たまたま三日間レッスンがなく、特に準備しておくこともなかったので、 久々にギターオフをとってみました。 とりあえず最低丸一日はギターを触らない。 それ以降は触りたくなったら触るけどそうでもなければ放置。 一日目は全くギターを触り…

最初からギターがそこそこ弾ける人はだいたい10年ぐらいしたら頭打ちになるので気を付けよう

ギターをはじめてまだ数年しか経ってないのにわりとなんでも弾ける人がいます。 一昔前だと地元ではヒーローになれたタイプです。 今はYOUTUBEがあるのでまた色々と違うのかもしれませんが。 実はこういうタイプが後々苦労します。 なぜかというと、ギター講…

練習を休むベストなタイミングは? DMN(デフォルトモードネットワーク)の有効活用

以前こちらの記事に、脳の機能「DMN(デフォルトモードネットワーク)」と上達の関係性について書きました。

裕福で時間があるから楽器が上達するという幻想

先日たまたまあるブログを読みました。 内容は、中学で楽器にのめり込み、大学で挫折しその後何年かして回想したものです。 若い人らしくいろんな感情が入り交じった文章でしたが、行間から読み取れたものは、「結局楽器なんてものは裕福で時間があるやつに…

フォームを身につけるエクササイズ、フォームを慣らすエクササイズ

ギターのエクササイズには大きく分けて2種類あります。 それは、フォームを身につけるエクササイズと、フォームを慣らすエクササイズです。 まだフォームが身についていない人はフォームを身につけるためのエクササイズを行います。 「ギタリスト身体論」で…

アドリブでコードトーンが使えないのは、それ専用のアルペジオを作ろうとするから

アドリブでコードトーンを入れたい、でもいまいちどうやったらいいのかわからないという人はかなりいます。 今回はなぜそれができないかという話。 結論から言うと、コードトーンを使ったアドリブを想定し、それ用のアルペジオなどを練習しているからです。 …

音楽で行き詰まったらまず聴くことに立ち戻ろう 

音楽を長年やっていると必ずどこかで行き詰まります。 いわゆる壁というやつです。 そこに来たとき、多くの人は壁を壊そうとして誰かに習ったり文献をあさったり、練習や考え方を変えようと努力します。 もちろんそれも大事だし、そうして壁を壊せることもあ…

ギターが上達したければネットに頼らずに足を使って体験しよう

今時は、ギターが上達したいという人ほどネットにかじりつく傾向があると思います。 YOUTUBEでレッスン動画を検索したり、ギターブログを毎日読んだり、掲示板やSNSで情報収集したり。 確かにそれらも有意義だとは思いますが、個人的にはもっと足を使ってみ…

シュレッド曲(速弾き曲)を練習している人はTABで覚えた後も一応耳コピした方がいい

ロックのピッキング研究の集大成としてずっとイングヴェイのFar Beyond The Sunを練習しているんですが、ある箇所でつまずいてしまいました。 ソロに入ってからキーボードとトレードしだして2回目のキーボードソロの後の部分です。 たぶんこの曲で一番か二…

ギターの基本テクニック、ハンマリング・オン、プリング・オフについて

ギターを教えていると、基本テクニックであるハンマリング・オン、プリング・オフが適切に扱えない人が多いことに気づきます。 これらがどういったテクニックか知らない(できない)人はほとんどいないでしょう。 しかし、そこそこ弾ける人でもこれらを適切…

常に1曲は掘り下げて弾く課題曲を持っておこう

ある程度楽器が弾けるようになり、活動が充実してくると、曲を流れ作業のように処理することが増えてきます。 これはどうしたって仕方のないことです。 教室や専門学校で出た課題曲だから、サポートで頼まれたから、急な仕事で短時間で沢山の曲を覚えないと…

同弦上での激しい移動の際は目線に気を付けるとうまくいく

例えば、1弦を〈21 19 17 16・ 19 17 16 14・ 17 16 14 13〉と動いていくとします。 このとき、左手がうまくついてこないというケースが多々あります。 特にテンポが上がっていくともつれやすくなりますよね。 そんな場合は目線に気を付けましょう。 【広告…