八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

練習、上達

練習を休むベストなタイミングは? DMN(デフォルトモードネットワーク)の有効活用

以前こちらの記事に、脳の機能「DMN(デフォルトモードネットワーク)」と上達の関係性について書きました。

裕福で時間があるから楽器が上達するという幻想

先日たまたまあるブログを読みました。 内容は、中学で楽器にのめり込み、大学で挫折しその後何年かして回想したものです。 若い人らしくいろんな感情が入り交じった文章でしたが、行間から読み取れたものは、「結局楽器なんてものは裕福で時間があるやつに…

フォームを身につけるエクササイズ、フォームを慣らすエクササイズ

ギターのエクササイズには大きく分けて2種類あります。 それは、フォームを身につけるエクササイズと、フォームを慣らすエクササイズです。 まだフォームが身についていない人はフォームを身につけるためのエクササイズを行います。 「ギタリスト身体論」で…

アドリブでコードトーンが使えないのは、それ専用のアルペジオを作ろうとするから

アドリブでコードトーンを入れたい、でもいまいちどうやったらいいのかわからないという人はかなりいます。 今回はなぜそれができないかという話。 結論から言うと、コードトーンを使ったアドリブを想定し、それ用のアルペジオなどを練習しているからです。 …

音楽で行き詰まったらまず聴くことに立ち戻ろう 

音楽を長年やっていると必ずどこかで行き詰まります。 いわゆる壁というやつです。 そこに来たとき、多くの人は壁を壊そうとして誰かに習ったり文献をあさったり、練習や考え方を変えようと努力します。 もちろんそれも大事だし、そうして壁を壊せることもあ…

ギターが上達したければネットに頼らずに足を使って体験しよう

今時は、ギターが上達したいという人ほどネットにかじりつく傾向があると思います。 YOUTUBEでレッスン動画を検索したり、ギターブログを毎日読んだり、掲示板やSNSで情報収集したり。 確かにそれらも有意義だとは思いますが、個人的にはもっと足を使ってみ…

シュレッド曲(速弾き曲)を練習している人はTABで覚えた後も一応耳コピした方がいい

ロックのピッキング研究の集大成としてずっとイングヴェイのFar Beyond The Sunを練習しているんですが、ある箇所でつまずいてしまいました。 ソロに入ってからキーボードとトレードしだして2回目のキーボードソロの後の部分です。 たぶんこの曲で一番か二…

ギターの基本テクニック、ハンマリング・オン、プリング・オフについて

ギターを教えていると、基本テクニックであるハンマリング・オン、プリング・オフが適切に扱えない人が多いことに気づきます。 これらがどういったテクニックか知らない(できない)人はほとんどいないでしょう。 しかし、そこそこ弾ける人でもこれらを適切…

常に1曲は掘り下げて弾く課題曲を持っておこう

ある程度楽器が弾けるようになり、活動が充実してくると、曲を流れ作業のように処理することが増えてきます。 これはどうしたって仕方のないことです。 教室や専門学校で出た課題曲だから、サポートで頼まれたから、急な仕事で短時間で沢山の曲を覚えないと…

同弦上での激しい移動の際は目線に気を付けるとうまくいく

例えば、1弦を〈21 19 17 16・ 19 17 16 14・ 17 16 14 13〉と動いていくとします。 このとき、左手がうまくついてこないというケースが多々あります。 特にテンポが上がっていくともつれやすくなりますよね。 そんな場合は目線に気を付けましょう。 最初の…

1曲弾ける時点で”普通”なのであれこれ悩む必要はない

教室で教えていると、よく生徒さんに「自分は才能ないのでしょうか?」「音痴(リズム音痴)でしょうか?」と訊かれます。 あるいは逆に「自分には才能がありますか?」(あると言ってもらえるのを期待して)と訊いてくる人もいます。 僕はほぼ全員に「普通…

音楽性を変えたいときはいきなり演奏せず、まず聴くことからはじめよう

僕のところに来る生徒さんで、ずっとロックをやっていたけど今後はジャズ(テイスト)をやってみたいという方はけっこういらっしゃいます。 ロック→ジャズに限らず、自分の音楽性をがらっと変えたいという方は、新しい音楽をいきなり弾いてみるのではなく、…

エクササイズは半分以下にしてあとはYOUTUBEで音楽聴いてた方がよっぽど上達すると思う

ミュージシャンを目指している人(クラシックは除く)は、毎日何らかのエクササイズを行っていると思います。 もちろん必要な内容もあるでしょうし、後々あれが役に立ったというエクササイズもなくはないですが、だいたい7~8割は後々考えれば何の役にも立…

速弾き練習でゆっくりから弾かないといけない理由

速弾き練習でよく「ゆっくりから弾く」とレクチャーされたりします これについてはいろんな解説があるでしょうし、僕も以前何度かブログに書いたと思います。改めてもう一つゆっくりから弾かないといけない理由を述べておきたいと思います。 フォームが未完…

ギターを弾くために必要な筋肉はしっかり鍛えないといけない

僕はずっと脱力を提唱してきていますが、筋肉を鍛えることを否定しているわけではありません。拙著「ギタリスト身体論」にも書いていますが、必要な筋肉はちゃんと使わないとギターを弾くことはできません。そして、その必要な筋肉が不足している場合はきち…

「弾けている」にもいろんな段階や視点があることを知ろう

ここ最近、デスクワークをしながら久々にレニクラ(Lenny Kravitz)を聞いていました。 レニー・クラヴィッツ - Wikipedia 初めて聞いたのは中学生の時で、かれこれ24、5年経ちますが今聞いてもやっぱりしびれるぐらいかっこいいです。 聞いているうちに、そ…

根本的なスキルアップをしたければ、一度完全に離れてみよう

なにかを継続することはもちろん大事ですが、長い目で見ると一旦離れることも重要であるということが最近わかってきました。 継続していることで全てがマンネリ化し、自分や周りの環境が見えなくなるということがあるからです。 ずっと住んでいた地元から離…

ベストなフォームを探すときの僕のやり方

ベストなフォームを探すときの僕のやり方をご説明します。 ただし、このやり方を採用する場合は、すべての音楽活動を一旦停止する必要があるのでそこら辺は自己判断でお願いします。 まず自分にとって1番良いと思われるフォームを模索します。 そして、「こ…

自分の価値観を壊せるようになれば伸びしろはいくらでも増える

例えば、自分が価値を認めていない人や作品があったとします。 それが社会に認められ、活動の幅を大きく広げたとき、あなたはどう捉えますか? おそらくほとんどの人は、その現実を受け止めきれず、混乱するでしょう。 そして、最終的に「どうせ強いコネを持…

最短距離で上達という自己満足

音楽の世界ではよく、「最短距離で上達」という言葉が使われます。 特にギター業界に多いような気がします。 確かに、早く上達すればそれだけ早く活動の場が広がるだろうし、メリットは多いような気がします。 しかしこの「早く上達したい」という考えには、…

「気持ち」を確認しないと継続できないなら早めにやめといたほうがいい

先日の記事の続きです。 k-yahata.hatenablog.com 様々な分野でプロを目指している方は大勢いらっしゃると思います。 その中で、強い「気持ち」をキープしようと努力している人もいるでしょう。 いわゆるモチベーションというやつです。 プロを目指すきっか…

「気持ち」を優先する人は長続きしない

何かを継続するためには「気持ち」が大事だと言われます。 強く思ったときの気持ちを持ち続ければ、どんな苦難も乗り越えられるとか…。 さて、ギター講師としてたくさんの人を見てきましたが、結論から言うと、「気持ち」と現実はほとんど関係ありません。 …

練習は歴史にするべきだが神話にするべきではない

練習を積み重ねていくと、いつしかそこに歴史が生まれます。 その歴史は、現在の自分を定義し未来の自分へと進める力を持ちます。 ですから、楽器等の一生練習がつきまとうジャンルでは、練習してきた内容を歴史にする必要があります。 それは難しいことでは…

ギターの練習でオフを取らない方がいいケース

僕は以前から、練習にはオフが不可欠であると述べてきました。こちらの記事を読まれた方もいらっしゃるかと思います。 k-yahata.hatenablog.com しかし、オフをあまりとらないほうがいいケースも存在します。 ざっくり言うと、新しい何かを体にしみ込ませて…

「どれくらいやればいいか」を訊いてくる人の心理

ギターを教えていると時々、「どれくらいやればいいか」と訊かれます。 「1日何時間ぐらい練習すればいいですか?」「これを何ヶ月やればできるようになりますか?」「レッスンにどれくらい通えば上手くなれますか?」などなど。 こういった質問には、答え…

長時間の練習は無駄でしかない

時々このブログでも書いていますが、僕は長時間の練習には反対です。 というのは、実際に長時間練習して得られるものがほとんどなかったからです。 それどころか、筋肉の疲労や、余計なイライラなど、マイナスの方が多く感じられます。 長時間がどれくらいを…

ミュージシャン目指すなら若いうちから練習の虫にならない方がいい

ミュージシャンになるためには、死ぬほど練習しないといけません。 まあこれは間違いないです。 ただ、「死ぬほど」の練習を若いとき(10代半ばとか)に行うのもどうかと思います。 なぜかというと、若いうちは見識が甘いし、耳も肥えていないからです。 …

昔は娯楽が少なかったから楽器の練習に集中できたなんてことはない

時々、「今は娯楽が多いから若者が楽器の練習に集中するのは本当に困難」といった意見を目にします。 さらに、「昔は娯楽が少なかった」と、さも昔の人間が環境のおかげで楽器の練習に集中できたような意見に発展することもあります。 で、78年(昭和53…

学ぶ=まねぶ(真似をする)はいいとして、じゃあ”何を”まねするの?真似してどうするの?

よく、学ぶ=まねぶ(真似をする)といわれ、何かを学ぶためには真似から入るべきだとか、あるいは最初は真似でいいんだよ、みたいなことが言われます。 しかし、こういった意見を見聞きすると、いつももやっとしてしまいます。 なぜなら、そこに「じゃあ何…

音楽は体感しながらでないと身につかない

前回、僕はレッスンでプリントなどを全く渡さないと言いました。 理由などはこちらを参照してください。 k-yahata.hatenablog.com あとひとつ、前回書き忘れたことがあります。 人は音楽を学ぶとき、体感がないと身につかないということです。 例えば、プリ…