読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

日常、その他

「課題だからこれぐらいでいいか」という姿勢を続けているとそれが抜けなくなる

学校や教室、あるいは研修などで何かを作ってくる、発表するという課題が出たとします。 そこで講師をあっと驚かせるようなすごいものを作ってくる(作ろうとする)人と、課題だから(本番じゃないから)合格点さえもらえればそれでいいやという姿勢で臨む人が…

ターゲットを明確にすることでかえってターゲットは広がる

何かを作って対価を得ようとするとき、できるだけ多くの人に興味を持ってもらえるように工夫するはずです。 しかし、ターゲットを広げすぎた結果、思ったようなリアクションが起こらなかったという現象はよくあります。 逆に、ターゲットを絞った結果、その…

何かを継続したければ「気持ち」は切り離して行動しよう

// 以前書いた事と同じですが、今度は継続という側面から考えてみたいと思います。 k-yahata.hatenablog.com 一般的には、まず強い「気持ち」(やる気、モチベイションなど)があり、それが人を動かすとされています。 だから常に「気持ち」をキープできるよ…

自分の価値観を壊せるようになれば伸びしろはいくらでも増える

// 例えば、自分が価値を認めていない人や作品があったとします。 それが社会に認められ、活動の幅を大きく広げたとき、あなたはどう捉えますか? おそらくほとんどの人は、その現実を受け止めきれず、混乱するでしょう。 そして、最終的に「どうせ強いコネを…

LOUDNESSがアメリカ入国拒否

// 今朝、信じがたいニュースが飛び込んできました。 日本を代表するヘヴィメタルバンドのラウドネスがアメリカツアーのためシカゴに向かう途中、ロサンゼルスで入国を拒否されたそうです。 【広告】 // キー局のニュースでも報じられていました。 ニュース…

スーパーで聞いたあるお母さんの〈声〉に全身が反応した

// 昨日、スーパーに行ったとき、どこからか聞こえてきたあるお母さんの〈声〉に全身が反応した。 【広告】 // 小学校低学年位の男の子と買い物をしていたらしい。 その男の子に発するお母さんの〈声〉は、よくある母親の金切り声でもなく、諦めたような声で…

何かを提唱している本人よりも、それを試している第三者の意見を聞こう

// 何かを提唱している人がいるとします。 自分がそれに興味を持った時、当然その人を見て自分も試してみよう、習ってみようと考えるでしょう。 逆に、提唱者に魅力がなければ、その意見やメソッドを取り入れる気にならない、という方もでしょう。 それはそ…

「誰々に認められること」がモチベーションだと後々疲れる

// 音楽にしろなんにしろ、目標やモチベーションが重要である事は言うまでもありません。 しかし、ほとんどの場合「その後」のことについては全く言及されていません。 【広告】 // ただただ「モチベーションを上げよう」とか、「目標達成のために」といった…

芸能人のサインをたくさん貼っているラーメン屋になりたくない

// 【広告】 // 昔から、芸能人のサインをたくさん貼っているラーメン屋(その他お店)が嫌いです。 この店は一般のお客さんと芸能人を区別しているんだと思うといい気分がしないからです。 ああいうのを見るたび、自分が経営者だったら芸能人が来ても絶対に…

「間違っていた」と言える充実感

// 【広告】 // 日本人は、「間違いたくない病」を誰しも持っています。 より正確に言うと、「間違いを認め、訂正したくない病」でしょうか。 間違いを認めたら負け、訂正は敗者の証だという気風がどこか社会に蔓延している気がします。 しかし、実際に散々…

わからないことをいくら考えても”今”はわからない

// わからないことがあり、それについて検索などをして情報収集するときに、つい忘れてしまうことがあります。 それは、"今"わからない事は、どれだけ情報を収集しても"今"はわからないしできないということです。 例えば、ジャズのアドリブがわからないとし…

コンテンツの無料化に未来があるとは思えない

// 昨日の続きです。 k-yahata.hatenablog.com 昨今はコンテンツの無料化が著しく、無料コンテンツを持たない作品やアーティスト、企業などは、時代遅れどころか、何でも金を取ろうとする悪しき存在と思われてしまいます。 そうした流れの中で、僕も様々な形…

無料というエゴ

// 【広告】 // 今年に入ってから、メールでの相談なども有料化し、無料で何かに対応するということを基本的にやめました。 有料化することで、配慮のない方からの連絡を退けたり、質問者がこちらの提案に対して真摯に向き合っていくれることを促すという意…

歌詞や文章を心に引っかかるものにするためのコツ

// 先日の記事の続きです。 k-yahata.hatenablog.com 他人の心に引っかかる歌詞や文章とはどういったものでしょうか。 またそれらを他人の心に意図的に引っ掛けるコツなどはあるのでしょうか。 実は、あります。 ポイントはふたつ。 ひとつは、誰も知らない…

他人の意見は自分が聞く気になったときだけ聞けばいい

// 他人の意見はできるだけ聞くべきだとよく言われます。 僕もよく言っていると思います。 しかし、最近そうでもないのかもと思えてきました。 まず、「他人の意見を聞く」ということには、「それを元に自分を変えていく」ということがついてきます。 その前…

進化したマウンティング<ステルス・マウンティング>について なぜかイラつくあの話はステルス化されたマウンティングだった!?

// <マウンティング>は、もう誰でも知っていると思います。 自分の方が相手よりも上だぞ!という意思表示を伴った言動ですね こういった人は昔から存在しましたが、<マウンティング>という言葉が生まれ、定着してしまった昨今では、それを行うとたちどこ…

点滴に異物混入のあった大口病院前に連日マスコミや報道陣が来てるけど、わりときちんとしてるよって話

// 【広告】 // 今世間を騒がせている大口病院ですが、実はけっこう近くです。 news.livedoor.com しょっちゅう手前あたりを通るのですが、ある夜なにやら見かけない人たちやマスコミの機材車らしきものが停まっていて、不審に思ったら翌日から例の報道がは…

多様性の中でしかひとつのことを突き詰められない

// 何かを突き詰めるということは大事だと思います。 ギターを突き詰める、ロックを突き詰める、歌を突き詰める、など。 そういった場合、ほとんどの人はそれだけをやろうとします。 ギターならギターだけしか弾かない、ロックならロック意外聞こうとしない…

佐野研二郎氏の騒動から日本人の模倣癖とオリジナル軽視の問題を考えてみた

佐野研二郎氏の一連の騒動と、日本社会の模倣に対する扱い、そしてオリジナルに対する扱いについて考えていました。 日本社会では、明らかに模倣を是とする慣習があります。 そしてその反動か、オリジナルを無視する傾向もあります。 そのことについて考察し…

あるギタリストについて

先日FB上で僕を「インチキギター教師」と中傷し、さらに後日「変なやつに絡まれている」とツイッターで被害者面をしたギタリストN氏についての対応を考えていました。