八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

フォーム、脱力、楽器の身体操作

正しいフォームを獲得してもその通りに弾けることはまれ、だから常にフォームを正しておかなくてはならない

フォームを学んでいる人の多くは、一度正しいフォームを習得したら未来永劫それが崩れないと想像しています。 これは間違いです。 フォームなんぞほんのちょっとしたことですぐ崩れます。 また、正しいフォームで弾けていると思っていても、後からチェックし…

前腕の回転は親指先導か、前腕主体かという問題

僕のピッキングは前腕の回転で行いますが、ここにひとつ問題があります。 といってもかなりマニアックなので相当やりこまないと見えてきませんが。 何らかの動きをつくるとき、だいたい二種類の方法があります。 末端から動くか付け根を動かすか。 前者は親…

イングウェイのTrilogyを撮り直した

ピッキング研究の課題曲としていたイングヴェイのTrilogyを撮り直しました。 以前のは途中経過のままだったので。 www.youtube.com 最初ラインで撮っていたんですが、どうしても細かいところがなんかハマらず(タイムとかの問題ではなくて、雰囲気とか空気感…

フォームを定着させるためには段階が必要

フォームを定着させていくためには、必ず段階が必要となります。 ほとんどのケースは、大→小、遅→速となります。 例えば速弾きに最適なフォームがあり、それを習得していくためには絶対に大きく、遅くから弾き始めないと正しいフォームが定着しません。 しか…

フォームの完成は終了ではない 一度フォームが完成したらそれを完成し続けないといけない

既にこのブログでピッキングが完成したと何度も述べました。 今でもそれを否定する材料が出てこないのでやはり完成しています。 それを「ギタリスト身体論3」として出版することも決定し、執筆していますが、間違っていたらどうしよう?といった不安はあり…

楽器の練習には必ず二つの段階がある

楽器の練習には必ず二つの段階があります。 ひとつは究明、もうひとつは定着です。 何かを練習しはじめたとき、最初はだいたい上手くできません。 そこでまず、できない原因を究明する作業が必要となります。 なぜできないのか、何が原因か……そのトピックに…

楽器を練習する際、思い込みはどこまでいってもついてくる。だから理論が必要

楽器を練習する際、「思い込み」は必ずつきまといます。 初心者だけでなく、プロも同様です。 僕自身フォームを専門に研究しているのに、気がついたら思い込みでフォームが崩れていたということが多々あります。 つい先日も軽い不調になり、色々調べた結果酷…

フォームの矯正はやることをやるよりやらないことをやらない方が難しい

フォームの矯正に取り組んでいる生徒さんは多いですが、一様に言えるのは、やることをやるよりやらないことをやらない方が難しいです。 例えば僕のピッキングは前腕の回転を使います。 これ自体は誰でもできます。 ただ、しっかり前腕でピッキングするために…

不具合が起こるフォームは全て間違っている

各楽器にはひとまず正しいとされているフォームがあります。 この「ひとまず」はウン100年かけてのひとまずもあれば、ウン10年でのひとまずもあります。 いずれにせよ、現時点で比較的多くの人、あるいは指導的立場の人が正しいと言うフォームです。 こ…

久々にベースを教えたが、フォームに関してはギターと全く同じだった

久々にベースの方にフォームをお教えしました。 以前にもベーシストに教えたことはあるのですが、 そのときはグルーヴなどの話が中心だったので、がっつり身体操作を教えたのははじめてかもしれません。 ギターとベースはシステムとしては同じなのでたぶん僕…

速弾きでの前腕の疲労に答えが出た

ピッキングの研究の一環として速弾きの練習をしているのですが、色々わかってきたものの、フルピッキングしていると前腕が疲れるという問題だけがなかなか解決しませんでした。 最終的に前腕だけは筋力が必要なのかなと思い、筋トレ的な訓練もしてみたのです…

ギターのフォームの矯正で難しいのは、どんな動きを習得するかではなく、動かしてはいけない部位を動かさないこと

最近、以前にもましてフォームを習いに来る人が増えてきました。 僕が4年かけて開発した新しいピッキングフォームに興味を持ってもらえるのは嬉しいかぎりです。 教えていて改めて感じるのは、何を習得するかよりも、やったらダメなことをやらないことの方…

ひたすら弾くだけでは絶対に楽器は上達しない 自分の練習に理論があるかを考えてみよう

楽器の練習法として、ただひたすら弾くだけ、ひらすら長時間練習するだけというものがあります。 そもそもこれ自体「練習法」とはいえないのですが、そういったことを言う人は多いし、実際にやっている人もまだまだ多いと思います。 はっきり言いますが、時…

ミュージシャンが自分の演奏フォームに理論を持つことの意義

エレキギターという楽器は、誕生から2019年現在までフォームや奏法についての理論が存在しませんでした。 現在セオリーとされているいくつかのフォームも、時間をかけて自然と集約されたものであり、なぜそうなるのか、なぜそうするべきなのかといった疑…

僕の研究した楽器のための身体操作がギター以外にも広がっています

僕が長年研究してきた楽器のための身体操作、特にここ4年で発見した腕や指の使い方が、最近ギター以外の楽器奏者にも広がっています。 今のところベースのフィンガーピッキング、ドラムのスティックコントロール、ヴァイオリンのボウイング、オーボエのフォ…

ピッキングに必要な筋肉が少しずつついてきた

ご存じの通り僕は脱力論者ですが、ピッキングをつきつめていくと、どうしてもここだけは筋力が必要だという箇所がいくつか見えてきました。 以前はそこも脱力しようとしていたので他の箇所の動きとうまくかみ合わなかったのですが、筋肉をしっかりと使うとす…

ピッキング研究で改めてわかったこと

4年ほどピッキングを研究してきて、改めてわかったことは、フォームはパッケージで捉えないといけないということです。 パッケージで捉えるとは、親指や手首などパーツパーツで捉えるのではなく、腕全体のつながりで ピッキングをつくるということです。 例…

ピッキングの微調整が終わった

2015年からはじめたピッキング研究が2018年中頃に完成し、その後ずっと微調整してきましたが、ようやくそれも終わり、新しいピッキングが完成しました。 ずっと最後の2%ぐらいを模索していたのですが、それも理論化できたので、これで100%です…

突然ピッキングがスランプに陥り、一日で直したら新しい感覚が芽生えた

先日、突然ピッキングがスランプに陥りました。 いつもの動きができない、いつも弾いてるフレーズが弾けない、腕が重い、以前解決した問題がぶりかえす…… パニックになり、今までに研究し、答えを出してきた理論や法則を総動員し、どうにか一日で直しました…

ギターのピッキングにおけるミュートと、ピックが描く軌跡の関係性

以前からずっと考えてきた課題のひとつ、ミュートする/しないときのピックが描く軌跡について、ようやく答えが出ました。 僕の新しいピッキングは基本いつでもどの弦でもミュートできるようなフォームを採用しているのですが(動画に出ているのは全て古いの…

ギターの運指で、押弦した後に指を上げるのは間違い

ギターを弾くとき、弦を押さえた後、みなさんはどうしていますか? おそらく多くの人は弦を押さえた指を上げていると思います。 しかしこれが間違いなのです。 なぜかというと、指を上げると弦から指が離れすぎてしまったり、逆に力んだりするからです。 ま…

ギターのピッキングで親指をよく使う人は他の指の脱力を意識してみよう

最近、ピッキングで使っていない指(中指~小指)についてあれこれ試しています。 そこでわかってきたことが、中指~小指の脱力が微細ながら親指に影響するということです。 例えば親指の屈伸を多用する人、また教室で採用している親指を○○するフォーム(企…

親指のリハビリをしていたら問題は人差し指にあるとわかった

ピッキング研究が終わり、肩から指先までの使い方に一応は完全に答えが出ました。 その後ピッキング研究の過程で親指がなんか変なことになっていると気づき、リハビリをしてきたのですが、どうやら親指ではなく人差し指に問題があると分かりました。 新しい…

3FWTには腱鞘炎予防と演奏性向上が折り込み済み、だから効果がある

9年ほど前に出版した「ギタリスト身体論」で、「3FWT(3 finger with thumb)」というフィンガリングのフォームを提唱しました。 ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー 作者: 八幡謙介 出版社/メーカー: 中央アート出版社 発売日: 2009/10/02 メディア: …

ギターのピッキングで素振りすることは大事だけど、そればっかりでは実際弦に当てたときに使えない

ピッキングフォームをつくっていったり矯正するとき、弦に当てずに素振りすることはとても有効な練習方法です。 弦に当てる、ちゃんとフレーズを弾く、いい音を出す、タイムに合わせるといった複合的な要素を一端排除し、純粋に腕の運動だけに特化し訓練する…

ギターのフォームを変えるならそのフォームを習得している人に週一でチェックしてもらうのがベスト

ギターのフォームに悩み、思い切って変えていこうとしている人はかなりいると思います。 その際に重要なことは、まず目指すフォームについてきちんと理解している人に教わることです。 「そのフォームで弾いている人」ではなく、「そのフォームをきちんと理…

ピッキングは完成したが親指のリハビリが長引きそう…

ピッキングが完成し、ピッキング研究は完全に終わったのですが、一つ問題が。 これまでいろんなピッキングを試しすぎて親指がちょっと馬鹿になってしまいました。

ピッキングフォームが完成したらピッキング能力がいっぺんガタっと落ちた

ある程度ギターをやっている人ならわかると思いますが、フォームを変えるとプレイの能力が一度ガタっと落ちます。 それはそのフォームがダメなのではなく、今までやっていたことをリセットする過程で体や頭が混乱するからです。 それでもフォームを変えるの…

ピッキング研究が終わったら熱が出た

先日、3年半にわたるピッキング研究が終わったと宣言しましたが、その翌日から謎の疲労が出て、熱が出ましたw 風邪っぽいんですが、風邪の心当たりがどこにもないので、たぶん、安心したことで知恵熱みたいなものが出たんでしょう。 それと同時に、近年味…

新しいピッキングが好評

先日ようやく完成した新しいピッキングをレッスンで教え始めていますが、かなり好評です。 全員が口を揃えていうのが「音がでかくなった」。 もちろん強く弾いているのではなく、このフォームに変えた途端にそうなるのです。 自分だけじゃなく、初心者でもあ…