【広告】

フォーム、脱力、楽器の身体操作

身体操作は「できた」か「できない」かではかるものではない

身体操作またはそれに準じたトピックについて、「できた」「できない」の二元論で語っている人がよくいます。 これは大きな間違いです。 何が間違いかというと、一度「できた」ならそこで完成だと思っている点です。 例えば、エレキギターのピッキングでよく…

ギタリストは右足が固い? ギターを弾く際の足の緊張について

先日、ギターを弾いているときにふと右足が緊張していることを発見しました。 今まで全く考えもしなかったし気づきもしなかったのですが、ギターを弾き始めると確実に右足に緊張が走っているのが分かります。 そして一旦手を止め、注意深く緊張を解き、そし…

ベストなフォームを探すときの僕のやり方

ベストなフォームを探すときの僕のやり方をご説明します。 ただし、このやり方を採用する場合は、すべての音楽活動を一旦停止する必要があるのでそこら辺は自己判断でお願いします。 まず自分にとって1番良いと思われるフォームを模索します。 そして、「こ…

楽器を弾いていて痛みが出たらそれが「答え」なので、後は簡単

楽器を弾いていて、どこかが痛くなったとします。 その痛みは、自分がやってきたことのひとつの「答え」です。 もちろんそれは、何かが間違っていたという意味です。 さて、日本人は失敗恐怖症ですから「自分のやっていたこと間違っていた」とわかると必要以…

左利きだけど右で弾くギタリスト、ベーシストが留意すべきこと

今まで何度か、左利きだけど右で弾くギタリストからアドバイスを求められたことがありました。 内容は概ね、このままでいいのか、レフティモデルで弾いたほうがいいのかどうか、です。 これまでは、あれこれ考えても結局わからなかったので「わからない」と…

演奏活動をしながらフォームの矯正は不可能です

何度か言っていると思いますが、改めて、演奏活動や音楽活動をしながら演奏フォームを矯正したり改善させたりする事は不可能です。 なぜなら、フォームの改善とは、ある一点の関節や筋肉の使い方を改善するだけでなく、腕全体、姿勢全体、そして意識に至るま…

腕の自然な状態を楽器のフォームに置き換えてみる

今さらですが、楽器のフォームはできるだけ自然な状態をキープするべきです。 そのためには、身体の各パーツ、特に肘から指先までがどうなっていれば「自然」であるかを理解する必要があります。 自然をリラックスといいかえてもかまいません。 実は、肘から…

脱力してギターが弾けていると思い込んでいるのは、力みが常習化しているだけ

人はおおむね、自分ではリラックスして弾けていると勘違いします。 明らかに力んでいるフォームで弾いている人でも、楽だとか、力は抜いていると言います。 それは、力みが常習化し、当たり前になっているだけです。 例えばギターだと、親指を曲げて弾くピッ…

ギターを脱力して弾くために、誰でもできるふたつのこと

このブログを読んでくださっている方は、少なからず脱力に興味があると思います。 もちろん、キーは身体操作なのですが、それ以外にも脱力するために誰でもできることがあります。 それは、 ・堅めのピックを使う ・細い弦を張る です。 堅めのピックを使う …

ギターにおいて脱力は大事だが、脱力せず汚く弾いた方がいい場合もある

僕は日々脱力の方法を研究したり実践したり教えたりしていますが、別にこれがギターの奏法における絶対的概念だとは思っていません。 例えば、脱力するためにはピックを柔らかく持って、弦に深くあてずにかするようにヒットさせ、ピッキングの軌道を一定にし…

癖とは、突き詰めれば「意志」の問題

インストラクターとして、癖については人よりもかなり踏み込んで考えています。 自分はもちろん、他人の持つ癖を矯正することもよく行うので。 で、突き詰めていくと、癖というのは身体的な概念ではなく、当人の「意志」の問題であるということがうっすらと…

癖を矯正する方法(エレキギター)

ギターを弾いている際の癖を矯正する方法を書いておきます。 まず最初に、理想とされるフォームや奏法を知っておく必要があります。 このときはこうなるべきだ、でもそうなっていない、という問題があればそこに癖が潜んでいると考えるべきでしょう。 癖がな…

ギターを弾く際、人が無意識的に行っていること、その矯正

ギターを弾く際、人は無意識的に次のふたつのことを行ってしまいます。 ・弦を必要以上に強く押さえようとする ・ピックを必要以上に深く弦に当てようとする プロアマ問わず、このふたつの現象は、演奏中必ず無意識的に起こります。 なぜそうなるかというと…

ギターの演奏フォームを変えるということ

ギターで今現在弾いているフォームを完全に新しいものにしようとすると、一旦音楽活動を停止する必要があります。 なぜなら、どれだけ新しいフォームで練習しても、いざライブやレコーディングで演奏すると、絶対に従来のフォームで弾いてしまうからです。

力みの原因は力んでいる箇所にあるとは限らない

速弾き研究をしていて発見したことが、力みの意外な原因です。 例えば、ある箇所でピッキングがどうしても詰まってしまうことがあり、よくよく注意してピッキングを観察してみると、その箇所で一瞬力んでしまっていることを発見しました。 それが分かったら…

ギターを正しいフォームで弾くと、腕の筋肉はほぐれていく

ギターのメンテを済ませ、新しいアンプも導入し、速弾き研究を再開しています。 改めてイングヴェイのトリロジーを。 今日は主に右手首の角度を探っていました。

脱力という運動はない 脱力を「できた・できない」で考えるのは無意味

脱力という運動はありません。 あるのは、脱力している状態です。 そして、その状態は刻一刻と変化します。

誰かのフォームを真似ることの危険性

誰しも最初は、憧れのギタリストのフォームを真似たりします。 しかしそれはけっこう危険な行為なのです。誰しも最初は、憧れのギタリストのフォームを真似たりします。 しかしそれはけっこう危険な行為なのです。

ギターのフォームを変えるチャンスは年々少なくなるので、初心者のうちにフォームに取り組んでおくべき

つい最近、僕の右手のフォームが変わりました。 ほぼ無意識ですが、半ば意識的に変えたところもあります。

改めてギターでの「脱力」とは?

久々ですが、改めて「脱力」について明記しておきます。 定期的に勘違いされる方が出てくるので。

ギターと体格 手が大きく力が強い人がギターに向いているというわけではない

これもちょいちょい言ってることですが、ギターに有利な体格というものはありません。 手が大きければ有利なわけでもないし、小さいから不利というわけでもありません。 全て一長一短です。

手が小さいからとギターを弾くのを躊躇している方、向いてないと悩んでいる方へ

いまだに、「自分は手が小さいからギターに向いていないのでは・・」というお悩みを聞きます。 その都度、手の大きい小さいは全く関係ないと力説してきました

改めてギタリスト身体論

僕のデビュー作(?)「ギタリスト身体論」が先日amazonで品切れになってました。 恐らく原因は、フラメンコギタリストの沖仁さんが読んでツイートしてくださったことだと思います。