八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

フィンガリング(運指)

3FWTには腱鞘炎予防と演奏性向上が折り込み済み、だから効果がある

9年ほど前に出版した「ギタリスト身体論」で、「3FWT(3 finger with thumb)」というフィンガリングのフォームを提唱しました。 ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー 作者: 八幡謙介 出版社/メーカー: 中央アート出版社 発売日: 2009/10/02 メディア: …

ギターのフィンガリング(運指)が詰まるのは流れに問題があるから

ギターの運指がうまくいかない、あるポイントでどうしても詰まってしまうという場合、ほとんどの人はその箇所をどうにかしようとします。 それで解決するケースもありますが、多くの場合はどうにもなりません。 なぜかというと、問題はその前にあることが多…

同弦上での激しい移動の際は目線に気を付けるとうまくいく

例えば、1弦を〈21 19 17 16・ 19 17 16 14・ 17 16 14 13〉と動いていくとします。 このとき、左手がうまくついてこないというケースが多々あります。 特にテンポが上がっていくともつれやすくなりますよね。 そんな場合は目線に気を付けましょう。 最初の…

ギターの演奏でタイムがずれるのは体感と運動が一致していないから

こちらの記事はあくまでジャストで弾きたい人や、ジャストで弾かないといけない場合についてのアドヴァイスです。 僕個人もジャストは推奨していませんし、タイムがずれることは何の問題もないと考えます。 ただ、どうしてもジャストを目指さないといけない…

速弾きのフィンガリング(運指)を劇的に軽くする方法

速弾きでピッキングはおいつくけど左手の運指(フィンガリング)がどうも遅れるという方へ。 左手を軽くする方法は二種類あります。 1、親指をネックから浮かせて弾く。 別名高崎晃スタイル。 親指をネックから完全に外して(浮かせて)弾くと、驚くほど軽…

速弾き練習でゆっくりから弾かないといけない理由

速弾き練習でよく「ゆっくりから弾く」とレクチャーされたりします これについてはいろんな解説があるでしょうし、僕も以前何度かブログに書いたと思います。改めてもう一つゆっくりから弾かないといけない理由を述べておきたいと思います。 フォームが未完…

指先からの脱却 ギターの運指はいかに腕全体を使っていくかが勝負

ギターの運指の話です。 運指は指をどのように配置するか、どうやってポジションを移動するか、そしてどのように弦を押さえるかが重要です。 初心者の方、運指が苦手な方は、おそらく指先だけに神経が集中しているのだと思います。 指先だけで運指をしている…

弦高の高さを無効にする押弦法

ギターは弦高が高いと弾き辛くなります。 なぜかというと、弦からフレットまでの距離が遠くなるからです。 その分、一度押さえるまでにほんのちょっと時間がかかり、左手が忙しくなるので弾き辛く感じるのでしょう。 しかし、これを無効にする押弦法がありま…

ビブラートが苦手な人はたぶんこうやってるから直してみよう

意外とビブラートが苦手な人も多いと思います。 苦手とは思っていないけど、なんか手が固まるとか、あるいはビブラートをかけるのを”忙しい”と感じる人もいるでしょう。 で、細かい音符ではビブラートをついかけなくなってしまい、全体的に演奏がのっぺりし…

ビブラートについて改めて考えてみる

とある生徒さんが、ちょっと難しめのソロを弾けるようになってきました。 そうなると急に気になるのがビブラートです。 タイムやチョーキングのピッチがかなり合ってきたのに、ビブラートがないと、せっかくの演奏にまったく魅力が感じられません。 というこ…

音楽である以上、最高のピッキング、フィンガリングというのはありえない

「最高の○○」みたいな謳い文句はどこにでもありますが、ギター(と他の楽器)の奏法において、それはありえません。 「最も合理的な」なら存在しますが、その合理的な奏法が音楽にそぐわないから使えない、という場合は多々あります。 日本人は、合理性と芸…

エレキギターにおける二種類のフィンガリング(運指)

エレキギターには、二種類のフィンガリング(左での弦の押さえ方)があることを最近発見しました。 それは、「ベタ指」と「立て指」です。

ギターでコードが苦手な人は親指をチェック

ギターでコードを弾いていると腕がすぐ疲れるという人は、左手の親指をよく観察してみましょう。

ギターの押弦は弦がびびるぐらいがちょうどいい

ギターの押弦は、弦がびびるぐらいがちょうどいいです。 それだけ、最小限の力に近いところで押弦できている証拠だからです。

ギターの左手は親指が命

ギターの左手、運指について。 拙著でも再三述べていますが、一番大事なのは親指です。 運指が苦手な人は、親指が1カ所に固まっていることがほとんどです。

ギターのフォームについて一番大事なこと

それは、ギターに身体を合わせるのではなく、身体にギターを合わせるということです。

エレキギターのダメなフォーム

いわゆるクラシカルフォームで弾くために左肩をぐっと下げて左手の自由度を確保するやりかた。

ギターの運指について、一度考えてほしいこと

左手をいわゆるクラシカルフォームにして、指をがばっと開いて弾いている人はまだまだ多いと思います。

ギターで左手のミュートがちゃんとできているかどうか確認する方法

まず、なんでもいいので、リフを弾きます。 このとき、たとえリフが全て単音でも、毎回右手は全部の弦を弾きます。 一度原曲のテンポで弾いてみましょう。

ギターの運指を劇的に軽くする方法

あるフレーズを練習しているとします。 左手が追いつかない場合は、親指が固まっているか、弦を強く押さえすぎかのどちらかです。

ギターの運指が追いつかない人は左手の親指をネックにぎゅっと押さえつけているはず

先日とある生徒さんが来られて、前から練習している曲のリフがどうしても弾けないです、と相談されました。 で、弾いてもらうと、すぐに原因が分かりました。

ギターの運指が固いかどうかを判別するための実験

とりあえず、次のフレーズを弾いてみてください。 見方は、<弦/フレット(指)> 3/7(薬) 3/5(人) 4/7(薬) 3/5(人)

指を動かさなくても指は動く

禅の公案のようなタイトルですが。 ギタリストならずミュージシャンのほとんどは、指を動かすから指が動く、指を動かさなければ指は動かないと思っています。