サウンド

ギターのサウンドはオケの中で作っていくのがベスト

このブログでも何度も書いていますが、ギターのサウンドは1人で作るよりもオケの中で作っていくと良い音になることが多いです。 バンドならリハーサルの時、DTMならオケを鳴らしながらその中でギターを弾いて音作りをしていきましょう。 そうすると自然とオ…

ピッキングの抜けを確認するためにラインで録音してみよう

エレキギターを弾いていて、自分のピッキングがどれぐらい抜けるかを確認するには、マイクよりもラインで録音する方がわかりやすいです。 ちなみにこの場合の「抜け」とは、機材のセッティングや音作りではなく、あくまでピッキングのタッチでどれぐらい抜け…

カッティングの練習をするときはラインとマイク両方で録音して比べてみるべき

カッティングの練習をしている人は多いと思います。 一生懸命練習して、そろそろ良くなってきたかなと思い録音して聞いてみると、イメージとのギャップに絶望するということも多々あるでしょう。 しかし、カッティングに関して言うと録音した演奏が「ありの…

目当てのギターの音をYouTubeで確認するときのポイント

欲しいギターがあるけど、どうしても近くには売っておらずネットで買わないといけない場合、とりあえずはYouTubeで検索して出てきた動画を見てみると思います。 それである程度イメージはつくと思いますが、気をつけないといけないのは、動画は必ず加工され…

ミュージシャン目指している若い子は機材買う前にいいスピーカー買え

今の若い子で、iphoneでしか音楽を聞いたことがないという人もけっこういるとか。 それを見越してか、J-POPの曲もiphoneで一番すっきり聞こえるようにミックスされているようです。 実際いくつかの曲(最近のもの)を複数のスピーカーで聞き比べてみると、ip…

サウンドをエクスキューズに使ってはいないか? 音がよければ後はどうでもいい、という風潮

当たり前ですが、ミュージシャンは音にこだわります。 それはもう、常人では考えられないほどこだわります。 しかし、そうした音へのこだわりがエクスキューズになっていることが多々あるのではないかと思う節もあります。 例えば、先日の記事で、本番中にサ…

ロックギターは”いびつ”さをきちんと感じ取って弾くことが大事

最近は基礎練習を一通り終え、実践編として好きな曲をやる生徒さんもまた増えてきました。 で、課題曲のガンズやエアロなどを改めて聴き、コピーしてみると、原曲の演奏にある”いびつ”さをちゃんと汲み取って再現することが重要だと再確認しました。

いい音を得るためのふたつの方法

エレキギターなど、マテリアルの多い電子楽器でいい音を得るために、ふたつの方法があります。 ひとつは道具を変えること、もう一つは身体操作です。 例えば、カッティングでシャープな音を出したいという目標があったとします。 そこで、ピックやピックアッ…

ピッキングと歪みの関係 ハードピッキングで歪ませるか、ソフトピッキングで歪みを抑制するか

歪みをピッキングでコントロールする際、2通りのアプローチがあります。 ひとつはアタックの強いピッキングによる歪みの増幅。 もうひとつは、ソフトピッキングによる歪みの抑制。

ギターの音作りは一人でやっていても意味がない

多くのギタリストは、ライブやレコーディングに向けて、自宅であれこれ機材を組み合わせ、 音作りをすると思います。 よし、完璧だ!と確信した音をいざ現場で出してみると、ぜんぜん違った聞こえ方でがっかりした、という経験は誰しもあるはずです。

パット・メセニーと機材の話

以下はB音大でのセミナーで実際にメセニーが話していたことです。 メセニーはある時期まで機材に徹底的にこだわっていて、自分の機材じゃないと絶対に演奏しなかった。

ギターの音抜けについて 「抜け」とはサウンドではなく「状態」である

電子書籍にも書いたことですが、ギターの「抜け」について再度僕の考えを述べておきます。 抜ける楽器はない よくギターの売り文句で「最高の抜け!」とか「これほど抜けのいいギターはそうそうありません」みたいなのがあります。 これは、楽器それ自体が「…

歪ませすぎずにザクザクした音でギターのリフを弾く方法

めちゃくちゃ歪んでいるわけでもないのにやたらとリフがザクザクしてかっこいいギタリストがいますよね。 そんな音を出すためにあれこれ機材を買っている方……実は機材の問題ではないのです。

自分がギターの音を作っているという自覚を持つ

僕は仕事柄、いろんな弾き方を試します。 そこで思うのが、つくずくギターの音は自分が作ってるんだなあということです。 いい音も、悪い音もです。 もちろん、機材のポテンシャルもありますが、定価で7、8万ぐらいのギターならちゃんと弾けば良い音が出ます…

バンドで抜けるギターサウンドの作り方 ヴォーカルとの兼ね合い

以前、バンドで抜ける音を作るためにはアンプのローを削りましょうとご説明しました(下記リンク参照)。 ローを削るとちょっとペラい音になりますが、バンドではベースがその帯域を担当してくれているので問題ありません。 また、一人で音作りをするのをや…

ギターの音の太さについて 「太い音」には2種類ある

ギターの音の太さについて考えていて、一般的に言われる「音が太い」には2種類あることが分かりました。 ・音に芯がある ・音像が分厚い 前者はストラト、後者はレスポールに代表されます(もちろん、誰が弾いてもそうなるのではなく、ちゃんと楽器のポテン…

ギタリストは太い音より抜ける音を目指そう

ここ数日、太い音について考えていました。 何をもって太いとするのか? 誰もがこぞって太い音を目指すが、音が太いと何がいいのか? そこでふと、あることをすっかり忘れていることに気づきました。 そう、アンサンブルです。

改めて、エレキギターの「鳴り」について

拙著「エレクトリックギターの嘘」にも書いて、レビューで非難囂々となったのですがw僕はエレキギターの「鳴り」は存在しない、あっても確認できないという立場を取っています。 理由は、

エレキギターの生音ほどどうでもいいものはない

時々、エレキギターの生音について、あーだこーだといった意見を聞きます。 やれ生音が大きいだとか、鳴っているだとか。 冷静に考えてほしいのですが、エレキギターを本番で生音で弾くことは一切ないし、生音で録音することもないのです。

今聴いている音は絶対に出ない サウンドは常に変化する

エレクトリックギターの場合、今アンプの目の前に立って聴いている自分の音は、ライブでもレコーディングでも絶対に出ません。 例えば、今出している音をマイクで録りモニターで聴いてみると、もう違う音になっているはずです。 マイクやスピーカー(アンプ…

サウンドと場 場が変わるとギターの音も変わることを知ろう

前回、サウンドとアンサンブルの関係をお話しましたが、今回はサウンドと場。 ギターエッセイでも書いたことですが、場によってサウンドは変化します。 ある程度ライブ経験がある人は、ハコによって音が違うことを体感的にご存じかと思います。

ギターの音作りの基本

何度も言ってますが、ギターの音作りの基本は、「オケ(アンサンブル)に混ざったときにどう聞こえるか?」です。 バンドならバンドで音を出したときにどう聞こえるか、DTMならオケに混ざったときにどう聞こえるかをシミュレイトするのが「音作り」です。 一…

SUGIZOさんのインタビュー記事

このSUGIZOさんのインタビュー記事が色々と面白い。 Electric Sound Products 読みにくいですが。 特に、「新しい弦のあのまやかしの艶が嫌い」という意見にははっとさせられました。

ギターの音を太くするためにピックアップを下げてみる

ある仮説を思いついて、久々にストラトのピックアップの高さを調節。 仮説とは、<ピックアップを下げる→音が小さくなる→その分アンプのヴォリュームを上げられる→音が太くなる>というもの。 結果としては、狙い通りになりました。 まだ微調整が残っていま…

シングルコイルの手、ハムバッカーの手

ここ1年ぐらいで、ギター動画を観ていると「ああこの人はシングルコイルの手だな」とか「ハムバッカーの手だな」というのが分かるようになってきました。 それぞれのギターをきちんと弾きこなすためには、全く違うピッキングが必要となります。

音作りという愚行 ギターのサウンドはあらゆる条件で変化する

電子書籍版の教則本(下記参照)にも書いてますが、 音作りほど虚しい行為はありません。 というのは、サウンドは、 アンサンブル 場所 気温・湿度 でびっくりするほど変化するからです。 また、レコーディングならミックス・マスタリングでまったく異質な音…