八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

コード、ヴォイシング、伴奏

ヴォイシングって何? ギターにおけるヴォイシングとは

音楽用語でヴォイシングというものがあります。 ギタリストは意外と知らない人もいたり、名前はしってるけど具体的に何のことなのかわからないという人もいるでしょう。 ヴォイシングの特徴を簡単に説明すると、以下三点になります。 1 音の並びを変える 2…

ギタリストはできるだけ早くにオープンコードから脱却しよう

レッスンをしていると、オープンコード(ローコード)しか知らない人が意外と多いことに気づかされます。 実はこれ、エレキギターではかなりもったいないし、色々問題も起こってきます。 そもそもオープンコードってエレキギターで弾くコードではないし(エ…

ハーモニーの機能の中にジャンルを探すのは間違いの元

時々、非ジャズギタリストが「○○のコードで△△のスケール弾いたらジャズになる」みたいなことをいっているのを見かけます。 そういうのを見ると僕は『やべーな、こいつ…』と感じます。 なぜかというと、ジャズというジャンルがハーモニーの機能から生まれてい…

いいバッキングをしたければソロをとことん練習するべし

僕はレッスンで、あまりバッキングを教えません。 というのは、バッキングの上達のためにはソロの充実が不可欠だからです。 バッキングは、それだけでは存在しません。 必ず歌やメロディ、ソロのために行います。 そして、いいバッキングをしようと思ったら…

ギタリストは引き算のヴォイシングを学ぼう

コードヴォイシング(和音の組み合わせ)は、ついつい「足し算」で行ってしまいます。 しかし、ギターの場合、求められているヴォイシングは「引き算」のヴォイシングです。 単純に、「足し算」のヴォイシングではピアノには絶対に適いませんし、それに、リ…

ギタリストに一番必要な能力はヴォイシングの幅

ギタリストに一番必要な能力とは何でしょうか? 速弾き? アドリブ? グルーヴ感のあるリフ? カッティング?…… 確かにそれらも求められていますが、僕が思うのは、「ヴォイシングの幅」であると思います。

歌伴(歌の伴奏)のためのギターヴォイシングの作り方

以前歌伴をやっていたときに編み出した(?)ヴォイシング。 まず、コードにメロディの音を必ず入れるようにします。

ギタリストのための、ひとつ上のコードヴォイシング

言うまでもなく、ギターは最大で6つの音が使えます。 が、これまた言うまでもなく、全部をジャーンと弾くと、レンジが広すぎて持てあますことがあります。

ギターでコードを押さえるのが苦手な人はまずルートだけ弾いてみよう

ギターを初めて、コードでつまずく人は多いと思います。 形が覚えられなかったり、うまく押さえられない、指が届かない、音がちゃんと出てくれない……。

ギターでコードが苦手な人は親指をチェック

ギターでコードを弾いていると腕がすぐ疲れるという人は、左手の親指をよく観察してみましょう。

コード進行を勉強するなら最新の楽曲を耳コピしてみよう

コード進行を勉強したいという人がいたら、僕は「最新の楽曲からコピーしてみれば」とアドヴァイスするでしょう。