コラム

「本気」の証明としての暴力・暴言について考察してみた

日野皓正児童虐待(ビンタ)事件については、元ジャズミュージシャン、そしてギター講師として考察してきました。 僕の見解は過去記事の通りですが、ひとつだけずっとひっかかっていたものがあります。 それは、「本気」の証明としての暴力・暴言についてで…

<逸脱>した若きジャズミュージシャンへ、39歳の元ジャズミュージシャンより

日野皓正児童虐待(ビンタ)事件について何度も書いてきましたが、この事件…というよりは渦中の中学生ドラマーに対する僕の”気持ち”は一切公にしてこなかったので、(たぶん)最後にそれを述べておきます。 以下は単なる僕の気持ちであり、事件に対する客観…

日本人が文化に接する際に持つ奇妙なダブルスタンダードについて

以前にもどこかで書きましたが、日本人は様々な国内外の文化に対して奇妙なダブルスタンダードを持っていると僕は考えます。 自国の文化は国内外どこであろうと「日本的」であることを求めつつ、外国の文化が日本に入ってきたときにはその国の独自性を認めず…

日野皓正児童暴行事件について 音楽的質問への回答

僕は基本的にツイッター上では議論しないようにしているのですが(収集つかなくなるため)、本日 @meemee_hitsuji3さんから核心を突いていると思われるリプが来、スルーするのももったいない気がしたのでご本人の許可を取った上で引用、返信し皆さんと共有し…

ジャズにおける日野皓正の価値について元ジャズミュージシャンが本音で語ってみた

一連の報道で日野皓正というジャズミュージシャンをはじめて知ったという人は多いと思います。 ただ、この人が具体的にどういったアーティストで、どういった価値があるのかは熱心なジャズファンかジャズミュージシャンでないかぎりなかなかわからないと思い…

日野皓正児童虐待(ビンタ)事件について元ジャズミュージシャンが考えてみた 追記

前回の記事の追記です。k-yahata.hatenablog.com 本記事は上記記事をご理解いただいているという前提で進めていきます。 未読の方はお手数ですがご一読ください。 ビッグバンド形式での<逸脱>は正当か? 確かに、ビッグバンド形式ではよりかっちりしたアレ…

日野皓正児童虐待(ビンタ)事件について元ジャズミュージシャンが考えてみた

ジャズトランペッターの日野皓正がコンサート本番中に舞台上で中学生のドラマーからスティックを取り上げ、さらに往復ビンタという暴行に及んだ件について、元ジャズミュージシャンという立場から考えてみました。 headlines.yahoo.co.jp 日野の行為が児童虐…

バンドが成功する原因はわからないが、バンドが失敗する原因ははっきりしている

バンドが成功する原因はそれこそバンドの数だけあるでしょう。 実力、運、ルックス、プロモーション、時代、コネ……。 何をどうすれば成功するという法則はないと思います。 しかしバンドが失敗する原因ははっきりしています。 それは、全員が内向きであるこ…

エレキ(ギター)は不良と言われ、学校で禁止されていた時代があるって知ってました?

今や完全に市民権を得て、誰が弾いていても全然おかしくないエレキギター。 それこそオタクだろうが女性だろうが、サラリーマンやおじいちゃんがエレキギターを普通に弾く時代です。 しかし、かつては「エレキ(ギター)は不良」とレッテルを貼られ、担いで…

音楽の”味”を理解するためには音楽的教養をつけるしかない

音楽は単なる物理現象ではなく、そこに言葉や物理的概念では説明不可能な”味”があります。 そういった”味”を理解するためには音楽的教養をつけるしかありません。 といってもどこかできちんと学ぶ必要はなく、沢山の音楽をできるだけ先入観なしに聞くだけで…

「ステージ上での失敗を顔に出すのはアマチュア」というけど、顔に出してる方が逆に盛り上がったりもする

よく「ステージ上で失敗しても何食わぬ顔で続けないといけない。『間違っちゃった(テヘペロ)』みたいな顔をするのはアマチュアかそれ以下」という意見があります。 僕も基本的にはそれに賛成です。 けど一方で、失敗して思いっきり動揺しながらテヘペロし…

良くも悪くも他人の評価は当てにならないから、客観的に自己評価できる自分になろう

長年何かを続けてきて、他人の評価にさらされる状態にいると、人が下す評価というものは良くも悪くもつくずく当てにならないものだと感じます。 なぜかというと、評価には必ず政治が介入するからです。 いくつか例を挙げてみましょう。 例えば今話題のアーテ…

曲を作るときはまず仮タイトル(ガチタイトル)をつけてから

インストの曲や、まだ歌が入っていない、あるいは歌を入れる予定がない曲を作曲するとき、メインとなるリフやメロディー、サビなどから膨らませていく人は多いと思います。 あるいは「今回はこういうリズムを使おう」「こういうジャンルにしよう」というとこ…

歴史的作品の価値が分からなければ、自分が未熟だと思っておいた方がいい

すでに歴史的価値を付与された作品があり、試しに触れてみたところ全然良いと思えなくて困惑したという経験は誰しもあると思います。その時に二通りの反応があります。一つは自分がその作品を鑑賞するレベルに到達していないからわからなかっただけという考…

奏法や理論のレクチャーは、自分ができること、わかることを書いても伝わらない

ブログなどで奏法や理論についてレクチャーしている記事があり、目にとまると一度は読んでみるんですが、たいていはがっかりしてしまいます。 なぜかというと、ほとんどは「自分ができること、わかること」しか書かれておらず、「読者ができるように、わかる…

昔の音源をyoutubeにupしました

昔つくった音源をyoutubeにupしました。 正直、音は悪いですが、よかったら聴いてみてください。 最初にupしたときになぜか音割れがひどかったんですが、修正済みです。 こちらは2007年に作ったソロギターアルバム。 Joe Passの影響が見え隠れしてます。…

「褒められる」がモチベーションだと後々苦労するだろうから僕はやらない 2

「褒められる」がモチベーションとなってしまうと、教室外での活動を始めた途端潰れてしまうかもしれないと前回書きました。 k-yahata.hatenablog.com では講師はどう教えればいいのでしょうか? また、生徒はどういう気構えで習うべきなのでしょうか? 個人…

「褒められる」がモチベーションだと後々苦労するだろうから僕はやらない

「褒めて伸ばす」という教え方があります。 確かに、誰でも褒められると嬉しいし、嬉しいとモチベーションが湧いてきます。 短期的なレッスンや、子供を対象としたものならそれでもいいのかもしれません。 しかし、対象が大人でしかも長期的なレッスンを視野…

マーチン(Martin)のアコースティックギターが僕に語りかけてくること

いいギターは、必ず弾き手に語りかけてくる。 時に優しく、時に叱咤するように。 優しい女性のように囁いてくることもあれば、頑固親父のように怒鳴ってくる時もある。 マーチンのアコースティックギターは、間違いなく頑固親父だ。 先日も少し放っておいた…

歌詞の中のキーとなるワードでメロディーが上昇していると、相乗効果で楽曲が耳に残りやすくなるのではないか?

最近ふと気がついたことで、ちゃんと統計をとって調べたわけでは無いのですが。 ある曲を聴いていて、どうしても毎回もやっとしてしまう箇所があり、なんでかなと考えてみると、キーワードとなる歌詞の部分でメロディーが下がっていることが原因ではないかと…

習い事をしている人は先生と仲良くなりすぎないようにしたほうがいい

比較的真剣に習い事をしている人は、今習っている先生と仲良くなりすぎないように気をつけたほうがいいです。 何故かと言うと、先生と仲良くなりすぎることで、今後の自分の変化にブレーキがかかる可能性があるからです。 例えばある先生にしばらく習ってい…

今のギターキッズは何かをすればすぐに見識のある人が飛んでくるからかわいそう

今のギターキッズや楽器を始めたばかりの人たちは、何かをすればすぐ見識のある人が飛んできてあれこれと教えたり、ときには説教したりしてくる状態にあります。 SNSや動画で初心者なりに楽しみたいだけなのに、ちょっと長くやってる人が訳知り顔でしゃしゃ…

ギター教室へのインフラについて改めて感じたこと 動画は必ずしも集客にプラスにはならない

ギター教室へのインフラ(僕のギター教室を見つけ、入会してもらうまで)について改めて、ひとつわかったことがあります。 それは、わかりやすくて役に立つレッスン動画はむしろ潜在的入会者の足を止めるということです。 昨年あたりから僕のYouTubeチャンネル…

プレイヤー時代に実際にされたこと

ギターの演奏を中心に活動していた時にお店やミュージシャンから実際にされたことを書いてみます。 ある程度演奏経験のある人はきっと同じ経験をしているのではないでしょうか? これからやっていくぞという人はどこかで同じようなことをされる可能性があるの…

何らかの活動をしていると必ず起こる出来事を挙げてみる 2

前回の続き。 k-yahata.hatenablog.com 4、ステルス結婚発表 先日のAKB48選抜総選挙では無いのですが、一緒に活動しているメンバーが突然結婚発表し活動から身をひくことがあります。 先に言っておいてくれれば何も問題は無いのですが、こと結婚に関しては…

嫌いな曲は飛ばさずにコード進行のサンプルを採取するつもりで聞こう

ミュージシャンを目指している人でも好きな曲、気に入った曲しか聞かないという人はかなり多いと思います。 確かに、嫌いなアーティストはたいしてかっこよくもない楽曲を聞く気にならないのはわかります。 しかしそれだとミュージシャンとしての幅が広がら…

須藤凛々花が結婚宣言により起こした革命 りりぽん叩いてる人、こないだまでAKBとファン叩いてなかった?

2017年6月17日に開催された第9回AKB48選抜総選挙において、NMB48の須藤凛々花(以下りりぽん)が結婚宣言をし、ファンはもちろん、マスコミ、芸能界、ネット界隈が大騒ぎとなりました。 www.huffingtonpost.jp 現時点で丸二日経ちましたが、この騒動はまさし…

新しいものに触れたとき、それを掴みに行く人、取り込もうとする人

自分が見たことも聞いたこともないような物事に触れたとき、人はニ種類の反応を示します。 対象を掴みに行くか、取り込もうとするかです。 結論から言うと、前者は成長する可能性を大いに含んでいますが、後者は何も変わりません。 「対象を取り込む」という…

成功体験しかないということがどれぐらい怖いか図にしてみた

失敗をしたくないという人はたくさんいます。 また、失敗しない人が偉い、失敗しないことがかっこいいと考える人もいます。 そこで、失敗しないことがどれぐらい怖いことかを図にしてみました。 ◯が自分です。 図1:成功しかしていない場合 図2:失敗を重ねな…

楽器店で試奏してる人のことなんか誰も聞いてないから気にしなくていい

時々ギター関係のブログを見ると、割と高確率で「楽器店で試奏できるレベルじゃないからギターが買いに行けない」みたいなことが書いてあります。 あるいは、楽器店で試奏できるレベルになるまで練習をするといった内容も。 そこで記憶をたどってみました。 …