八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

コラム

「これをしたからプロになった」はあるようでないようである

よく雑誌やネット記事のインタビューで「これをしたからプロになった」といったことがまことしやかに書かれていたりします。 基本的にそんなものはありません。 例えば、 ・1日10時間練習したからプロになった。 ・音大に行ったからプロになった。 ・海外…

あと1~2年もすればジャズだけで食ってるようになるかもしれない

ここ最近、ジャズを習いにくる生徒さんがめきめきと増えてきました。 「ジャズに人が集まらない理由」もよく読まれているようで、ジャズ界隈では読んどけリストに入っているのかなと思います。 ジャズミュージシャンやジャズ界隈との付き合いは完全に断って…

アーティストになりたい人は価値観を権威にゆだねるのはやめた方がいい

パフォーマンスであれ創作であれ、それらには己の価値観が如実に反映されます。 だからアーティストは技術や知識に加え、己の価値観を鍛えなければなりません。 いい/悪いにはじまり、ではそれらの何がいいのか、悪いのか、その価値観を自分のパフォーマン…

裕福で時間があるから楽器が上達するという幻想

先日たまたまあるブログを読みました。 内容は、中学で楽器にのめり込み、大学で挫折しその後何年かして回想したものです。 若い人らしくいろんな感情が入り交じった文章でしたが、行間から読み取れたものは、「結局楽器なんてものは裕福で時間があるやつに…

音楽はライブに行かなきゃ分からないてことは必ずしもない

音楽ではよく、「ライブじゃないと分からないことがある」「ライブと動画や音源は全く別もの」といったことがよく言われます。 確かにそういうケースもありますが、個人的には半々ぐらいだと思います。 ライブが音源の100倍いいと感じたバンドもあれば、…

音大・音楽専門学校を卒業することとプロになることはほとんど何の因果もない

先日質問箱でも簡単にお答しましたが、音大や音楽専門学校を卒業することとプロのミュージシャンになることは、ほとんど何の因果もありません。 仮に音大卒、音楽専門学校卒のプロミュージシャンがいたとしても、音大(専門学校)を出たからプロになったので…

「ヘタウマ」という幼稚な言葉を安易に使う人

最近モンクにはまっていて、伝記があったので購入しました。 セロニアス・モンク 独創のジャズ物語 作者: ロビン・ケリー,小田中裕次 出版社/メーカー: シンコーミュージック 発売日: 2017/09/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る こちらはじっ…

ギター教室でこれさえやっとけば食えるようになるというポイントを教えます

ギター教室をやりたい人、やってる人で、これさえやっとけば食えるようになるよというポイントをお教えします。 それは、方法論を確立することです。 簡単に言えば、どうやったら○○ができるようになるのかを筋道立てて説明し、実演することです。 例えば、脱…

アイドル界に異変が起こってないか?

ここ数ヶ月、アイドル界に起こった出来事はちょっと異常ではないでしょうか?

SNSほぼやめたら生徒さんが急に増えはじめたけど同業者におすすめはしない

去年あたりから生徒さんが増え始め、一端落ち着いたと思ったら、今年SNSをほぼやめてからまた急に増えてきました。 音楽教室はもちろん、今どきどんな仕事でも顧客を増やすならSNSやって当たり前、教室やお店を経営していてSNSやらないなんてありえな…

今後のSNS(ツイッター、質問箱)ポリシーについて

先日3日ほどツイッターの利用を停止してみました。 目的は、ツイッターでブログをシェアしないとPVがどうなるのかを調べるためです。 結果、何故かPVは伸び、グーグルからの検索も増え、アフィリエイトも二日連続で収益が増加しました。

西洋に日本のバンドは浸透してきてるけどアイドルがイマイチ受け入れられない理由

僕はよくYOUTUBEのリアクション動画を観るんですが、日本のバンドは西洋にかなり浸透しているなーと最近感じます。 デジタルネイティブ、YOUTUBEネイティヴ(という言葉があるのか知りませんが)からしたらもう音楽に国籍や時代なんて存在しないんでしょう。…

2018年夏以降の活動ポリシーと予定

時々「○○はもうしないんですか?」「○○はやめたんですか?」ときかれるので、今後の活動ポリシーと予定をここでまとめて書いておきます。 現在 当ブログを読んでいる方はご存じだと思いますが、レッスンのかたわら、2015年3月からずっとピッキングの研…

無料コンテンツを減らしたら生徒さんの数と質が劇的に向上したという話

お気づきの方もおられるかもしれませんが、僕は近年、無料コンテンツや無料キャンペーンを減らしています。 現在無料で消費できるコンテンツはブログ、質問箱、電子書籍ぐらいでしょう。 ブログはアフィリエイトで、電子書籍は読まれた分だけAmazonから収入…

個性は伸ばすものではなく消すもの 個性を消していった先に本当の個性が表れる

よく個性は伸ばすもの、出すものだと言われます。 一方で、芸術の世界では個性を消せ、個性を捨てろみたいなことも言われます。 個人的には、何かをする際、まず個性を徹底的に消すところから入るのがいいと思います。 そんなことをすると個性のないアーティ…

ブログをメインメディアにすることの優位性

今は自分で自分を売り込むメディアを選択できる時代です。 ざっと挙げてみると、 動画 ブログ ツイッター インスタ フェイスブック これだけあります。 その中で僕はたまたまブログをメインにしてきました。 それなりに戦略もありましたが、偶然も大きいです…

他人の歴史を尊敬できない人はまず自分の歴史に敬意を払おう

年齢に限らず、他人の歴史を尊敬できない人がいます。 例えば僕に対して気軽に「なんでライブやんないんすか?」と訊いてくる人がそれです。 長年音楽をやってきて、海外も含めあちこちで演奏してきて、そして現在ストップしているという事実には必ず歴史が…

これからジャズギターを習いたい人は、先生がどのタイプのジャズギタリストなのかを見極めよう

ジャズギターと一口にいっても、多種多様なタイプがあります。 ざっくり分けると、 バップ系 コンテンポラリー系 フュージョン系 の三つがあります。 バップ系は50年代~60年代の古き良きジャズギターを得意とするギタリスト。 コンテンポラリー系はパッ…

音楽で行き詰まったらまず聴くことに立ち戻ろう 

音楽を長年やっていると必ずどこかで行き詰まります。 いわゆる壁というやつです。 そこに来たとき、多くの人は壁を壊そうとして誰かに習ったり文献をあさったり、練習や考え方を変えようと努力します。 もちろんそれも大事だし、そうして壁を壊せることもあ…

第十回選抜総選挙を観てAKBのファンやめた

2018年6月に行われたAKB48第十回選抜総選挙を観て、急速にAKBから心が離れていくのを実感しています。 なぜかというと、醜かったからです。 その醜さの原因は、1位に輝いた松井珠理奈でした。 といっても僕はアンチ珠理奈ではなく、どちらかというと好…

人に習うのに「ワンチャン無料で」みたいなことを考え、実行する人は死んでもプロにはなれない

ギターを長年教えていると、ちょくちょく「ワンチャン無料で」みたいな人が来ます。 僕の教えていることに興味がある、でもできればお金は払いたくない、もっと言えば足も使いたくない、そこであらゆるツールを使って無料でどうにか情報を得よう、教えてもら…

一生懸命やればいいものになると思っている人は、芸術を甘く見ているか単に経験が足りない

日本人は一生懸命に対する神話を持っています。 何事も一生懸命やりさえすれば結果がついてくる、成功する、というあれです。 そうならない場合はまだ一生懸命さが足りない、命をかけていない、とまで考える人もいます。 はっきりいってこれは嘘です。 一般…

心に傷をつけてまで人の能力を伸ばす必要はない

僕の世代(1978年、昭和53年生まれ)は、ハラスメントによって能力を引き上げるという指導法が当たり前に行われていました。 怒鳴る、暴力(体罰)、人格否定、脅迫、強要、果ては洗脳などなど。 そうした指導者が口を揃えて言うのは、「相手のため」…

ヴォイトレに対する懐疑 ヴォイトレってそこまで必要なの?

個人的に、歌に対してずっと興味があり、自分なりに歌とは何か的なこともブログに書いたりしてきて、教室に習いに来てくれるヴォーカリストさんもちょいちょい増えてきました。 そういえばヴォイトレについて書いたことがなかったので、今回はそこを掘り下げ…

ファン(ヲタ)は義務を全部無視すれば心から楽しめるようになる

何かのファン(ヲタ)をやっている人は、ファン(ヲタ)であることの義務を一度全部無視すれば心から楽しめるようになると僕は思います。 例えば僕はアイドルが好きですが、義務らしい義務は一切行いません。 CDを何枚も買う、ライブや握手会に行く、SNSで拡…

悔しいけど癖になるDA PUMPの「USA」

5月末あたりからネットをざわざわさせている楽曲があります。 DA PUMPの「USA」です。 www.youtube.com 「癖になる」 「全盛期のハロプロ感」 「ダサさをやりきっている」 などなどと言われていたので気になって観てみました。 うーん、確かにダサい!ww…

「自分に厳しい」は実は自分を最大限に甘やかしているだけ、だから適当にやっとけばいい

前にも少し書きましたが、人は原理的に自己否定できない生き物です。 それと同じで自分に厳しくすることも原理的にできません。 それを図式にしてみましょう。 まず<自分>がいます。 そしてその<自分>に厳しくあたる<メタ自分>がいます。 この<メタ自…

いつまでもドキドキできるのは十代の頃に接した音楽のみ

僕は今年40になりますが、この歳になって実感するのは、いつまでもドキドキできるのは十代の頃に接した音楽だけだということです。 遅くてもぎりぎり21、2歳ぐらいまでが限界でしょう。 もちろんそれ以降に聴いた音楽にドキドキしたりハマることもあり…

兵士の歌 レストレポ前哨基地 Part.1

実は僕、小学生の頃からミリオタ気質がありまして、最近なぜか再燃し、ベトナム戦争について調べたり、軍事ドキュメンタリーを見漁ったりしています。 その中でNetflixに「レストレポ前哨基地 Part.1」というアフガニスタン戦争の従軍ドキュメンタリーがある…

AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙は海外勢への”位打ち”(くらいうち)である

もはや6月の風物詩となったAKB48選抜総選挙ですが、今年2018年はなんと世界選抜となっています。 www.akb48.co.jp 今までは国内48グループのみだったのですが、今回はインドネシアのJKT48、台湾のTPE48、そしてタイのBNK48からも立候補を受け付けてい…