八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

コラム

いくら楽器も身体操作だといっても、ミュージシャン経験がない人には結局実情はわからない

ある身体操作の専門家が、ミュージシャンを集めた講習で「腱鞘炎になる人はプロ失格」と言っていました。 その先生はミュージシャンでもなく、おそらく楽器もできない人です。 その人には元々興味はあったんですが、この言葉を聞いて心底がっかりしました(…

覚悟を示せば人は自然とついてくる

芸事やビジネス、レッスン業などであれこれ工夫してるのに、どうしても人がついてこない、集まらないというケースはよくあります。 これは、突き詰めれば覚悟の問題だといえるでしょう。 実績も実力も十分、宣伝もたっぷり打ったし、横のつながりも大事にし…

アメリカの音楽は実は保守的

アメリカのロックやポップスというと、常に斬新で新しいように思えますが、 実は結構保守的だったりします。 先日革新的なギターはアメリカ人ギタリストよりもヨーロッパから生まれると書きましたが、 k-yahata.hatenablog.com 音楽自体そういう傾向があるの…

創作は「伝わらない」を前提にしないと続かない。

音楽にしろ、小説やイラストにしろ、創作というものは基本的に「伝わらない」が大前提となります。 一生懸命やれば、熱い情熱を持って行えばきっと伝わる……というのは幻想です。 仮にそうした現象が起こったとしてもそれは偶然でしかありません。 また、「伝…

バンドだけどバンドに見えない現象

先日、芸能関係で裏方をしている生徒さんとある話題で盛り上がりました。 それは、バンドに見えない問題です。 例えば、あるソロ歌手とバックバンドがライブをしているとします。 ステージセットやパフォーマンスなど、一生懸命バンド感を出しているのはわか…

ベーシストが作曲、アレンジしたときにありがちなこと

音楽って一見どの楽器奏者がつくったかわからないようでいて、じつはけっこう特徴が出ていたりします。 今回はベーシストが作曲、アレンジしたときにありがちなことを書いてみます。 グリスのためのアレンジしてる ベーシストが作曲、アレンジすると、キメキ…

聴いておくべき現代ギタリスト3選

僕は職業柄いろんな音楽やギタリストをチェックしてますが、現時点で自信をもって「これは聴いておくべき!」と言えるギタリストをご紹介します。 タチアナ・リツコヴァ Tatyana Ryzhkova 僕のブログでも度々紹介しています。 k-yahata.hatenablog.com k-yah…

ギターなんかに生活を犠牲にできないのが普通の感覚だと久々に思い知った

先日ある生徒さんが教室を退会されました。 事前にちゃんと言ってくれたし、最後まで教室に来てくれたので円満な退会でした。 理由は生活が忙しくなってきて練習時間が取れなくなったから。 「まあそれじゃ仕方ないよね」と和やかに最後のレッスンを終えまし…

型にはめたら個性がなくなるという考え方は間違い

昔から、「型にはめたら個性がなくなる」ということをよく言われてきました。 僕自身は半信半疑だったのでそこまで型にはまることを拒んだ記憶はありません。 何にせよ上達するんならなんでもいいと思っていたので。 そうして教える立場になって十数年経ち、…

松任谷由実「ルージュの伝言」の歌詞の主人公が鬼畜すぎる

宮崎駿アニメの「魔女の宅急便」の主題歌で、松任谷由実が歌う「ルージュの伝言」という曲があります。 以前から思っていたのですが、この歌詞の主人公があまりにも姑息かつ卑怯極まりないので、ここでその思いを書いておきます。 歌詞 http://j-lyric.net/a…

誰かの創造物の恩恵にあずかっているのにその対象にリスペクトがない人は、何かを創造しても中途半端にしかならない

誰かの創造物、例えば楽曲や書籍、アートなどなどをコピーしたり評論したりとその恩恵にあずかっているのに、対象を馬鹿にする人がいます。 音楽なら、あるバンドのコピーをして楽しんでいるのに、そのバンドを馬鹿にしたり否定したりする人。 こういう人は…

遅ればせながらジョン・メイヤー(John Mayer)を聴いて「ほ~」ってなった

実は僕、ジョン・メイヤーを今までちゃんと聴いたことがありませんでした。 なんでかはわかりませんが、メディア(特に日本のギターメディア)の持ち上げ方がなんか嫌で。 昔、生徒さんのご希望でコピーした記憶がうっすらありますが。 ジョン・メイヤー - W…

部屋の模様替えをしてみると音について新しい発見があるはず

先日ずっと使ってきたマットレスを交換するためにマンションの表に出してから業者を待っている間、ギターを弾いていました。 一発音を出してびっくりしました。 いつもと全然違います。 いつもよりハイがクリアになり、リバーブの感じも豊かに聞こえます。 …

スピーカーは断然中古で買った方がいい

僕は、スピーカーは絶対に中古で買った方がいいと思います。 なぜかというと、まず安い。 これは言うまでもないでしょう。 それ以外の理由としては、エージングの手間が省けること。 ご存じのように、スピーカーはエージングする必要があります。 エージング…

ラジオ体操がずっと嫌いだったがその理由はあのクソみたいなピアノだとやっと気づいた

小学生の頃からラジオ体操が大嫌いでした。 理由をちゃんと考えたことは今までなかったのですが、とにかく虫酸が走るほどずっと大嫌いで、今でもそれは変わりません。 40になっても小学生の頃と同じテンションで嫌いなので本当に嫌いなのでしょう。 最近に…

音楽のパクリを弾劾する人は、なぜ元ネタをひとつに限定し、その元ネタの元ネタを探そうとしないのだろう?

先日菅野よう子氏の盗作(パクリ)疑惑についてミュージシャン目線から書きました。 k-yahata.hatenablog.com その後ふと思ったのは、パクリ警察(音楽のパクリを血眼になって探し、弾劾する人)はなぜ元ネタ(と決めつけた作品)をたったひとつしか出さない…

菅野よう子の盗作(パクリ)疑惑について考えてみた

僕は菅野よう子氏の音楽も含めて攻殻機動隊のファンなのですが、菅野氏には盗作だのパクリだのの疑惑があるということをずっと知っていました。 個人的に盗作だろうが何だろうがそれがいい音楽ならどうでもいいし、菅野氏の音楽は好きなので一切調べたことは…

実は主観よりも客観の方に人は甘える傾向があり、しかもそれに気づかないことが多い

前回の続きです。 k-yahata.hatenablog.com 一般的に、主観は甘えで客観は忍耐であるとされます。 自分はこう思う、自分はこうしたいというのは自分に甘えているだけ、他人の意見や先輩・先達からの教えを受け継ぎ、最初は不服でも忍耐を持ってそれに耐える…

主観と客観のどちらを信じるかという問題

創作や表現などをしていれば、主観と客観のズレについて必ず悩むようになります。 自分はいいと思っているものが全然相手にされなかった、酷評された、あるいは逆に自分がぜんぜんいいと思ってないものを高評価された、などなど。 ギターならギターをはじめ…

来ない人のことを考えるより、来てくれた人のことを考えるべき

アーティストに限った話ではないのですが、ライブやイベントをやったり、教室を構えたりしたとき、ついつい来てくれた人よりも来ない人のことを考えてしまいます。 例えばキャパ100のライブで一生懸命頑張って70人入れたとき、つい入らなかった30人の…

今後インターネット上で積極的な交流はしません

2018年春にフェイスブックを退会し、ツイッターのつぶやきをやめ、10月に質問箱の利用を停止し、現状インターネット上で他人と積極的に交流するという行為を一切停止しています。 思えばmixi時代から十数年、ネットで他人と交流するということをやって…

質問箱(Peing)ってボットに質問させてね?

2018年1月からPeing -質問箱を利用してきました。 それなりに楽しく質問に答えてきたのですが、夏の終わりぐらいからちょっと気になる質問が増えてきたので、10月19日夜から一端利用を停止してみました。 その際はこのブログでもアナウンスしました…

「歌ってみた」の歌が全然入ってこない理由

時々「歌ってみた」を観るのですが、ほとんどの場合1コーラスも聴かずに消します。 なぜかというと、聞けば聞くほど疑問が生じ、歌が入ってこなくなるからです。 といっても、技術的なことではありません。

批判は受け入れるべきだが、否定してくる人からはさっさと逃げた方がいい

昨今では何でも批判的・否定的な意見をDisと呼んで一緒くたにする風潮がありますが、批判と否定は違います。 英語でも、Disrespectは批判ではなく中傷や侮辱、批判はCriticizeとはっきり言葉が別れています。

沢田研二氏が埼玉スーパーアリーナのコンサートを当日キャンセルした件について考えてみた

沢田研二氏が2018年10月17日17時から行われる予定だった埼玉スーパーアリーナでのコンサートを、当日16時に突然キャンセルしました。 後日応じた取材で、当初9千人入る予定だったのに7千人しか入らず、そのことが理由でキャンセルを決意したと…

裕福な状態から成功するのもそれはそれで簡単ではない

世間的に、貧しさの中から成功することが難しく、裕福な人が成功するのは簡単だといった印象があります。 確かに、裕福であればあるほどスタート地点でアドバンテージを持っているし、貧しいよりはいいに決まっています。 しかし、よく考えてみれば、裕福で…

今の若い子は河村隆一を知っていても、LUNASEAのヴォーカルだと知らないらしい

22歳ぐらいの子と話していて衝撃を受けたので書いておきます。 ギターを教えているというと、オススメのアーティストを教えてほしいと言われたので、最近気に入っているINORANを挙げておきました。 早速YOUTUBEでチェックし、関連動画でLUNASEAが出てきた…

ピッキングは完成したが親指のリハビリが長引きそう…

ピッキングが完成し、ピッキング研究は完全に終わったのですが、一つ問題が。 これまでいろんなピッキングを試しすぎて親指がちょっと馬鹿になってしまいました。

成功はどんなに小さく、どんなに正当でも必ず人を傷つける

人は必ず成功を目指します。 と同時に、その成功が不正からでない正当なものであるよう心がけます。 そうして正当な努力からささやかな成功を勝ち取ったとき、必ずといっていいほど他人からの悪意を受け、混乱してしまいます。 自分の成功やその過程の正当性…

自分に中身がないことを自覚しているなら今すぐ動いた方がいい

前回、最初からそこそこ弾ける人は10年ぐらいで頭打ちになると書きました。 k-yahata.hatenablog.com なぜそうなるのかというと、中身がないからです。 例えば、あるジャンルがあり、それに必要な演奏技術があります。 器用な人は、そのジャンルの匂いをパ…