八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

コラム

「理解」には2種類ある

物事の「理解」には2種類あります。 ひとつは対象を解体して自分本位に変化させる理解、もう一つは対象に合わせて自分を変化させていく理解。 例えば、自分の知らない何かに出会ったとします。 それに対して、今の自分のスキルや知識だけで対応するとします…

ギタリスト身体論3 進捗状況1

ギタリスト身体論3の執筆をしています。 現在約80ページほど書けていますが、まだゴールが全然見えません。 普通これぐらい書いたら見えてくるもんなんですが……。 書けば書くほど書くことが増えていって、ゴールが遠のいていく感じです。 といっても、教…

ツイッターやめました SNSは二度とやりません

昨日ツイッターを削除しました。 良識あるフォロワーの皆様には申し訳ありませんが、今後SNSをやることはたぶんないでしょう。 ここ1~2年、ツイッターのひどさは目にあまっており、個人的にはツイートをやめてブログのシェアだけにとどめることで距離をと…

メタルのダイナミクスについて補足

以前書いたこちらの記事について補足です。 k-yahata.hatenablog.com メタルはダイナミクスの振り幅が少ない、だからメタルばっかじゃダイナミクスに対する感性が偏るよと書いたら、「膨大なサブジャンルを持つメタルをこいつは知らないだけだろう」と言って…

音楽におけるダイナミクスがよく分からない人はこれを聴いてみよう

先日、メタルとダイナミクスについて書いたところバズりました。 k-yahata.hatenablog.com ところが、なぜか主題が全く理解できていない人がいて困惑してしまいました。 タイトルにもはっきりと「ダイナミクスに対する感性」と書いてるし、ダイナミクスが何…

カラテカ入江氏の解雇報道を見て、人脈作りの虚しさを改めて感じた

友達5000人を豪語するお笑いコンビカラテカの入江氏が、犯罪者集団の忘年会に出席し、闇営業を受けたことで吉本興業を事実上解雇されました。 dot.asahi.com その後ネットでは「人脈」の虚しさに対するコメントが多数出ました。 どこの世界でも似たよう…

メタルの弊害 メタルばっかり聴いて(弾いて)るとダイナミクスに対する感性が馬鹿になる

メタルは好きです。 中学生の頃から聴いてるし、今でも時々聴きます。 ライブもぼちぼち行ったし、これまで行った全ての音楽のライブでスレイヤーがたぶん一番良かったです。 ただ、メタルという音楽には確実に弊害があります。 それは、ダイナミクスに対す…

ブログやSNSで発掘・紹介をしている人は絶対に途中でやめてはいけない

それぞれのジャンルでまだ知られていない人を発掘・紹介するといった趣旨のブログやSNSがあります。 それ自体はとてもいいことだと思うのですが、これらのアカウントにはある特徴があります。 それは、だいたい中途半端なところでやめてしまうことです。 短…

地下アイドルの面白さにハマりつつも、それでも僕がアイドルはメジャー一択だと思う理由

最近いろんな意味で地下アイドルが面白いのですが、それでも僕はアイドルはメジャーで活動するべきだと思います。 なぜかというと、インディーズとアイドルがどうしても合わないからです。 一番それが出ているのが音源です。 はっきりいって、地下(インディ…

「俺はロックだ!」←イエーイ! 「私アイドルよ!」←は? …なぜなのか?

以前から不思議に思っていたことですが、例えばある人が「俺はロックだ!」と言っても即座に否定する人はほとんどいません。 もちろん嫌悪感を示す人はいるでしょうが、それもその人がロックだと言うことを認めた上での嫌悪感です。 しかしアイドルはなぜか…

アルバムを聴く意義 令和だからこそあえてアルバムを聴く習慣をつけよう

近年、音楽を聴くフォーマットがどんどん変化し、いまやダウンロードもやや時代遅れとなり、サブスクリプションがスタンダードとなっています。 そのおかげか、意外なところで意外なアーティストがクローズアップされ、再評価されるという現象が起きているそ…

Q-MHzプロデュース、風男塾の「Dash&Daaash」がJ-POPの教科書みたいなので作曲家志望者は聴いといた方がいい

今期アニメ「群青のマグメル」を観ていたらOPが良くて、誰だろうと思ったら風男塾という男装アイドルグループでした。 元々は中野腐女シスターズから派生した腐男塾というグループが風男塾と改名したようですが、詳しくは知りません。 中野風女シスターズ - …

「ギタリスト身体論3 ピッキングの研究(仮)」執筆開始と「ギタリスト身体論DVD」について

「ギタリスト身体論3 ピッキングの研究(仮)」の執筆を開始しました。 このブログ読者にはおなじみ(?)、2015年から4年間研究し編み出したピッキングを余すところなくお伝えします。 刊行はざっと見積もって年末といったところでしょうか。 僕にと…

渋谷系って何? 私的渋谷系論

「渋谷系」という音楽ジャンルを知っていますか? 最近何故かちょこちょこ耳にする機会が増えて、懐かしいなーと改めていくつか渋谷系に属するアーティストを聴いていました。 ちなみに、「渋谷系」とは90年代に流行したJ-POPのスタイルです。 主なアーテ…

楽器の演奏と痛み 痛みを疑問視する人と許容する人

ギターを長年教えている中で、痛みについての相談を何度も受けてきました。 そういった相談者はたいてい二種類に別れます。 痛みをきちんと疑問視できている人と、痛みを「そういうもんだ」と納得してしまう人。 痛みを疑問視できている人は、何かがおかしい…

「ハレ」の日に何かをはじめても大抵続かない

令和元年となり、このきっかけに何かをはじめる人は多いと思います。 元旦、誕生日、入学、なども同じです。 しかし、こういった「ハレ」の日に何かをはじめても、大抵続きません。 私見ですが、この「ハレ」と継続は水と油のように相反する概念です。 例え…

音楽を学ぶ上で「聴く・歌う」ということの意義

拙著「ギタリストのためのハーモニー」では、聴くことと歌うことの重要性を述べています。 これは単なる耳コピの準備ではありません。 もっと根源的な音楽的能力を培うための訓練です。 教本では曲のメロディとベースを歌うのですが、そうすることにより、ハ…

結局音楽は名盤だけ聴いていればOK

2018年あたりからオーディオをグレードアップしていく過程で、当然ながら聴く音楽も増えていきました。 音源はCDで聴きたいので、TSUTAYAの宅配レンタルを使っています。 手間が省けて便利なのと、近所の店舗にはないマニアックなものも揃えているからで…

謝罪会見と音楽 言葉に中身が伴っているかどうかは誰でも分かる、だから音楽も

泥酔して女性を暴行し、逮捕されたAAAの浦田直也氏。 釈放された直後に記者会見を開きましたが、その内容が不評を買っています。 www.nikkansports.com 「ヘラヘラしている」「悪いと思っていない」「心から謝っているように見えない」などなど、ネットもTV…

アイドル嫌いにオススメ、曲がかっこいいアイドル「Maison Book Girl」

楽器やってる人はいまだにアイドルが嫌いな人が多いと思います。 一番の理由はアイドルアイドルした容姿や楽曲でしょう。 そんな人におすすめなのがMaison Book Girl(通称ブクガ)です。 http://www.maisonbookgirl.com/ プロデューサーはサクライケンタ氏…

クリエイターに言ってはいけないこと

クリエイターにうっかり言ってしまって、その後距離を置かれてしまう言葉を列記しておきます。 下記のようなことを言わないだけで、「この人は大丈夫な人だ」と安心され、胸襟を開いてもらえる可能性があるので、クリエイターと仲良くなりたい人は覚えておき…

「ギタリストのためのハーモニー」「ギタリスト身体論」増刷について

拙著「ギタリストのためのハーモニー」が増刷されました。 CDB166 ギタリストのためのハーモニー 耳コピで学ぶオンガクのしくみ 作者: 八幡謙介,藤田哲也,ハント鈴加 出版社/メーカー: 中央アート出版社 発売日: 2011/01/25 メディア: 単行本 購入: 2人 クリ…

何かを創るときにちょっとでもうんざりしない人は手を抜いている

何かを創るとき、いろんな感情が去来します。 その中に「うんざり」がない人は、たぶん手を抜いているか、持っているものを全部出す(心の奥にあるものも含めて)方法をまだ知りません。 なぜか? 例えば僕は、新しい何かを創ったり研究したりするとき、いつ…

ゆるめるモ!に90年代のインディーズの匂いを感じる

混迷するアイドル界ですが、最近はゆるめるモ!が僕の中できています。 ylmlm.net とっかかりは今人気急上昇中のあのちゃんです。 僕の世代にはどこか懐かしい、わりと本気でヤバい人の匂いがプンプンします。 昔のバンドマンはこんな人ばっかでしたがww …

本物に触れるとは、がっかりすること。感性が磨かれてどうたらこうたらはその後

よく「本物に触れて感性を磨き云々」と言われます。 僕もずっと音楽をやってきたり、文学を読んで来たので、それを盲目的に信じ、本物と言われるものにできるだけ触れようとしてきました。 で、その都度だいたいがっかりしてきました。 例えば本物のモナリザ…

山口真帆さんの事件について、それでも秋元康が出てくるべき理由

山口真帆さんの事件について、秋元康の責任論がようやく浮上しています。 ここまで社会問題化しているにもかかわらず、秋本はなぜコメントすらしないのか? プロインタビュアーの吉田豪氏はテレビで秋本とAKSは関係ないと言ったそうです。 まあ確かに業務上…

なぜ盗作・パクりがダメなのかをクリエイター目線で考えてみた

SNSが普及してから、盗作・パクりで炎上するクリエイターを何度も目にしてきました。 最近も某絵師さんがライブペインティングしたものが別の作品の盗作で間違いないということで大炎上しているようです。 (その件については拡散する気はないのでここではシ…

3年以内に「出会い」がなければたぶんその活動では先に進めない

40年生きてきて、あれこれやってきた中でわりと確信を持って言えるのは、何かをはじめて3年以内に「出会い」がなければその先には何もないということです。 ここで言う「出会い」とは、信頼できる人、一緒に歩んでいける仲間、支えになってくれる人、目を…

音楽の幅を広げたい人は古いものから聴いていくと効率よく勉強できる

作曲やアレンジなどをやりたい人には、とにかくいろんな音楽を聴きなさいとアドバイスしています。 その際、今の音楽よりも古いものから聴いていった方が効率的です。 なぜかというと、古い音楽は既に歴史の評価を受けているからです。 例えば60年代のロッ…

「ギタリストのためのハーモニー」が品薄につき増刷予定

拙著「ギタリストのためのハーモニー」が現在品薄だそうで、増刷を予定しています。 僕の教則本では「ギタリスト身体論」と人気を二分する作品です。 今度で何刷目かもう覚えていませんが、増刷は何度あっても嬉しいものです。 それだけ必要とされているとい…