アドリブ

初心者が覚えておくべき、セッションでホストや目上の人にやると失礼にあたること

セッションには様々な作法や暗黙の了解がありますが、その中でも初心者が目上の人にやってはいけない、やったら失礼にあたることを書いておきたいと思います。 初心者の方は記憶に留めておいてください。 経験者の方は「あーおれもそれやって怒られたよw」「…

アドリブ(セッション)で「根回し」をやめるとどうなるか?

前回、アドリブ(セッション)で事前に根回しするのをやめようと言いました。 k-yahata.hatenablog.com では、「イントロは○小節で」「ここはオルタードテンションで」などの根回しをやめるとどうなるのか? ひとつひとつのプレイに対して責任が生まれます。…

アドリブする前の根回しはやめろ! アドリブが日本人に馴染まない理由

アドリブという行為やそれを主体としたジャンルは、残念ながらいつまでたっても日本人には馴染みません。 どうしてだろうとずっと考えてきたんですが、先日ふと日本人のある習慣がアドリブの習得や演奏の足かせとなっているのではないかと思い当たりました。…

「ペンタ卒業」=「もうペンタを使わない」ではない コードトーンを学びはじめてもペンタは捨ててはいけない

ある程度ペンタでソロが弾けるようになってくると、たいていのギタリストは「ペンタを卒業したい」と考え、コードトーンの使い方を勉強しはじめます。 僕もその流れを経験しましたし、レッスンでも普通に「ペンタを卒業する」と言ったり、教則本にも「脱ペン…

コードトーンを使ったソロを弾く際、多くの人が勘違いしていること

ペンタ一発のアドリブに厭きたので、そろそろコードトーンを使ったソロが弾けるようになりたいと思い、試行錯誤している人は多いと思います。 そうしたコードトーン初心者は必ずといっていいほど、「コードトーンははっきりしっかり目立つように使うべき」だ…

アドリブは最小限の予習でトライしてから最大限に復習すると上達しやすい

僕はアドリブを教える時、生徒さんに必要最小限の情報を与えてすぐに「じゃあやってみよう」と実践してもらうようにしています。 そうやったほうが上達しやすいということを経験上知っているからです。 最小限の情報しか与えないのは、これから何をするかあ…

ソロの弾き方で伸び悩んでいる人はいちど譜面にきっちり書いてみると欠点がよく見えてくる

アドリブでもそうでない場合でも、自分のソロに不満があり伸び悩んでいる人は、いちどソロを譜面に書いてみると見えてくるものがあります。 アドリブの場合はきっちり弾いたものを後から譜面にする、そうでない場合は譜面に書きながらソロを作ってみる。 そ…

アドリブ中級者はローポジションとハイポジションの行ったり来たりをやめよう

ギターでアドリブをする際、慣れてくるとローポジションとハイポジションを頻繁に行ったり来たりする人がいます。 いろんなポジションを使えた方がアドリブに幅が出るような気がしますが、行ったり来たりすることによるデメリットも存在します。 ローポジシ…

ロックギタリストがアドリブするときの問題点

アドリブを教えていると、それぞれの生徒さんのバックグラウンドが見えてきます。 そしてそのバックグラウンドは、どちらかと言うと足かせになっていることが多いようです。 特に、ロックギタリストが黒人音楽の文脈でアドリブしようとする時、ロックの癖が…

アドリブで「◯◯が使える」という、ジャズ特有の自分本意な考え方

ジャズの人はよく、アドリブを説明する際、「ここは◯◯が使える」ということを口にします。 「コンディミが使える」とか「オルタードが使える」、「♯9thが使える」等々。 またジャズを習う人も、ここのコードで「何が使えるか」ということを質問したりします…

ドレミ(ダイアトニック)をジャズにできない人は記号に頼っている

複雑なスケールを駆使しないとジャズにならないと思っている人、あるいは複雑なスケールを使うことでインスタントにジャズになると思っている人は多いようですが、実際は全くそうではありません。 ドレミだけでジャズにすることは可能ですし、むしろそういう…

アドリブで使うベタなフレーズは「初心者向け」ではない

アドリブでよく使われるベタなフレーズは、決して「初心者向け」というわけではありません。 また、ベタなフレーズを使っているからレベルが低いとか、個性がないといったことでもありません。 そもそもベタなフレーズというのは、説得力があり、しかも使い…

アドリブ上達のコツは、手数ではなくひとつのフレーズをどれだけ使いまわせるか

アドリブ初心者から中級者は、アドリブを手数で乗り切ろうとしてしまいます。 そのため、やたら多くのフレーズを覚え、それらをどんどん投入していきます。 そうすると何となくよく弾けているような気になりますが、録音したものを聞いてみると、各フレーズ…

アドリブのエンディングをドラマーに伝えるタイミングは?

僕はアドリブにおいては、ドラマーとどう付き合うか、ドラマーをどうコントロールするかが勝負だと思っています。 というのは、ドラムという楽器がアンサンブル全体をコントロールしている指揮者だからです。 エンディングが成功するかどうかも、そのドラマ…

アドリブでエンディングが伝わらないのは、人を無視して記号を弾いているから

アドリブを教えていると、ほぼ全員エンディングがきちんと作れないということがわかってきました。 なので、僕のレッスンでは割と早い段階からエンディングが出せるように訓練します。 曲を始めるのは、最悪カウントでもできますがエンディングには多少の知…

アドリブの練習で忘れてはならないこと 引きこもり演奏にならないために

アドリブの練習や訓練法などは色々ありますが、どれを見ても一番大事な要素が抜け落ちていることに気づきます。 それを弾いたら他人がどう感じるのかという点です。 他人とはもちろん観客のこともありますが、アドリブの場合は共演者である他のミュージシャ…

アドリブの方法の話は、なぜか素材の話にすり替わってしまうことが多い

例えば、ブルースでアドリブをする際、コードやスケール、フレーズなどの話に終始し、それらをどう扱うかといったレクチャーをすることが多いです。 これが「素材の話」です。 料理で例えてみましょう。 パラパラのチャーハンを作りたいから習いに行って、「…

アドリブは最初に対人技法として学んでおくべき

ずっと言っていますが、アドリブで最初に学んでおくべきことは、スケールやフレーズ、アウトなどではなく、それが「対人技法」であるということです。 音楽を通して人とどう関わるかというのがアドリブの唯一の目的といってもよく、しかもそれはわりと簡単で…

アドリブで強制的に休符を増やす方法

昨日、レッスンでふと思いつき、やってみると効果があったので書いておきます。 曲は何でもいいですが、まずはブルースあたりで試してみましょう。 やり方は以下の通り。 1、4小節に1フレーズしか弾いてはいけない 2、1フレーズは4拍程度(長々と弾か…

アドリブで一番最初に克服するべきは技術ではなく精神

アドリブで初心者が絶対にぶち当たる壁があります。 それが無音恐怖症からくるロングトーンへの逃げです。 次何を弾いたらいいかわからない、かといって休符で間が空くのが怖い、だからとりあえずロングトーンをポーンと弾いておき、その間になんとか次の手…

アドリブは、より強い不安を求めていかなければ必ず停滞する

アドリブを自分でもやってきて、人にも教えていて ひとつ発見したのは、安定を求めると必ず停滞するということです。 日本人は何かを研鑽した先に安定を求めます。 また、その安定が見込めないと知るとやる気をなくしたり、それ自体が間違いであるかのように…

ジャズのアドリブで、歌詞を歌ってからソロに入ると自然な流れができる

ジャズの生徒さんに、歌詞の通りにテーマを弾くという課題を与えています。 目的は、テーマをきっちり”歌”にすること、そして、楽曲の雰囲気で弾けるようになることです。 歌詞を覚えてその通りにテーマを弾くと、インスタントにジャズになってくれます。 ま…

音楽で「気持ち」を大事にすることは精神論ではない

レッスンでアドリブを学ぶ生徒さんには、ある時点でイントロを出してもらいます。 これはどちらかというと、 最後の仕上げに近い課題です。 というのは、イントロをちゃんと出すのはかなり難しいからです。 テクニックや見識だけではちゃんとしたイントロは…

ジャズでいう”会話”が全然会話に見えない件

ジャズの世界ではよく、即興での音のやりとりを”会話”にたとえられます。 しかし、僕にはそれらが全然”会話”しているように見えません。

即興音楽におけるイントロ、エンディングの意義

僕のレッスンでは、ジャズ、あるいはそれに近い即興音楽を学ぶ際、まずソロ、次にバッキング、それらができてきたらイントロやエンディングの出し方を教えています。 これは、ざっくりと難しい順だと考えてOKでしょう。 イントロやエンディングは、実際かな…

アドリブで「人間を無視している」ことについて、追記

先日も記事にしましたが、僕は、僕(という人間)を無視している人とは一緒に演奏できません。 これについてもうちょっと詳しく書いてみたいと思います。

セッションで相手を無視していませんか?

先日生徒さんにお話したこと。 例えば、僕がソロをとっていて、相手がバッキングをしているという状況で、もうソロを弾きたくなくなることがあります。 音楽の世界でよく言われる、「その伴奏じゃ弾けないよ」というやつです。 なぜそう感じるのか?

アドリブを”もやっ”とさせないためのコツ

アドリブを教えていて必ず言うことは、最初のフレーズで様子を見るなということです。 よくあるのが、アドリブが自分の番に回ってきたら、とりあえずロングトーンで様子見をしながら慎重に進めていくパターンです。 まあ、気持ちは分かりますが、出だしで様…

アドリブのためのフレーズ練習の弊害

アドリブにおいて最も大事なことは何でしょうか? 多くの方、特に初心者の方は、かっこいいフレーズをバチっと決めることだと思うでしょう。 そして、そうしたフレーズを作ったり、スムーズに弾けるようになるための練習に余念がないと思います。 しかし、そ…

インタープレイ考 ジャズの「インタープレイ」を考えてみたら、アイドル以下だった件

ジャズをやる人なら、「インタープレイ」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。 まずは語義から。 ・interplay<相互作用> この場合の「play」は、特に楽器を演奏することとは関係ないようです。 また、即興とも特に関係ないようです。 語義からす…