読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

アドリブ

ロックギタリストがアドリブするときの問題点

// アドリブを教えていると、それぞれの生徒さんのバックグラウンドが見えてきます。 そしてそのバックグラウンドは、どちらかと言うと足かせになっていることが多いようです。 特に、ロックギタリストが黒人音楽の文脈でアドリブしようとする時、ロックの癖…

アドリブで「◯◯が使える」という、ジャズ特有の自分本意な考え方

// ジャズの人はよく、アドリブを説明する際、「ここは◯◯が使える」ということを口にします。 「コンディミが使える」とか「オルタードが使える」等々。 またジャズを習う人も、ここのコードで何が使えるかということを質問したりします。 ジャズのレッスン…

ドレミ(ダイアトニック)をジャズにできない人は記号に頼っている

// 複雑なスケールを駆使しないとジャズにならないと思っている人、あるいは複雑なスケールを使うことでインスタントにジャズになると思っている人は多いようですが、実際は全くそうではありません。 ドレミだけでジャズにすることは可能ですし、むしろそう…

日本人にとってブルースは弾けてないことを認識するためにやるもの

// 西洋、特にアメリカでは、ブルースは常に敬意を持って扱われます。 どんなテクニカル志向のミュージシャンでも、ブルースをバカにしたり軽視するような発言はしません。 シュレッドギタリストや、コンテンポラリージャズの最先端のプレイヤーでも、話した…

ブルースはミュージシャンとしての自分を測る基準になる

// 【広告】 // ブルースという音楽は不思議な音楽です。 アドリブを勉強する際に、一番最初に学ぶのはブルースです。 なぜなら簡単でとっつきやすいからです。 早い人なら、半年から一年もやれば「じゃあもう少し複雑なものを」と先に進むでしょう。 また、…

アドリブで使うベタなフレーズは「初心者向け」ではない

// 【広告】 // アドリブでよく使われるベタなフレーズは、決して「初心者向け」というわけではありません。 また、ベタなフレーズを使っているからレベルが低いとか、個性がないといったことでもありません。 そもそもベタなフレーズというのは、説得力があ…

アドリブ上達のコツは、手数ではなくひとつのフレーズをどれだけ使いまわせるか

// アドリブ初心者から中級者は、アドリブを手数で乗り切ろうとしてしまいます。 そのため、やたら多くのフレーズを覚え、それらをどんどん投入していきます。 そうすると何となくよく弾けているような気になりますが、録音したものを聞いてみると、各フレー…

アドリブのエンディングをドラマーに伝えるタイミングは?

// 僕はアドリブにおいては、ドラマーとどう付き合うか、ドラマーをどうコントロールするかが勝負だと思っています。 というのは、ドラムという楽器がアンサンブル全体をコントロールしている指揮者だからです。 エンディングが成功するかどうかも、そのドラ…

アドリブでエンディングが伝わらないのは、人を無視して記号を弾いているから

// アドリブを教えていると、ほぼ全員エンディングがきちんと作れないということがわかってきました。 なので、僕のレッスンでは割と早い段階からエンディングが出せるように訓練します。 曲を始めるのは、最悪カウントでもできますがエンディングには多少の…

アドリブの練習で忘れてはならないこと 引きこもり演奏にならないために

// アドリブの練習や訓練法などは色々ありますが、どれを見ても一番大事な要素が抜け落ちていることに気づきます。 それを弾いたら他人がどう感じるのかという点です。 他人とはもちろん観客のこともありますが、アドリブの場合は共演者である他のミュージシ…

アドリブの方法の話は、なぜか素材の話にすり替わってしまうことが多い

// アドリブを習いに行って、余計アドリブのやり方が分からなくなったという方は結構いるようです。 そういった方のお話を聞いていると、ある共通点を発見しました。 結局教える側が「素材の話」しかしていないんですよね。 【広告】 // 例えば、ブルースで…

アドリブは最初に対人技法として学んでおくべき

// ずっと言っていますが、アドリブで最初に学んでおくべきことは、スケールやフレーズ、アウトなどではなく、それが「対人技法」であるということです。 音楽を通して人とどう関わるかというのがアドリブの唯一の目的といってもよく、しかもそれはわりと簡…

アドリブで強制的に休符を増やす方法

// 昨日、レッスンでふと思いつき、やってみると効果があったので書いておきます。 曲は何でもいいですが、まずはブルースあたりで試してみましょう。 やり方は以下の通り。 1、4小節に1フレーズしか弾いてはいけない 2、1フレーズは4拍程度(長々と弾…

アドリブで一番最初に克服するべきは技術ではなく精神

// アドリブでは、まずスケールやフレーズを習い、それらを徐々に出せるようにし、だんだん技術をあげていって、最終的に精神の世界へと入っていく、といったイメージが持たれていると思います。 僕もずっとそう思ってました。 しかし、レッスンで教えている…

アドリブは、より強い不安を求めていかなければ必ず停滞する

// アドリブを自分でもやってきて、人にも教えていて 、ひとつ発見したのは、安定を求めると必ず停滞するということです。 日本人は何かを研鑽した先に安定を求めます。 また、その安定が見込めないと知るとやる気をなくしたり、それ自体が間違いであるかの…

ジャズのアドリブで、歌詞を歌ってからソロに入ると自然な流れができる

// ジャズの生徒さんに、歌詞の通りにテーマを弾くという課題を与えています。 目的は、テーマをきっちり”歌”にすること、そして、楽曲の雰囲気で弾けるようになることです。 歌詞を覚えてその通りにテーマを弾くと、インスタントにジャズになってくれます。…

「気持ち」を大事にすることは精神論ではない

// レッスンでアドリブを学ぶ生徒さんには、ある時点でイントロを出してもらいます。 これはどちらかというと、 最後の仕上げに近い課題です。 というのは、イントロをちゃんと出すのはかなり難しいからです。 テクニックや見識だけではちゃんとしたイントロ…

即興音楽におけるイントロ、エンディングの意義

僕のレッスンでは、ジャズ、あるいはそれに近い即興音楽を学ぶ際、まずソロ、次にバッキング、それらができてきたらイントロやエンディングの出し方を教えています。 これは、ざっくりと難しい順だと考えてOKでしょう。 イントロやエンディングは、実際かな…

アドリブで「人間を無視している」ことについて、追記

先日も記事にしましたが、僕は、僕(という人間)を無視している人とは一緒に演奏できません。 これについてもうちょっと詳しく書いてみたいと思います。

セッションで相手を無視していませんか?

先日生徒さんにお話したこと。 例えば、僕がソロをとっていて、相手がバッキングをしているという状況で、もうソロを弾きたくなくなることがあります。 音楽の世界でよく言われる、「その伴奏じゃ弾けないよ」というやつです。 なぜそう感じるのか?

アドリブを”もやっ”とさせないためのコツ

// アドリブを教えていて必ず言うことは、最初のフレーズで様子を見るなということです。 よくあるのが、アドリブが自分の番に回ってきたら、とりあえずロングトーンで様子見をしながら慎重に進めていくパターンです。 まあ、気持ちは分かりますが、出だしで…

アドリブのためのフレーズ練習の弊害

// アドリブにおいて最も大事なことは何でしょうか? 多くの方、特に初心者の方は、かっこいいフレーズをバチっと決めることだと思うでしょう。 そして、そうしたフレーズを作ったり、スムーズに弾けるようになるための練習に余念がないと思います。 しかし…

インタープレイ考 ジャズの「インタープレイ」を考えてみたら、アイドル以下だった件

// ジャズをやる人なら、「インタープレイ」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。 まずは語義から。 interplay<相互作用> この場合の「play」は、特に楽器を演奏することとは関係ないようです。 また、即興とも特に関係ないようです。 語義からす…

人間がいるアドリブは楽しい。その逆は……

僕の教室では、生徒さん一人一人に合わせて全く違う内容を教えています。 とはいえ、根底にあるものは同じですが。 アドリブを習いにきている生徒さんは少なからずいて、そういった方々には、ざっくり言うと「人間的」な演奏をレクチャーしています。

アドリブにおける二種類のメンタリティ

しばらくお休みしていましたが、またぼちぼちブログを更新していきます。 アドリブを長年やってきて、二種類の人がいることに最近気がつきました。 それは、

安定的なアドリブを獲得すると、音楽から人間が消える

日本人は概ね、安定的なアドリブスキルの習得を目指します。 そして、それが習得できたときどうなるか?ということを書いておきます。

アドリブの正しい習得法 最終的な安定を目指すのではなく、安定から入って不安定を目指す

アドリブについて、ここ最近考えがまとまってきました。 まず、先日書いたように、安定的にアドリブを生産できることを目指すのは間違いです。 10年もやってれば安定には何もないということがよくわかります。

アドリブに”安定”という概念はない 安定を目指してアドリブを学ぶのはやめよう

アドリブ演奏がどこか日本人の気質と合わないのは、日本人独特の安定志向によるものだと僕は考えます。

アドリブをいつまでもマンネリ化させないための具体的なアプローチ

アドリブがどうもマンネリ化している、いつもそつなく弾きこなせるけど、なんだかそれじゃあつまらない……そんな人がさらに上に行くためのアプローチをお教えします。

アドリブは体感を疑うことが大事

アドリブを教える際、生徒さんには体感に対する疑いを持て、と必ず言っています。 体感とは、自分が弾いているときに感じることです。 体感的に思い通りに弾けている気がしても、後で録音したものを聞いてみるとぜんぜんイメージと違っていた、ということは…

無音恐怖症を克服しよう アドリブで弾きすぎないために

アドリブを教えていて、必ず言うことが「音が多すぎる」です。 そこそこ弾けて、さらに上を目指している人も、やはり音が多すぎです。 恐らく、「上級者」とか「一人前」と呼べる人はきっちり隙間を空けられる人なのでしょう。

音楽を演奏する際、考えている暇はない

音楽には、考える時間がありません。 時間でいうと100分の1秒単位を意識的にコントロールするのが音楽家の行う作業です。

アドリブでアウトが白々しく聞こえるのは、自己主張が強すぎるから

昔からアドリブのアウトが苦手でした。 やるのもあんまり好きじゃないし、聞くのはもっと苦手というか、嫌いです。 今でもそうですし、その傾向は強くなっています。

バッキングの「おうむ返し」はやめよう

学生の頃、よくバッキングで「おうむ返し」をよくやっている人がいました。 ソロの人が弾いたフレーズの語尾を繰り返すやつです。

ジャズが弾きたければとりあえずⅡ-Ⅴ(ツーファイブ)練習はやめよう

え?と思った方は要注意です。 既にⅡ-Ⅴ病にかかっているかもしれません。 ジャズを始めたとき、習っていた先生に「とにかくジャズはⅡ-Ⅴだ!」と言われて、必至で練習していました。

即興でのバッキングについて バッキングはソロを引き立てるもの

ジャズやブルース、その他即興音楽でのバッキングについて。 イマドキの即興の世界では古い考え方なのかもしれませんが、僕はバッキングはソロを最大限に立てるものだと考えています。

アドリブでテンパる原因は「今」のことだけ考えているから

初心者のうちは、アドリブの際かなりテンパってしまうと思います。 それだ誰でも必ずそうなります。

アドリブ上達法 中級編

アドリブはできるようになってきたけど、そこからなかなか先に進めないという方は、一度縛りを作ってみると上達のきっかけになる可能性があります。

音楽は人間と人間がするもの

アドリブがすらすらできるようになってきた人は、一度テクニック的なことを忘れて、「人間と合わせている、人間が聞いている」ということを考えてみるべきでしょう。 特に、セッションなどにあまり出向かない人はこういった点をおろそかにしがちです。

メロディやソロをワンランクアップさせるコツ 気持ち悪いぐらいがちょうどいい

例えば、よく使う手癖的なメロディやソロのフレーズなどがあったとします。 それを、いつものタイミングから少しずらして使ってみましょう。

いいアドリブとは共演者を乗せられるもの

いいアドリブを定義するのは難しいのですが、しいていえば、共演者を乗せられるのがいいアドリブだといえるでしょう。

アドリブを呼吸させるコツは休符をコントロールすること

初心者から中級者のアドリブは、呼吸がないので、聞いていて苦しくなってきます。 呼吸とは、休符のヴァリエイションです。 ほとんどの人は弾きすぎか、休符があってもだいたい同じ間なので、全体が固く感じられます。

アドリブで使うフレーズは、ただ覚えるだけではダメ

フレーズは覚えるだけではなく、変化させられなくては意味がありません。 覚えただけのフレーズをそのまま使っているだけだと、つぎはぎにしか聞こえなくなります。

アドリブに最も必要なことは、ひとつのフレーズを使い続けること

アドリブに最も必要なことは、一貫性です。 何が弾きたいのか、どこへ行きたいのかを共演者や観客に分からせることが最も重要なことだと僕は考えています。

ギターを練習していてなぜ最初から完成型を目指すのか?

ギターを教えていると、最初から完成を目指す人の多いことに驚きます。 まあ自分もそうだったんですが。 たとえば、アドリブ。 初心者がいきなりアドリブなどできるわけがありません。

アドリブ初心者はシロタマを禁止せよ

アドリブの初心者にありがちなのが、とりあえずアンパイである音をシロタマでポーンンと伸ばしておいて、その隙に次の展開を考えるという手法。

アドリブで悩んでいる方へ

僕の教室に、アドリブを習いに来られる方もけっこうおられます。 じゃあ、何か弾いてみましょうかとセッションすると、まず気になるのが、フレーズの多さ。