【広告】

2014-08-31から1日間の記事一覧

練習に必要なのは客観的視点

結局練習に必要なのは、客観的視点です。 人は、今自分が何をしているのかすらわかっていないことがあります。 例えば、僕の教室で教える、カッティングのための素振り。

ギターの練習は「これをやったらこれができる」というドリルのようなものではない

ギターの練習には、「これをやったらこのプレイに関して上手くなる」というドリルのようなものは一切ありません。 仮に「これを練習すれば○○が上手くなる」と書いてある教本があったら、それは嘘です。

ギターレッスンを続けるためにはどうすればいいか?

何事も継続しないと上達しません。 仮に、月1回のレッスンでも、続けている方は確実に上達しています。 ただ、その「続ける」ということが非常に難しい。