八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

オーディオの中でミニコンポが一番信用できないと思う

オーディオにはいろいろありますが、個人的に一番信用できないのはミニコンポです。 なんでかというと、そもそもミニコンポとは「劣化版まとめ」だからです。 例えばスピーカーならスピーカー専門のメーカーがあり、技術の粋を尽くして研究開発してきた歴史…

ミュージシャンが自分の演奏フォームに理論を持つことの意義

エレキギターという楽器は、誕生から2019年現在までフォームや奏法についての理論が存在しませんでした。 現在セオリーとされているいくつかのフォームも、時間をかけて自然と集約されたものであり、なぜそうなるのか、なぜそうするべきなのかといった疑…

アイドル嫌いにオススメ、曲がかっこいいアイドル「Maison Book Girl」

楽器やってる人はいまだにアイドルが嫌いな人が多いと思います。 一番の理由はアイドルアイドルした容姿や楽曲でしょう。 そんな人におすすめなのがMaison Book Girl(通称ブクガ)です。 http://www.maisonbookgirl.com/ プロデューサーはサクライケンタ氏…

クリエイターに言ってはいけないこと

クリエイターにうっかり言ってしまって、その後距離を置かれてしまう言葉を列記しておきます。 下記のようなことを言わないだけで、「この人は大丈夫な人だ」と安心され、胸襟を開いてもらえる可能性があるので、クリエイターと仲良くなりたい人は覚えておき…

「ギタリストのためのハーモニー」「ギタリスト身体論」増刷について

拙著「ギタリストのためのハーモニー」が増刷されました。 CDB166 ギタリストのためのハーモニー 耳コピで学ぶオンガクのしくみ 作者: 八幡謙介,藤田哲也,ハント鈴加 出版社/メーカー: 中央アート出版社 発売日: 2011/01/25 メディア: 単行本 購入: 2人 クリ…

ギターのピッキングにおける肩の使い方がようやく決まった

「ギタリスト身体論」で僕は「肩を使って弦移動する」ということを提唱してきました。 その効果を実感している人は多いと思います。 一方で、肩の使い方に個人差があることも気になっていました。 肩甲骨を浮かせる人、首の筋肉が緊張する人、体をゆするよう…

オーディオをグレードアップしても音質の悪いフォーマットで聴いていたら意味ない

生徒さんからの質問で「プリメインアンプを通したらYOUTUBEで音楽聴いても音がよくなるんですか?」という質問があり、即座に「YOUTUBEは劣化してると」と答えたのですが、ちゃんと比較したことがなかったで、その場で実験してみました。 あるバンドの公式PV…

何かを創るときにちょっとでもうんざりしない人は手を抜いている

何かを創るとき、いろんな感情が去来します。 その中に「うんざり」がない人は、たぶん手を抜いているか、持っているものを全部出す(心の奥にあるものも含めて)方法をまだ知りません。 なぜか? 例えば僕は、新しい何かを創ったり研究したりするとき、いつ…

ゆるめるモ!に90年代のインディーズの匂いを感じる

混迷するアイドル界ですが、最近はゆるめるモ!が僕の中できています。 ylmlm.net とっかかりは今人気急上昇中のあのちゃんです。 僕の世代にはどこか懐かしい、わりと本気でヤバい人の匂いがプンプンします。 昔のバンドマンはこんな人ばっかでしたがww …

ジャズのアドリブ中に必ず出現する二択、「安定」か「不安定」のどちらを選ぶか

ジャズがある程度弾けるようになってくると、必ずどこかで次の二択を選ばなくてはならない瞬間が訪れます。 ソロを弾き始めて2~3コーラス目、ここから新しい展開が欲しいという場面で、 選択肢A 「安定」 新しい展開に行きたいけどいまいちそれが作れず、…

改めて、音楽やっていきたい人はオーディオに金使うべし

ここ最近、教室の生徒さんから僕が組んでいるオーディオの音を聴かせて欲しいと言われて何度か聴かせたことがあります。 すると皆呆然としてしまいました。 それぞれが普段聴いている音とあまりにも違うからです。 といっても僕が使っているものは入門機なの…

僕の研究した楽器のための身体操作がギター以外にも広がっています

僕が長年研究してきた楽器のための身体操作、特にここ4年で発見した腕や指の使い方が、最近ギター以外の楽器奏者にも広がっています。 今のところベースのフィンガーピッキング、ドラムのスティックコントロール、ヴァイオリンのボウイング、オーボエのフォ…

本物に触れるとは、がっかりすること。感性が磨かれてどうたらこうたらはその後

よく「本物に触れて感性を磨き云々」と言われます。 僕もずっと音楽をやってきたり、文学を読んで来たので、それを盲目的に信じ、本物と言われるものにできるだけ触れようとしてきました。 で、その都度だいたいがっかりしてきました。 例えば本物のモナリザ…

山口真帆さんの事件について、それでも秋元康が出てくるべき理由

山口真帆さんの事件について、秋元康の責任論がようやく浮上しています。 ここまで社会問題化しているにもかかわらず、秋本はなぜコメントすらしないのか? プロインタビュアーの吉田豪氏はテレビで秋本とAKSは関係ないと言ったそうです。 まあ確かに業務上…

なぜ盗作・パクりがダメなのかをクリエイター目線で考えてみた

SNSが普及してから、盗作・パクりで炎上するクリエイターを何度も目にしてきました。 最近も某絵師さんがライブペインティングしたものが別の作品の盗作で間違いないということで大炎上しているようです。 (その件については拡散する気はないのでここではシ…

3年以内に「出会い」がなければたぶんその活動では先に進めない

40年生きてきて、あれこれやってきた中でわりと確信を持って言えるのは、何かをはじめて3年以内に「出会い」がなければその先には何もないということです。 ここで言う「出会い」とは、信頼できる人、一緒に歩んでいける仲間、支えになってくれる人、目を…

音楽の幅を広げたい人は古いものから聴いていくと効率よく勉強できる

作曲やアレンジなどをやりたい人には、とにかくいろんな音楽を聴きなさいとアドバイスしています。 その際、今の音楽よりも古いものから聴いていった方が効率的です。 なぜかというと、古い音楽は既に歴史の評価を受けているからです。 例えば60年代のロッ…

「ギタリストのためのハーモニー」が品薄につき増刷予定

拙著「ギタリストのためのハーモニー」が現在品薄だそうで、増刷を予定しています。 僕の教則本では「ギタリスト身体論」と人気を二分する作品です。 今度で何刷目かもう覚えていませんが、増刷は何度あっても嬉しいものです。 それだけ必要とされているとい…

人の役に立つことをコツコツやっていれば自然と結果はついてくる

音楽にしろ何にしろ、人の役に立つことをコツコツやっていれば、だいたい結果はついてきます。 もちろんすぐに出ることはまれですが、時間をかければ必ずといっていいほど結果はついてくるものです。 個人的にはギターレッスンや教則本がそうです。 自己主張…

ザ・ダート モトリー・クルー自伝 オススメ音楽ドキュメンタリー27

公式動画 www.youtube.com アーティスト モトリー・クルー - Wikipedia 感想 80年代に一世を風靡したロックバンド「モトリー・クルー」のドキュメンタリー。 ロックにいわゆる「Sex, Drug, Rock&Roll」というイメージ を植え付けたバンド。 ベーシストであ…

AKB48総監督ゆいはん(横山由依)の政治力 48グループは院政の時代へ

AKB48、二代目総監督のゆいはんこと横山由依が、4月1日をもってみーおんこと向井地美音に総監督の座を譲るそうです。 www.sponichi.co.jp また、ゆいはんはまだしばらく卒業せず、みーおんを陰で支えていくそうな……。 これを読んで僕は『うっわ……』と絶句…

ギターの弦高はちょっと高めの方がいい気がしてきた

僕はどちらかというと弦高はぎりぎりまで下げて弾く派でした。 その方がフレットと弦の距離が短くなるので絶対に弾きやすいからです。 しかし、最近はちょっと高めでもいいかなと思うようになりました。 なぜかというと、弦高が低いとちょっとでもネックが反…

ハイハットの音がカッコイイ!Blue Mitchellの「Many Shades Of Blue」

Blue Mitchellのファンクアルバム「Many Shades Of Blue」をあんまり期待せず聴いてみたら、お! と思えるほどかっこよかったです。 メニー・シェイズ・オブ・ブルー アーティスト: ブルー・ミッチェル 出版社/メーカー: SOLID/MAINSTREAM 発売日: 2017/12/0…

入会金なしで手軽に習える短期集中コースを増設しました

教室からのお知らせです。 以前から好評を博していた「短期集中コース」をさらに手軽にしたコースを開設しました。 短期集中コース 1 3ヶ月×9回。 3万円。 短期集中コース2 3ヶ月×5回。 2万円。 いずれも入会金はかかりません。 ただし料金は全額前…

ジャズにおける意志の伝達の上中下

ジャズにおいて意志の伝達が重要であることは以前書きました。 k-yahata.hatenablog.com これをもう少し具体的に解説します。 例えば自分のソロを終えるとき、『はい、ソロ終わったよ、誰か次弾いてね』という意志を伝達しなければなりません。 このとき、ざ…

音楽とドラッグと海外について 海外で音楽やってると必ずドラッグを目にするけど断るのは実は簡単という話

電気グルーヴのピエール瀧氏の逮捕で、違法薬物についての報道が飛び交っています。 中には音楽との関連性や、海外での活動との関連性について言及しているものもあります。 そういった報道を見て、『海外で音楽やってたやつは絶対ドラッグやってるでしょ?…

ジャズの演奏には「意思の伝達」の訓練が必要不可欠だが、学校や教室ではそれを教えていない

即興で行うジャズの演奏には「意思の伝達」が必要不可欠となります。 例えば、イントロを出し、『はい、ここから入ってください』という意思の伝達、『今から自分がソロを弾きますよ』という意思の伝達、『ここ、盛り上げたいのでよろしく』という意思の伝達…

何かを長く続けたいなら承認欲求より初期衝動の方が大事

何かを長く続けたい場合、初期衝動が大事だとよく言われます。 僕もギターを25、6年弾いてきて、改めて振り返ってみると本当にそうだなと納得できます。 この初期衝動と対になる概念が承認欲求です。 この二つは同じように見えて、実は全然違います。 そ…

ジャズのためのマーケティング考2 ジャズにおける対立構造を数字で把握し、マーケティングに生かそう

ジャズという世界には独特の対立構造が存在します。 ざっくり言えば、コア層とライト層の対立です。 ファンでもミュージシャンでもコア層はライト層を蔑み、ライト層はコア層を軽蔑しています。 さて、これを数値化してみましょう。 といっても前回と同じで…

ジャズのためのマーケティング考 ジャズで人を集めるために

ジャズのライブで客を呼びたい、ジャズのお店にもっと客が来てほしい、ジャズのイベントを成功させたい、ジャズについて書いた文章をもっと読んでもらいたいなどなど、ジャズで何かをはじめようとする人は今でも少なからずいます。 ではそういった場合、どの…