八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

批判と否定の違いを見極めよう

前回、批判は受け入れるべきだが否定からは逃げるべきだと書きました。では批判と否定はどう違うのでしょうか? その見分け方などを考えてみました。

批判は受け入れるべきだが、否定してくる人からはさっさと逃げた方がいい

昨今では何でも批判的・否定的な意見をDisと呼んで一緒くたにする風潮がありますが、批判と否定は違います。 英語でも、Disrespectは批判ではなく中傷や侮辱、批判はCriticizeとはっきり言葉が別れています。

質問箱の回答を試験的に一時停止しています

以前から利用していた質問箱への回答を一時停止することにしました。 理由は色々とありますが、僕の考え方として、なんでも「やる」と「やらない」の両方を試してみてから最終的に継続するかどうかを判断することにしているので。 「やる」方はもう十分やっ…

沢田研二氏が埼玉スーパーアリーナのコンサートを当日キャンセルした件について考えてみた

沢田研二氏が2018年10月17日17時から行われる予定だった埼玉スーパーアリーナでのコンサートを、当日16時に突然キャンセルしました。 後日応じた取材で、当初9千人入る予定だったのに7千人しか入らず、そのことが理由でキャンセルを決意したと…

ジャズを学ぶ際、記号の処理能力で自分のレベルを測るのはやめたほうがいい

少し前に質問箱にもありましたが、ジャズには、どの曲が弾けるようになったら脱初心者か、どれが弾けるようになったら上級者かという考え方があります。 この考え方はやめておいた方がいいです。 なぜならこれは、記号の処理能力=ジャズの演奏レベルという…

裕福な状態から成功するのもそれはそれで簡単ではない

世間的に、貧しさの中から成功することが難しく、裕福な人が成功するのは簡単だといった印象があります。 確かに、裕福であればあるほどスタート地点でアドバンテージを持っているし、貧しいよりはいいに決まっています。 しかし、よく考えてみれば、裕福で…

今の若い子は河村隆一を知っていても、LUNASEAのヴォーカルだと知らないらしい

22歳ぐらいの子と話していて衝撃を受けたので書いておきます。 ギターを教えているというと、オススメのアーティストを教えてほしいと言われたので、最近気に入っているINORANを挙げておきました。 早速YOUTUBEでチェックし、関連動画でLUNASEAが出てきた…

いや、生徒さんはまだ募集していますから……

先日、とある生徒さんから「この教室ってもう募集やめちゃったんですか?」と訊かれ、「いやいや、まだ募集してますよ」というやりとりがありました。 どうやら、その生徒さんの友達がこのブログを見ていて勘違いしたようです。 たぶん、近い将来一端募集を…

ピッキングは完成したが親指のリハビリが長引きそう…

ピッキングが完成し、ピッキング研究は完全に終わったのですが、一つ問題が。 これまでいろんなピッキングを試しすぎて親指がちょっと馬鹿になってしまいました。

成功はどんなに小さく、どんなに正当でも必ず人を傷つける

人は必ず成功を目指します。 と同時に、その成功が不正からでない正当なものであるよう心がけます。 そうして正当な努力からささやかな成功を勝ち取ったとき、必ずといっていいほど他人からの悪意を受け、混乱してしまいます。 自分の成功やその過程の正当性…

自分に中身がないことを自覚しているなら今すぐ動いた方がいい

前回、最初からそこそこ弾ける人は10年ぐらいで頭打ちになると書きました。 k-yahata.hatenablog.com なぜそうなるのかというと、中身がないからです。 例えば、あるジャンルがあり、それに必要な演奏技術があります。 器用な人は、そのジャンルの匂いをパ…

最初からギターがそこそこ弾ける人はだいたい10年ぐらいしたら頭打ちになるので気を付けよう

ギターをはじめてまだ数年しか経ってないのにわりとなんでも弾ける人がいます。 一昔前だと地元ではヒーローになれたタイプです。 今はYOUTUBEがあるのでまた色々と違うのかもしれませんが。 実はこういうタイプが後々苦労します。 なぜかというと、ギター講…

若者の才能を褒めそやす大人はだいたいこじれているので要注意

やたらと若者の才能を褒めそやす大人がいます。 やれ「○年に一人の逸材」とか「○○の再来」「神童」などなど。 そうした大人は、一見若者に勇気と自信を与え、背中を押しているように思えますが、実は内面はかなりこじれています。 そうした大人が才能を探す…

音楽聴くのに疲れたけど音楽が聴きたいときに聴く音楽 THE CORRS

音楽聴くのちょっと疲れたけど、何か聴きたいな、でもロックな気分でもないし、ブラックミュージックもちょっと、アイドルもなんか違う……というとき、僕は必ずCORRSを聴きます。 www.thecorrswebsite.com ザ・コアーズ - Wikipedia アイルランドの四人組兄弟…

質問への回答 29 英語の習得法

peing.net 結論から言うと英語は”勉強”してません。 というか、”勉強”した英語は使えませんでした。 一応ちゃんと日本で勉強してから留学したのですが、あまりにも違うしあまりにも早口で、最初の授業の後ショックで知恵熱が出たのを覚えています。 英語に関…

質問への回答 28 負の感情について

負の感情は、芸術活動において不可欠であると思います。 一番わかりやすいのは文学です。

ピッキングフォームが完成したらピッキング能力がいっぺんガタっと落ちた

ある程度ギターをやっている人ならわかると思いますが、フォームを変えるとプレイの能力が一度ガタっと落ちます。 それはそのフォームがダメなのではなく、今までやっていたことをリセットする過程で体や頭が混乱するからです。 それでもフォームを変えるの…

ジャズのアドリブで重要なのはコーラス終わり

拙著「アドリブの入り口」でも書いていますが、 ギタリストのためのアドリブの入り口 ゼロから始めて誰でも学べる画期的アドリブメソッド 作者: 八幡謙介,藤田哲也,ハント鈴加 出版社/メーカー: 中央アート出版社 発売日: 2013/04/11 メディア: 楽譜 この商…

自己否定と自己肯定を長い時間をかけて試してみたら、自己肯定の方がやや有利だとわかった

何かを習得し、上を目指していくときの方法論として、ざっくり分けると自己否定と自己肯定があります。 それぞれの長所と短所を書き出すと、 <自己否定> 長所:自分の弱みを客観視できる、自分で自分に満足しない、批判を受け入れる強さが身につく 短所:…

ピッキング研究が終わったら熱が出た

先日、3年半にわたるピッキング研究が終わったと宣言しましたが、その翌日から謎の疲労が出て、熱が出ましたw 風邪っぽいんですが、風邪の心当たりがどこにもないので、たぶん、安心したことで知恵熱みたいなものが出たんでしょう。 それと同時に、近年味…

無料コンテンツで遊んでばっかいるといつの間にか自分がモンスター化してくるから、結局後々どこかで損をする

ギター教室をやっていて、「なんだこの人?」と感じることがここ数年増えてきました。 特に若い子に顕著で、年齢が上がるほどそれはなくなります。

ギターの材質やピックアップの音の違いをどうやって聞き分けるのか?

先日、生徒さんからこういった質問がありました。 ギターにはボディ、ネック、指板、ピックアップなど様々なパーツや材質が使われており、それらが総合的に干渉しあってサウンドを出している。それなのに「このボディ材の音が…」とか「このピックアップの音…

新しいピッキングが好評

先日ようやく完成した新しいピッキングをレッスンで教え始めていますが、かなり好評です。 全員が口を揃えていうのが「音がでかくなった」。 もちろん強く弾いているのではなく、このフォームに変えた途端にそうなるのです。 自分だけじゃなく、初心者でもあ…

自分が何かに挑戦しようとしたとき、必ず否定してくる人をよく観察してみよう

前にもどこかで書いたと思いますが、ふと思い出したので改めて。 自分が何かに挑戦しようとしたとき、必ず否定したり止めに入ってくる人がいると思います。 それも、「今のあなた方が好き」「無理しない方がいいと思う」「あなたのために言ってる」とさもこ…

質問への回答 27 ミュージシャンとクスリ

peing.net ミュージシャン(アーティスト)とクスリに関して、僕もこの質問者様と全く同意見です。 一般的に、チャーリー・パーカーやマイルス・デイビス、その他著名なミュージシャン・アーティストがクスリでその芸術的能力を開花させたように言われていま…

新しいピッキングが完成し、ピッキング研究がついに終わりました

先日もちらっと書きましたが、2015年3月からはじめたピッキング研究がついに終わりました。 最後の1ピースをずっと1年ぐらい探していたのですが、ようやく先日それが見つかり、全てが完璧にはまったという確信を持てました。 少し前までは、きっとこ…

「クインシーの全て」(Quincy) オススメ音楽ドキュメンタリー26

偉大なプロデューサーであるクインシー・ジョーンズのドキュメンタリー。 彼の存在そのものがアメリカ近代音楽の歴史であることがよくわかる。

ヴィンテージのGIBSON ES-335を弾いてみた

レッスンにて、生徒さんがお持ちのヴィンテージ335を弾かせてもらいました。 以前ヴィンテージのストラトを弾いたときも感じたことですが、ヴィンテージギターは基本、弾き手がかなり頑張らないといい音しません。 335もそうでした。 「弾き手が頑張る」を説…

質問への回答 26 現代ジャズミュージシャンの共通問題

この質問内容のような煩悶は、現代ジャズミュージシャンなら誰しもが一度は経験します。 改めて書くと、

ジャズのテーマを解体して弾くとしたら、オリジナルを無視し、最初から自己流でいいのではないか?

さて、ジャズが弾けるようになってきた人、自分だけのプレイを模索している人は、だいたいテーマを解体して弾こうとします。