八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

いくら楽器も身体操作だといっても、ミュージシャン経験がない人には結局実情はわからない

ある身体操作の専門家が、ミュージシャンを集めた講習で「腱鞘炎になる人はプロ失格」と言っていました。 その先生はミュージシャンでもなく、おそらく楽器もできない人です。 その人には元々興味はあったんですが、この言葉を聞いて心底がっかりしました(…

久々に丸三日ギターオフを取ってみた

少し前ですが、たまたま三日間レッスンがなく、特に準備しておくこともなかったので、 久々にギターオフをとってみました。 とりあえず最低丸一日はギターを触らない。 それ以降は触りたくなったら触るけどそうでもなければ放置。 一日目は全くギターを触り…

覚悟を示せば人は自然とついてくる

芸事やビジネス、レッスン業などであれこれ工夫してるのに、どうしても人がついてこない、集まらないというケースはよくあります。 これは、突き詰めれば覚悟の問題だといえるでしょう。 実績も実力も十分、宣伝もたっぷり打ったし、横のつながりも大事にし…

3FWTには腱鞘炎予防と演奏性向上が折り込み済み、だから効果がある

9年ほど前に出版した「ギタリスト身体論」で、「3FWT(3 finger with thumb)」というフィンガリングのフォームを提唱しました。 ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー 作者: 八幡謙介 出版社/メーカー: 中央アート出版社 発売日: 2009/10/02 メディア: …

親指をこんな風に使っているとだいたい腱鞘炎になる

以前にも書いたかもしれませんが、腱鞘炎になりやすい親指の使い方があります。 それは、簡単に説明すると手をパーにしたときの親指です。 このとき、親指の付け根あたりにくぼみができます。 これを「タバチエール」といいます。 これができているとき、親…

アメリカの音楽は実は保守的

アメリカのロックやポップスというと、常に斬新で新しいように思えますが、 実は結構保守的だったりします。 先日革新的なギターはアメリカ人ギタリストよりもヨーロッパから生まれると書きましたが、 k-yahata.hatenablog.com 音楽自体そういう傾向があるの…

エレキギターに革新をもたらすのはだいたいヨーロッパ系のギタリスト

ふと気がついたことですが、エレキギターに革新をもたらすのって、だいたいヨーロッパのギタリストなんですよね。 ざっと挙げると、クラプトン、ジミーペイジ、ジェフベック、リッチー、イングヴェイ、ヴァンヘイレンなどなど。 単純に考えると、クラシック…

創作は「伝わらない」を前提にしないと続かない。

音楽にしろ、小説やイラストにしろ、創作というものは基本的に「伝わらない」が大前提となります。 一生懸命やれば、熱い情熱を持って行えばきっと伝わる……というのは幻想です。 仮にそうした現象が起こったとしてもそれは偶然でしかありません。 また、「伝…

バンドだけどバンドに見えない現象

先日、芸能関係で裏方をしている生徒さんとある話題で盛り上がりました。 それは、バンドに見えない問題です。 例えば、あるソロ歌手とバックバンドがライブをしているとします。 ステージセットやパフォーマンスなど、一生懸命バンド感を出しているのはわか…

ベーシストが作曲、アレンジしたときにありがちなこと

音楽って一見どの楽器奏者がつくったかわからないようでいて、じつはけっこう特徴が出ていたりします。 今回はベーシストが作曲、アレンジしたときにありがちなことを書いてみます。 グリスのためのアレンジしてる ベーシストが作曲、アレンジすると、キメキ…

聴いておくべき現代ギタリスト3選

僕は職業柄いろんな音楽やギタリストをチェックしてますが、現時点で自信をもって「これは聴いておくべき!」と言えるギタリストをご紹介します。 タチアナ・リツコヴァ Tatyana Ryzhkova 僕のブログでも度々紹介しています。 k-yahata.hatenablog.com k-yah…

テレキャスはひたすらソフトピッキングすればいい音が出る

先日生徒さんの70年代のテレキャスを弾かせてもらいました。 テレキャスは久々だったので、あれこれとピッキングを試していると、ひたすらソフトに弾く方がいい音がするとわかりました。 ストラトのように芯のある音を出そうとすると逆にテレキャスのいい…

ギターなんかに生活を犠牲にできないのが普通の感覚だと久々に思い知った

先日ある生徒さんが教室を退会されました。 事前にちゃんと言ってくれたし、最後まで教室に来てくれたので円満な退会でした。 理由は生活が忙しくなってきて練習時間が取れなくなったから。 「まあそれじゃ仕方ないよね」と和やかに最後のレッスンを終えまし…

型にはめたら個性がなくなるという考え方は間違い

昔から、「型にはめたら個性がなくなる」ということをよく言われてきました。 僕自身は半信半疑だったのでそこまで型にはまることを拒んだ記憶はありません。 何にせよ上達するんならなんでもいいと思っていたので。 そうして教える立場になって十数年経ち、…

ケーブルはあなどれない

最近オーディオ周りでノイズが気になるようになりました。 PCから音を出したりしているのでまあそんなもんかなと思いつつ、いっこだけケーブルが明らかに劣化していたので、試しに新調してみました。 するとなんと、ノイズが完璧に消えました! しかも音質も…

松任谷由実「ルージュの伝言」の歌詞の主人公が鬼畜すぎる

宮崎駿アニメの「魔女の宅急便」の主題歌で、松任谷由実が歌う「ルージュの伝言」という曲があります。 以前から思っていたのですが、この歌詞の主人公があまりにも姑息かつ卑怯極まりないので、ここでその思いを書いておきます。 歌詞 http://j-lyric.net/a…

誰かの創造物の恩恵にあずかっているのにその対象にリスペクトがない人は、何かを創造しても中途半端にしかならない

誰かの創造物、例えば楽曲や書籍、アートなどなどをコピーしたり評論したりとその恩恵にあずかっているのに、対象を馬鹿にする人がいます。 音楽なら、あるバンドのコピーをして楽しんでいるのに、そのバンドを馬鹿にしたり否定したりする人。 こういう人は…

ギタリストは音楽的にレベルアップしたかったら歌伴をやろう!

先日、歌を歌う生徒さんに「歌いやすい伴奏」「歌いにくい伴奏」というのをやってみたら、それぞれドンピシャでびっくりされていました。 歌いにくい伴奏は、自分の殻にこもって自分の演奏を一生懸命やる。 歌いやすい伴奏は、相手に合わせながら足りない部…

ギターのピッキングで素振りすることは大事だけど、そればっかりでは実際弦に当てたときに使えない

ピッキングフォームをつくっていったり矯正するとき、弦に当てずに素振りすることはとても有効な練習方法です。 弦に当てる、ちゃんとフレーズを弾く、いい音を出す、タイムに合わせるといった複合的な要素を一端排除し、純粋に腕の運動だけに特化し訓練する…

ギターのフィンガリング(運指)が詰まるのは流れに問題があるから

ギターの運指がうまくいかない、あるポイントでどうしても詰まってしまうという場合、ほとんどの人はその箇所をどうにかしようとします。 それで解決するケースもありますが、多くの場合はどうにもなりません。 なぜかというと、問題はその前にあることが多…

遅ればせながらジョン・メイヤー(John Mayer)を聴いて「ほ~」ってなった

実は僕、ジョン・メイヤーを今までちゃんと聴いたことがありませんでした。 なんでかはわかりませんが、メディア(特に日本のギターメディア)の持ち上げ方がなんか嫌で。 昔、生徒さんのご希望でコピーした記憶がうっすらありますが。 ジョン・メイヤー - W…

デンマーク製スピーカーDALI(ダリ)レビュー

インシュレーターを買ってみたらスピーカーが激変し、元々持っていたやつに厭きていたのもあって、久々にスピーカーを新調してみることにしました。 JBLは高いしでかいし、前のやつが国産メーカー(中華製)なのでヨーロッパ製にしてみようかなと色々調べて…

部屋の模様替えをしてみると音について新しい発見があるはず

先日ずっと使ってきたマットレスを交換するためにマンションの表に出してから業者を待っている間、ギターを弾いていました。 一発音を出してびっくりしました。 いつもと全然違います。 いつもよりハイがクリアになり、リバーブの感じも豊かに聞こえます。 …

スピーカーは断然中古で買った方がいい

僕は、スピーカーは絶対に中古で買った方がいいと思います。 なぜかというと、まず安い。 これは言うまでもないでしょう。 それ以外の理由としては、エージングの手間が省けること。 ご存じのように、スピーカーはエージングする必要があります。 エージング…

なぜ日本人ジャズギタリストはことごとく模倣者(紹介者)になるのだろう?

昔から疑問に思っていたのですが、なぜ日本人ギタリストはことごとく模倣者になるのでしょう? ウエスそっくりに弾く人、ケニー・バレルそっくりに弾く人、グラント・グリーンそっくりに弾く人、ジョンスコそっくりに弾く人……数えればきりがありません。 ま…

ラジオ体操がずっと嫌いだったがその理由はあのクソみたいなピアノだとやっと気づいた

小学生の頃からラジオ体操が大嫌いでした。 理由をちゃんと考えたことは今までなかったのですが、とにかく虫酸が走るほどずっと大嫌いで、今でもそれは変わりません。 40になっても小学生の頃と同じテンションで嫌いなので本当に嫌いなのでしょう。 最近に…

インシュレーターを置いたらスピーカーの音がめっちゃ良くなった

実は僕、インシュレーターというものを使ったことが今までありませんでした。 ケーブルとか電源はわりと凝ってきたんですが、なぜかインシュレーターだけは『そんなもん使っても変わらんだろ』と思い込んでいました。 そんな中、ちょっと今のオーディオシス…

Fender USAを買ったことでギターの細かな調整ができるようになった

最近生徒さんからギターの鑑定というか、今自分のギターがどういう状態なのか、音はいいのか悪いのか、直すところはあるのかなど教えてくださいという依頼が増えてきました。 で、弾いてみてあーだこーだと説明し、その場でいじれるところはいじるのですが、…

ギターの改造、パーツ交換、リペアをしたら即結論を出さず、とりあえず1週間は弾いてみよう

僕もここ数年よくギターの改造やパーツ交換、リペアをするようになったのですが、そうしたことをして即結論を出すのはよくないです。 なぜなら、新しいパーツやリペアがギターに馴染むまで少し時間がかかるからです。 その間によくなることもあれば悪くなる…

Seventy Seven Guitars ALBATROSS-DXを弾いてみた

先日、Seventy Seven GuitarsのALBATROSS-DX(アルバトロス)を弾いてみました。 こちらのギターです。 ALBATROSS-DX | 株式会社ディバイザー 一度ボディ全体をくり抜き、その後センターブロックを配置させたギターだそうな。 一応分類上はセミアコになるの…