八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

ジャズという音楽には本質的に”拒絶”の意志が含まれている だからジャズは敬遠される

久々にジャズの文献を読んで改めて感じたことは、ジャズという音楽には最初から”拒絶”の意志が含まれているという点です。 特にビバップ以降、ジャズは”拒絶”の意志と共に発展してきたといえるでしょう。 こんにち、ジャズが「とっつきにくい」「なんか怖い…

海外のジャズの文献をいくつか読んでみたがつまんなかったので二度と読まないと誓った

僕はジャズをはじめてから20年ぐらい、「マイルス・デイビス自叙伝」以外ほとんどジャズの文献を読んだことがありませんでした。 で、最近なぜかそういうのも読んでおくかという気になり、とりあえず日本人のジャズ評論家の文献を読んでみたのですが、 主…

ピッキングに必要な筋肉が少しずつついてきた

ご存じの通り僕は脱力論者ですが、ピッキングをつきつめていくと、どうしてもここだけは筋力が必要だという箇所がいくつか見えてきました。 以前はそこも脱力しようとしていたので他の箇所の動きとうまくかみ合わなかったのですが、筋肉をしっかりと使うとす…

ミュージシャンだけど実はライブの集団陶酔(いわゆる「一体感」)が苦手だ

実は僕、ライブの「一体感」というやつが苦手です。 みんなで合いの手を入れたり、かけ声をかけあったり、同じ動きをしたりするのがどうも気持ち悪くて若干引いてしまいます。 昔からそうでした。 恥ずかしいとか気後れするというわけではなく、無意識的に全…

ギタリスト身体論改訂版を校正中!

ツイッターでもお知らせしましたが、「ギタリスト身体論」改訂版を出すことになり、現在校正中です。 初版が2009年なのでちょうど10年目、増刷は5刷目です。 今回新たに電子化もされます。 校正に伴い6年ぶりぐらいに読み返してみると、行間から余計…

アーティストは20代で色々やって30代でそれらをゆっくり整理していくと色々楽になっていくと思う

僕の体験から言えることですが、アーティスト志望の人は20代で色々やっておき、30代に入ったらそれらをゆっくり整理していって、最終的に身の丈にあった活動におさめておくと色々楽になるのではないかと思います。 僕自身が完全にそのパターンを踏襲して…

ギターのピッキングで一つだけ大事なことを教えろと言われたら迷わず「肩を動かせ」と答える

ギターのピッキングについて「一番大事なことは何ですか?」と訊かれたら、僕は迷わず「肩を動かすこと」と答えます。 といってももう10年以上前からずっとそう言ってますが。 肩の重要性については「ギタリスト身体論」にも書きましたが、それを読んで自…

ギターでフレーズや曲が弾けないときは、まず原因がピッキングかフィンガリングかを探ろう

ある曲やその中のフレーズがどうしても弾けないというとき、まず原因がピッキングにあるのかフィンガリングにあるのかを探りましょう。 おそらくほとんどの人は、原因が分からないまま一生懸命練習を続け、練習したらきっと弾けるようになると思っているはず…

歌が心に響いてこないってなんでわかるの?どうやったらわかるの?

以前、歌が響いてこないことについて書きました。 k-yahata.hatenablog.com では、それが何故わかるのか? どうやったら分かるようになるのか、誰にでも分かるものなのかを解説します。 まず、こうしたことは音楽的素養にかかわらず誰でもわかります。 例え…

上達のためにオフは大事だが、オフを取らない方が上達するときもある

僕は以前からオフの重要性を説いてきました。 k-yahata.hatenablog.com と同時に、時々オフを取ることで調子が狂う日があることも気にしていました。 めったにないのですが、年に数回はそういう日があります。 実はここ2週間ほどそれを実感しています。 今…

響いてこない歌を歌う人に「この歌ってどういう歌ですか?」と質問すると、だいたい答えが返ってこない

教室に時折歌手の人が来られます。 歌を歌ってもらうと、大抵こちらに届かない、響かないので、そう感じると僕は必ず「この歌ってどういう歌ですか?」と質問します。 するとほぼ100%「え?……」と固まってしまい、答えが返ってきません。 中には「…じつ…

ジャズとⅡーⅤについて 「ⅡーⅤを弾ききる」は実はフュージョン的発想

ジャズというとⅡーⅤと言われますが、ビバップをよくよく聞き込むと、実はそうでもないことがわかります。 ⅡーⅤなのにシンプルなメロディを弾いていたり、教科書みたいにⅡーⅤーⅠときっちり弾ききっていなかったり、あるいは完全に無視していたり……。 そして、聴い…

上手く弾けないときはシンプルに聴くことが足りないだけだったりする

弾きたい曲が上手く弾けないとき、あれこれとアプローチを変えてみたり、誰かに習いにいったりする人が多いと思います。 もちろんそれで解決するケースも多々ありますが、仮に何をやっても先に進まない場合、シンプルに聴くことが足りていないだけかもしれま…

正しく練習すればピッキングのスピードはいきなり上がる

速弾きをやっている人で、ピッキングのスピードは段階的にしか上がっていかないと思っている人は多いと思います。 しかし実はそうでもありません。 フォームや練習方法、タイムのとらえ方などを正していくと、いきなりボンっと スピードが上がるということが…

ピッキング研究で改めてわかったこと

4年ほどピッキングを研究してきて、改めてわかったことは、フォームはパッケージで捉えないといけないということです。 パッケージで捉えるとは、親指や手首などパーツパーツで捉えるのではなく、腕全体のつながりで ピッキングをつくるということです。 例…

ピッキングの微調整が終わった

2015年からはじめたピッキング研究が2018年中頃に完成し、その後ずっと微調整してきましたが、ようやくそれも終わり、新しいピッキングが完成しました。 ずっと最後の2%ぐらいを模索していたのですが、それも理論化できたので、これで100%です…

ジャズミュージシャン没年表

没年月日/名前/没年齢 1942年 3月2日 チャーリー・クリスチャン Charlie Christian(25歳) 1955年 3月12日 チャーリー・パーカー Charlie Parker(34歳) 1956年 6月26日 クリフォード・ブラウン Clifford Brown(25歳) 11月5日 アート・テイタム Art Ta…

ジャズミュージシャン没年齢表

25歳 チャーリー・クリスチャン Charlie Christian(1942年 3月2日) クリフォード・ブラウン Clifford Brown(1956年 6月26日) スコット・ラファロ Scott LaFaro(1961年 7月6日) 27歳 ダグ・ワトキンス Doug Watkins(1962年 2月5日) 31歳 ソニー・クラ…

ジャズミュージシャン生誕年表(元号対応)

明治 1894年(明治27年) 4月15日 ベッシー・スミス(Bessie Smith) 1899年(明治32年) 4月29日 デューク・エリントン(Duke Ellington) 1901年(明治34年) 8月4日 ルイ・アームストロング(Louis Armstrong) 1904年(明治37年) 8月21日 カウント・ベ…

はじめてのジャズ44 ジャズに関する資料は、年表とアメリカ人の書いた伝記だけで十分

僕は17歳ぐらいからジャズに興味を持ち、これまで20年以上いろんなところで、いろんな方法で学んできました。 その結果言えることは、ジャズに関する資料は、年表とアメリカ人の書いた伝記(自伝)だけあれば十分です。 それ以外は読まなくてもいいし、…

追い詰められて開花した能力は自分のためにならない

僕の世代は、「人は追い詰められれば能力が開く、だからだからぎりぎりまで追い詰めることが愛情」という考えが一般的でした。 もちろん、全ての指導者がそうだったわけではありませんが、上記のことは普通の指導風景としてまかり通っていました。 こういっ…

ジャズが好きになれる人の特徴 

ジャズを教えたりジャズについて書いたりしていると、「ジャズに興味はあるけど、好きになれるかどうか分からない」という話をよく聞くようになります。 これまでは、初心者でも分かりやすい名盤を教えたり、最初は分からなくていいからBGMに流して雰囲気だ…

小川隆夫「ジャズメン死亡診断書」を読んで、日本人の書いたジャズ本は二度と読まないと誓った

小川隆夫氏の「ジャズメン死亡診断書」という本を買ってみました。 僕は基本的にジャズの文献は読まないのですが、ジャズマニアの医師が書いた死亡診断書というところに惹かれてついポチってしまいました。 医師として書いているものだから、きっと客観的な…

日本人と「ジャスト」 日本独特の「まずちゃんとジャストで」論は権威にすがって安心しようとする日本人の習性から来ている

日本では自己主張をしようとすると「まずちゃんとやってから」と強制的にブレーキをかけられることが多々あります。 確かに、まずちゃんとできることは大事です。 ただしその「ちゃんと」も度が過ぎると個性を潰してしまったり、やる気を削いでしまうことが…

コードの切り替えが苦手だからといって最後の拍を捨てて早めに動くのはNG

初心者の方の多くはコードの切り替え(左手)に苦戦すると思います。 そうした人を対象に、切り替えが苦手なら最後の拍を捨てて早めに動くといいよというアドヴァイスがネットにあるそうです。 例えばC4拍、G4拍という流れで、Cを3拍まで弾き、4拍目で次…

結局、自分の仕事をきちんとやることが一番のプロモーションになる

これまでプロモーションについて色々考え、試してきましたが、結局自分の仕事をきちんとやることが一番のプロモーションになるということが分かってきました。 例えばキャンペーンなどをやると短期的に話題になることもありますが、キャンペーンが終わればま…

僕が極力ネットに依存しない理由 人気Youtuberラファエル氏のアカウントBAN騒動を見て

昨日、人気Youtuberのラファエルさんのアカウントが突然BANされたそうです。 理由はガイドラインに抵触している云々。 たぶん全部の動画がそうではなかったと思うのですが、動画は全て削除されたそうな。 怖いですねえ…… こういうことが予測されるから、ある…

コーネル・デュプリーのリーダー作「Doin' airight」を聴いて色々と考えさせられた

名サイドマンとして名高いコーネル・デュプリー(Cornell Dupree)というギタリストがいます。 コーネル・デュプリー - Wikipedia 一般的な知名度はあんまり高くなく、実は僕も数年前まで知りませんでした(音は聴いたことあるはずですが)。 ギタリスト同士…

突然ピッキングがスランプに陥り、一日で直したら新しい感覚が芽生えた

先日、突然ピッキングがスランプに陥りました。 いつもの動きができない、いつも弾いてるフレーズが弾けない、腕が重い、以前解決した問題がぶりかえす…… パニックになり、今までに研究し、答えを出してきた理論や法則を総動員し、どうにか一日で直しました…

NGT48 山口真帆(まほほん)はグループ内抗争に負けたがアイドルとしての闘争に勝利しつつある

NGT48の山口真帆さん(以下まほほん)が過激なファンから暴行に遭い、犯人は不起訴となり、運営にもきちんと対応してもらえなかった件で世間から同情をかっています。 彼女はグループ内抗争(対運営も含む)に負けたという見方が強いですが、視野を広げて…